入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 薬学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 薬学部 》

薬学科
創薬科学科

教育内容・特色

薬学とは,以下の各要素からなる,複合的な学問分野です。
1)解析: 生命現象,疾病原因の分子基盤を解き明かす。
2)創出: 機能を制御できる物質を創出する。
3)活用: 開発・発見された物質の活用法を最適化し,さらには新たな活用の方策を創案する。

 岡山大学薬学部では,これらの活動を担う人材を育成するために,関連する基礎及び応用の科学並びに技術を修得させ,また自ら新しい知を創生するための,観察力・直観力・分析力・論理力・研究遂行能力・発信力を練磨します。さらに,社会的使命・倫理観を持ってその成果を正しく活用し,国際社会の発展に寄与する人材を育成します。
 このため,薬学部では所属学生に対し,解析・創出・活用に共通の教育基盤を与え,薬学科では特にヒトに対する物質の「活用」を担うための専門的知識を身につけた人材(薬剤師)を,創薬科学科では,解析・創出・活用に係わる研究開発を担う人材を育成します。

求める人材

 薬学とは,化学をはじめ生物学や物理学などの基礎科学からバイオテクノロジーなどの応用科学までも含んだ生命科学であり,人間の生命・生活にとって有益な「薬」を開発,製造,適正使用するための科学技術の基本となる学問領域です。岡山大学薬学部では,入学後の修学に必要な,①高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を有する人,②専門分野に関連する科目への高い理解度と応用能力が期待できる人,を選抜します。入学後の学修のため,高等学校においては,理科(物理・生物のいずれか及び化学),外国語(英語),数学,国語,地理歴史・公民を修得していることを望みます。さらに薬学部では,以下の要素を併せ持つ人を求めます。

  1. 優れた倫理観を有する人
  2. 目的意識と情熱を持っている人
  3. 豊かな人間性を備え,人とのかかわりを積極的に持とうとする人
選抜の基本方針

 各学科のアドミッションポリシーを参照ください。

薬学科

教育内容・特色

 薬学科では,ヒトの治療を目的として物質を活用する,すなわち薬剤師としての業務遂行するための専門的知識技能を教育します。さらに,これらを基にした解析・創出をも含む新たな知の創出を行うために,観察力・直観力・分析力・論理力・研究遂行能力・発信力を練磨し,もって国際社会に貢献する人材を育成します。

求める人材

 入学後の修学に必要な,①高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を有する人,②専門分野に関連する科目への高い理解度と応用能力が期待できる人,を選抜します。入学後の学修のため,高等学校においては,理科(物理・生物のいずれか及び化学),外国語(英語),数学,国語,地理歴史・公民を修得していることを望みます。さらに薬学科では,以下の要素を併せ持つ人を求めます。

  1. 薬剤師にふさわしい優れた倫理観を有し,研究心・探究心を持ち続け,高度な知識と最先端の技術を身につけた薬剤師として活躍したいと考えている人
  2. 大学院(博士課程)進学後,薬学関連分野の研究者及び教育者を目指したいと考えている人
選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5 教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力を評価します。個別学力試験では,数学・理科2 科目・外国語(英語)を課し,薬学科で学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5 教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文を課し,薬学科で学ぶ上での論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。

・アドミッション・オフィス入試(AO入試)

 調査書ならびに自己推薦書を通して,自己表現力や学習意欲を総合的に判断します。また小論文及び面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など,薬学科で学ぶ上での適性を評価します。さらに,5教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力を評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎学力(化学は必須)ならびに日本語能力を評価します。その上で,理科2 科目(物理・生物のいずれか及び化学)・外国語(英語)の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また面接を課し,多面的な質問を行い,薬学科で学ぶ上での学習意欲や適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を総合的に判断し,薬学科で学ぶ上での適性を評価します。

創薬科学科

教育内容・特色

 創薬科学科では,解析・創出・活用の全てにわたり,ヒトを含む生命や,その変化(疾病・病態)との関連を視野に入れた研究開発を遂行するための専門的知識技能を教育します。さらに,これらを基にした新たな知の創生を行うために,観察力・直観力・分析力・論理力・研究遂行能力・発信力を練磨し,もって国際社会に貢献する人材を育成します。

求める人材

 入学後の修学に必要な,①高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を有する人,②専門分野に関連する科目への高い理解度と応用能力が期待できる人,を選抜します。入学後の学修のため,高等学校においては,理科(物理・生物のいずれか及び化学),外国語(英語),数学,国語,地理歴史・公民を修得していることを望みます。さらに創薬科学科では,以下の要素を併せ持つ人を求めます。

  1. 医療に関わる人にふさわしい優れた倫理観を有し,研究心・探求心を持ち続け,創薬関連分野で活躍したい人
  2. 大学院(博士前期・後期課程)に進学し,将来の創薬科学を担う教育者や研究者として国の内外で活躍したい人
選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5 教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的基礎学力を評価します。個別学力試験では,数学・理科2 科目・外国語(英語)を課し,創薬科学科で学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文を課し,創薬科学科で学ぶ上での論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。

・アドミッション・オフィス入試(AO入試)

 調査書ならびに自己推薦書を通して,自己表現力や学習意欲を総合的に判断します。また小論文及び面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など,創薬科学科で学ぶ上での適性を評価します。さらに,5教科 7 科目(化学は必須)の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの総合的な基礎学力を評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎学力(化学は必須)ならびに日本語能力を評価します。その上で,理科2 科目(物理・生物のいずれか及び化学)・外国語(英語)の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また面接を課し,多面的な質問を行い,創薬科学科で学ぶ上での学習意欲や適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を総合的に判断し, 創薬科学科で学ぶ上での適性を評価します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197