入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 経済学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 経済学部 》

経済学科(昼間コース)
経済学科(夜間主コース)

教育内容・特色

 経済学・経営学・会計学の専門知識と分析力を身に付けるための講義科目に加え,アクティブ・ラーニング(AL;学生自ら積極的に参加する授業形態)を主体とする演習等の少人数・双方向型科目群が用意されています。
 経済学部には昼間コースと夜間主コースがあり,それぞれのコースに特色を持ったカリキュラムが用意されています。

求める人材

 経済学部は,以下のような学生がそれぞれの個性を生かしながら学び,将来の進路・目標を考えてゆくことを期待します。

  1. 経済問題・社会問題に関心がある人
  2. 論理的に考えること,もしくは数学を用いた分析が好きな人
  3. 発言や行動が積極的で,民間企業,官公庁,NGOやNPO等の組織の中でリーダー的な役割を果たしたいと望む人
  4. 英語をはじめとした外国語を駆使して,国際的な舞台で活躍したいと希望する人
  5. 弱者にたいする思いやりと社会における公正を大切にして,人々のために働く情熱を持った人

 なお,入学後の学修のため,入試方法に関わりなく,英語・数学・国語の各教科科目に関しては,高等学校卒業レベルの基礎学力を有していることが求められます。

選抜の基本方針

 昼間と夜間主の各コースのアドミッションポリシーを参照ください。

経済学科(昼間コース)

教育内容・特色

 経済学・経営学・会計学の専門知識と分析力を身に付けるための講義科目に加え,アクティブ・ラーニング(AL;学生自ら積極的に参加する授業形態)を主体とする演習・卒業研究等の少人数・双方向型科目群が用意されています。
 専門教育は,経済・経営・会計の学問領域を5つに分け,これにAL主体の科目群を加えた計6つの大科目群(モジュール)によって編成され,各モジュールはまとまりのある数科目から成る小科目群(ユニット)3~5個から構成されています。学生は,自分が将来就きたい仕事を早くから意識して,細やかな履修指導を受けつつ,モジュールやユニットを適切に選択し履修することによって,自らの関心や進路に合致した専門的知識・能力を身に付け,それをさらに高め拡げていくことができます。
 大科目群として,経済分析モジュール,政策モジュール,国際比較モジュール,組織経営モジュール,会計学モジュール,そしてAL主体で課題発見・解決能力やコミュニケーション能力,実践的英語能力を高める社会人基礎モジュールがあります。

求める人材

 経済学部は,以下のような学生がそれぞれの個性を生かしながら学び,将来の進路・目標を考えてゆくことを期待します。

  1. 経済問題・社会問題に関心がある人
  2. 論理的に考えること,もしくは数学を用いた分析が好きな人
  3. 発言や行動が積極的で,民間企業,官公庁,NGOやNPO等の組織の中でリーダー的な役割を果たしたいと望む人
  4. 英語をはじめとした外国語を駆使して,国際的な舞台で活躍したいと希望する人
  5. 弱者にたいする思いやりと社会における公正を大切にして,人々のために働く情熱を持った人

 なお,入学後の学修のため,入試方法に関わりなく,英語・数学・国語の各教科科目に関しては,高等学校卒業レベルの基礎学力を有していることが求められます。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5~6教科7~8科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。個別学力試験では,国語・数学・英語の中から2科目を課し,経済学部における学修の基盤となる科目の理解度と応用力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5~6教科7~8科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文により,経済学部における学修に重要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。

推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)募集方法A

 4教科4科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。さらに調査書・推薦書・志望理由書および面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・表現能力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)募集方法B

5~6教科7~8科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。さらに調査書・推薦書・志望理由書および面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・表現能力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

・帰国子女入試

小論文により,経済学部における学修に必要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。さらに書類審査と面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

日本留学試験とTOEFLまたはTOEICの成績提出を課し,入学後の学修に必要な基礎学力と日本語能力・英語能力を評価します。また小論文により,経済学部における学修に必要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。さらに書類審査と面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

書類審査により,成績評価証明書・自己推薦書・評価書を通して,経済学部における学修に必要な基礎学力と自己表現力・意欲を評価します。

経済学科(夜間主コース)

教育内容・特色

 経済学・経営学・会計学の専門知識と分析力を身に付けるための講義科目に加え,アクティブ・ラーニング(AL;学生自ら積極的に参加する授業形態)を主体とする演習等の少人数・双方向型科目群が用意されています。
 初年次と2年次において,経済・経営基盤科目群(講義型)で経済・経営・会計の基礎知識を網羅的に学修します。2年次以降では,少人数・双方向型のALを中心とした経済・経営実践科目群(演習型)を通して,専門性を高めていきます。
 入学してくる学生の学修目的に合わせた履修コース制がとられており,総合学修コースでは幅広い教養と共に経済経営分野の専門知識の獲得を目指し,実践力強化コースでは高い専門性を伴った職業人としての実践力強化を目指します。
 さらに意欲を持った学生が専門的知識や分析力を磨くための制度として,「テーマ学修」ならびに「昼間コース演習履修」が設けられています。

求める人材

経済学部は,以下のような学生がそれぞれの個性を生かしながら学び,将来の進路・目標を考えてゆくことを期待します。

  1. 経済問題・社会問題に関心がある人
  2. 論理的に考えること,もしくは数学を用いた分析が好きな人
  3. 発言や行動が積極的で,民間企業,官公庁,NGOやNPO等の組織の中でリーダー的な役割を果たしたいと望む人
  4. 英語をはじめとした外国語を駆使して,国際的な舞台で活躍したいと希望する人
  5. 弱者にたいする思いやりと社会における公正を大切にして,人々のために働く情熱を持った人

 とくに夜間主コースでは,経済的な事情などで昼間働きながら勉強を続けたいという意欲のある人,あるいは既に社会で一定の役割を果たしていながら,なお自己の可能性を追求し能力を向上させたいと考える人を歓迎します。

 なお,入学後の学修のため,入試方法に関わりなく,英語・数学・国語の各教科科目に関しては,高等学校卒業レベルの基礎学力を有していることが求められます。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 4教科4科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。個別学力試験では,英語を課し,経済学部における学修に必要な読解力と思考力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 4教科4科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文により,経済学部における学修に重要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター試験を課さないもの)募集方法A・B

 小論文により,経済学部における学修に必要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。さらに調査書・推薦書・志望理由書および面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

・社会人入試

 小論文により,経済学部における学修に必要な知識・思考力・読解力・文章表現力を評価します。さらに志望理由書等の書類審査および面接により,経済・社会問題にたいする知識・関心と思考力・コミュニケーション能力・勉学意欲・適性を総合的に評価します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197