入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 法学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 法学部 》

法学科(昼間コース)
法学科(夜間主コース)

教育内容・特色

 現実社会で生起する諸問題に対して柔軟かつ適切な判断を行うため,法学および政治学を学ぶことを通して,以下の能力の発展・向上を目指します。

  1. それぞれの法分野について基礎的な知識と理論を修得し,論理的かつ合理的に問題を解決できる法的思考能力(リーガル・マインド)
  2. 政治や社会について多角的な視点から理解し,現代社会に生起する諸問題を自ら発見し解決しようとする意欲と能力
  3. 国際社会に関する理解をもち,グローバル化・情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力
求める人材

 高校までの学習を通じて形成された学力を重視しつつ,以下のような資質をもった学生を求めます。

  1. 社会に対する広範な関心を持ち,幅広い視点から柔軟にものごとを考えようとする人
  2. 自ら課題を発見し,ねばり強く考え,自ら判断していこうとする人
  3. 世界の動きに関心があり,グローバルな視点をもって活躍したいという意欲のある人

 また,将来の職業との関係では,裁判官,検察官,弁護士などの法律専門職や公務員,民間企業などで活躍することを志望する学生を歓迎します。

 入学後の学修のため,国語・外国語の2教科を中心に読解力,思考力,表現力を養い,まんべんなく基礎学力を積み上げ,着実に学習する態度を身につけていることが望まれます。

選抜の基本方針

 法学部での学習にあたっては,世界への関心を持つと同時に,自分の考え方とは異なる考え方を含めて様々な考え方について,思いつきや感覚的な判断に終始するのではなく,理論的に検討しつつ再構成してゆく作業を着実に進めることが求められます。こうした資質があるかどうかは,高校までの学習を着実に積み上げてきた結果としての学力を基本にして判断されます。

法学科(昼間コース)

教育内容・特色

 現実社会で生起する諸問題に対して柔軟かつ適切な判断を行うため,法学および政治学を学ぶことを通して,以下の能力の発展・向上を目指します。

  1. それぞれの法分野について基礎的な知識と理論を修得し,論理的かつ合理的に問題を解決できる法的思考能力(リーガル・マインド)
  2. 政治や社会について多角的な視点から理解し,現代社会に生起する諸問題を自ら発見し解決しようとする意欲と能力
  3. 国際社会に関する理解をもち,グローバル化・情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力
求める人材

 高校までの学習を通じて形成された学力を重視しつつ,以下のような資質をもった学生を求めます。

  1. 社会に対する広範な関心を持ち,幅広い視点から柔軟にものごとを考えようとする人
  2. 自ら課題を発見し,ねばり強く考え,自ら判断していこうとする人
  3. 世界の動きに関心があり,グローバルな視点をもって活躍したいという意欲のある人

 また,将来の職業との関係では,裁判官,検察官,弁護士などの法律専門職や公務員,民間企業などで活躍することを志望する学生を歓迎します。

 入学後の学修のため,国語・外国語の2教科を中心に読解力,思考力,表現力を養い,まんべんなく基礎学力を積み上げ,着実に学習する態度を身につけていることが望まれます。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5~6教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。2教科の個別学力試験では,国語・外国語を課し,法学・政治学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5~6教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文を課し,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。

・アドミッション・オフィス入試(AO入試)

 外国語の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。書類審査では,調査書,自己推薦書を通して,自己表現力や学習意欲を総合的に評価します。また面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など法学・政治学を学ぶ上での適性を総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力及び基礎学力を評価します。小論文では,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。また面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力や意欲など法学・政治学を学ぶ上での適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

法学科(夜間主コース)

教育内容・特色

 現実社会で生起する諸問題に対して柔軟かつ適切な判断を行うため,法学および政治学を学ぶことを通して,以下の能力の発展・向上を目指します。

  1. それぞれの法分野について基礎的な知識と理論を修得し,論理的かつ合理的に問題を解決できる法的思考能力(リーガル・マインド)
  2. 政治や社会について多角的な視点から理解し,現代社会に生起する諸問題を自ら発見し解決しようとする意欲と能力
  3. 国際社会に関する理解をもち,グローバル化・情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力
求める人材

 高校までの学習を通じて形成された学力を重視しつつ,以下のような資質をもった学生を求めます。

  1. 社会に対する広範な関心を持ち,幅広い視点から柔軟にものごとを考えようとする人
  2. 自ら課題を発見し,ねばり強く考え,自ら判断していこうとする人
  3. 世界の動きに関心があり,グローバルな視点をもって活躍したいという意欲のある人

 また,将来の職業との関係では,裁判官,検察官,弁護士などの法律専門職や公務員,民間企業などで活躍することを志望する学生を歓迎します。

 入学後の学修のため,国語・外国語の2教科を中心に読解力,思考力,表現力を養い,まんべんなく基礎学力を積み上げ,着実に学習する態度を身につけていることが望まれます。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 3~4教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。2教科の個別学力試験では,国語・外国語を課し,法学・政治学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 3~4教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文を課し,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。

・社会人入試

 書類審査・小論文・面接を課します。書類審査では,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲を評価します。小論文では,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。また面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力や意欲など法学・政治学を学ぶ上での適性を総合的に評価します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197