入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 医学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 医学部 》

医学科
保健学科

教育内容・特色

 医学部は,高度な教養,専門性,情報力,行動力および自己実現力を身につけて,未来の医療を担い医学をリードする医療人と医学・保健学研究者を育成します。医学は,人類の健康と福祉に貢献することを使命とします。従って,その育成には,医学に関する知識と技術の修得とともに豊かな人間性の教育が強く求められます。わたしたちは「あなたのそばに先進医療」を原点理念とし,その実現に向けて特色ある教育を行っています(詳細は各学科の「教育内容・特色」を参照ください)。

求める人材

 医学部では,未来の医療と医学を支える医療人および医学・保健学研究者にふさわしい人として,各学科・専攻で実施される専門教育の学修に必要な基礎学力と語学力,コミュニケーション能力を有し,医療人および医学・保健学研究者としての知的探究心と高い志を持ち,入学時点に相応した倫理観と豊かな人間性を備えた人を求めています。入学後の学修のため,高等学校において修得していることが望まれる教科は,国語,外国語,地理歴史,公民,数学,理科です(詳細は各学科の「求める人材」を参照ください)。

選抜の基本方針

 各学科のアドミッションポリシーを参照ください。

医学科

教育内容・特色

 医師・医学研究者の育成には,科学知識と技術の修得とともに豊かな人間性の教育が強く求められます。医学科の使命は,「医の倫理に徹し,科学的思考法と高度の医学的知識を体得し,社会的信頼を得るに足る臨床医並びに医学研究者を養成し,もって人類の健康と福祉に貢献する」ことです。特色ある6年間の医学教育を経て,医学・医療の進歩,社会のニーズに対応して絶えず医療の質の向上に努め,生涯にわたり社会へ貢献できる,世界に通用する医療人を育成します。

求める人材

 医学科では,将来の医学・医療の担い手として次のような人材を求めています。

  1. 医師に必要な使命感,豊かな人間性,高い倫理観,コミュニケーション能力を持っている人
  2. 医学・医療の進歩に対応するために必要な,幅広い基礎的学力と語学力,問題解決能力を持っている人
  3. 知的探究心が強く,とくに生命科学に対して深い関心を持っている人

 高等学校において,論理的思考力を身につけ,筋道の立った文章を書き,自然科学の基礎知識と思考方法を習得しておくことが必要です。入学後の学修のため,高等学校において修得していることが望まれる教科は,国語,外国語,地理歴史,公民,数学,理科です。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では数学・理科2科目・英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。また面接により,将来の医学・医療の担い手としての適性を重視します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)

 地域枠コースとして募集,選抜を行います。調査書・志願所信書等の書類審査と面接試験で,志望する各県の出願要件をみたし,各県が貸与する奨学金を受給し,かつ当該県内での医療に従事する強い意思を確認し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に判断します。入学後の学修のため,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,基準点(概ね780点)以上の者から選抜します。

・私費外国人留学生特別入試

 本学の定めた出願資格を満たしている者に対して,書類審査,日本留学試験(日本語,数学コース2,生物および他1科目理科)を課し,日本の高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では数学・理科2科目・英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 国際バカロレア資格(IB最終成績評価39/45点以上)を有し,日本語(言語Aで成績評価4以上),理科2科目および数学(所定の成績評価以上)を修得した者に対して,書類審査を行い,日本の高等学校卒業レベルの基礎学力および医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。

・その他(編入学試験(学士入試))

 本学の定めた出願資格を満たしている学士に対して,書類(TOEFL-iBT成績証明含む)審査を行い,課題作文で論理的思考能力と生命科学に対する理解度を評価します。学力試験では生物学,科学英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。

保健学科

教育内容・特色

 医学部保健学科には,看護学,放射線技術科学,検査技術科学の3つの専攻がありますが,3専攻に共通して,ヘルスケアの専門家になるべく,医学を包含する保健学について,段階的・体系的・包括的に学びます。そのことを通して,次のような能力の発展・向上を目指します。

  ・人間性に富む医療のための豊かな教養を身につける能力
  ・様々な健康状態にある人々の健康推進のための専門性を習得する能力
  ・健康ニーズに応え,発信する能力
  ・医療・保健に関するリーダーとして行動できる能力
  ・健康的な生活を自己実現する能力
 医学部保健学科の教育内容には次の特色があります。

 4年間かけて,医療従事者として最も重要な「チーム医療」の理念と実際を体得するための演習や,保健学に関する専門教育科目を多く履修し,各専攻の専門領域の基礎知識を学びます。さらに,本格的に附属病院等で臨地実習を受け,実習と平行して,指導教員毎に研究室に配属され,ゼミナール形式で,研究の基礎を学ぶとともに,教員の指導の下に卒業論文を完成させます。
 最終的には,それぞれの専攻が目指す国家資格(看護師,保健師,診療放射線技師,臨床検査技師等)の国家試験が行われ,基本的には全員が目指す職種の試験を受験することになります。

求める人材
  1. 高い倫理観と豊かな人間性や感性をもつ人
  2. 好奇心にとみ,自由な発想と知的探究心の強い人
  3. 自らの課題に主体的に取り組み幅広く学ぶ意欲のある人
  4. 他者への共感と洞察力を備え,細やかな心遣いのできる人

 入学後の学修に向けて高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力,論理的な思考力と分析力を養ってください。特に,生命や複雑な自然現象を理解するために,総合的な国語力,理科(物理,化学,生物)に関する基礎的な力を身につけてください。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。大学入試センター試験では5教科7科目,個別学力試験では数学・理科2科目(看護学専攻では理科1科目)及び英語を課し,医療・保健に関する健康科学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。大学入試センター試験では5教科7科目,個別学力試験では小論文と面接を課し,医療・保健に関する健康科学を学ぶ上で重要な,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。

・専門高校・総合学科卒業生入試

 専門高等学校・総合学科卒業レベルの基礎学力を評価します。大学入試センター試験では3~4教科4科目,個別学力試験では小論文と面接を課し,医療・保健に関する健康科学を学ぶ上で重要な,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。また面接では,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力を総合的に評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター入試を課さないもの)

 書類審査(調査書・推薦書・志望理由書等)・小論文・面接を課します。書類審査では専門領域についての関心と学習意欲を評価します。小論文では理系・文系に偏らない総合的な基礎学力を重視し,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。面接では,大学で学ぶ目的意識と意欲,自己表現力やコミュニケーション能力,理解度など,医療・保健に関する専門性を習得する上での適性を評価します。

・帰国子女入試

 書類審査(調査書・志望理由書等)・学力検査・小論文・面接を課します。書類審査では専門領域についての関心と学習意欲を評価します。学力検査では数学・理科2科目(看護学専攻では理科1科目)を課し,医療・保健に関する健康科学を学ぶ上で基盤となる科目への基礎的学力を評価します。小論文では総合的な基礎知識,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。面接では大学で学ぶ目的意識と意欲,自己表現力やコミュニケーション能力など,医療・保健に関する専門性を習得する上での適性を総合的に評価します。

・社会人入試

 書類審査(調査書・志望理由書等)・小論文・面接を課します。書類審査では専門領域についての関心と学習意欲を評価します。小論文では理系・文系に偏らない総合的な基礎学力を重視し,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。面接では,大学で学ぶ目的意識と意欲,自己表現力やコミュニケーション能力,理解度など,医療・保健に関する専門性を習得する上での適性を評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本語留学試験を課し,基礎的な日本語能力を評価します。学力検査では数学・理科2科目(看護学専攻では理科1科目)で日本人受験生と同一の試験を課し,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。日本語による小論文では総合的な基礎知識,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。面接では大学で学ぶ目的意識と意欲,自己表現力やコミュニケーション能力など多面的な質問を行い,医療・保健の専門性を習得する上での適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。また面接では,医療・保健に関する専門性を習得する上での適性を評価します。

・その他(第3年次編入学試験)

 書類審査(調査書・志望理由書等)・英語・小論文・面接を課します。書類審査では専門領域についての関心と学習意欲を評価します。筆記試験では英文読解力,小論文により総合的な基礎学力,論理的思考力,読解力,記述・表現力を評価します。面接では,大学で学ぶ目的意識と意欲,自己表現力やコミュニケーション能力,専門分野に関する知識や理解度などを評価します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197