入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 工学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《工学部 》

機械システム系学科
電気通信系学科
情報系学科
化学生命系学科

教育内容・特色

 工学部では,人間,社会,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために,基礎研究と応用研究に邁進し,先端的研究を志向し,その成果を基に国内外及び地域に貢献するために,学部・博士前期課程・博士後期課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者,若手研究者の育成を行います。
 特に,①専門分野の基本的知識の修得と活用能力,自主的な学習能力,探求能力 ②幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力 ③倫理観,社会貢献する態度 ④日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力,及び情報活用能力 ⑤豊かな人間性 のある課題探求型人材の育成を目標としています。教養教育科目及び専門教育科目において基礎基本知識,理論展開,実験実習による技術の習得を丹念に行えるカリキュラムの編成を行っています。

求める人材

 工学部では,人間,社会,自然,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために,次のような人が入学することを期待します。

  1. 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
  2. 人間,社会,環境等と科学技術との関連について関心がある人
  3. 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人

 高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力をもつとともに,工学部における学習に関連する科目(数学,理科,英語)に関する理解力と論理的思考による応用力を備えていることが求められます。
 その他の高等学校において修得していることが望まれる科目については,各学科アドミッションポリシーの「求める人材」を参照してください。 

選抜の基本方針

 各学科のアドミッションポリシーを参照ください。

機械システム系学科

教育内容・特色

 機械システム系学科では,工学部の方針に準じ,人間,社会,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために,基礎研究と応用研究に邁進し,先端的研究を志向し,その成果を基に国内外及び地域に貢献するために,学部・博士前期課程・博士後期課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者,若手研究者の育成を行います。
 特に,①専門分野の基本的知識の修得と活用能力,自主的な学習能力,探求能力 ②幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力 ③倫理観,社会貢献する態度 ④日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力,及び情報活用能力 ⑤豊かな人間性 のある課題探求型人材の育成を目標としています。教養教育科目及び専門教育科目において基礎基本知識,理論展開,実験実習による技術の習得を丹念に行えるカリキュラムの編成を行っています。

求める人材

 機械システム系学科では,工学部と同様に,人間,社会,自然,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために,次のような人が入学することを期待します。

  1. 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
  2. 人間,社会,環境等と科学技術との関連について関心がある人
  3. 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人

 工学部共通の上記の項目に加え,機械システム系学科では,ものが創り出される仕組みや方法に興味があり,新たな機械やシステムを開発しようとする意欲を持ち,数学や物理の基礎学力を持った人を期待します。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
 3教科4科目の個別学力試験では,数学,物理,外国語を必須,化学,生物の内1科目を選択とし,機械システム工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,面接(口述試験を含む)を課し,機械システム工学を学ぶ上で特に重要な,論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター試験を課さないもの)

 調査書・推薦書・志望理由書の審査及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など機械システム工学を学ぶ上での適性を重視します。

・帰国子女入試

 書類審査,小論文及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲や機械システム系学科への適性,国際コミュニケーション能力,国際問題への関心を総合的に評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。また数学,理科の学力検査により,機械システム工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。これらにより総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力を評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。数学及び理科の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また小論文及び面接(口述試験を含む)を課し,多面的な質問を行い,学習意欲や機械システム系学科への適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

・その他(第3年次編入学試験)

 一般入試では,書類審査,筆記試験(数学及び物理学)及び面接(口述試験を含む)を課します。筆記試験では,機械システム工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。面接では,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など機械システム工学を学ぶ上での適性を重視します。
 社会人特別入試では,書類審査と面接(専門分野の口述試験を含むことがある)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など機械システム工学を学ぶ上での適性を重視します。
 推薦入試では,書類審査と面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など機械システム工学を学ぶ上での適性を重視します。

電気通信系学科

教育内容・特色

 電気通信系学科では,工学部の方針に準じ,人間,社会,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために,基礎研究と応用研究に邁進し,先端的研究を志向し,その成果を基に国内外及び地域に貢献するために,学部・博士前期課程・博士後期課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者,若手研究者の育成を行います。
 特に,①専門分野の基本的知識の修得と活用能力,自主的な学習能力,探求能力 ②幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力 ③倫理観,社会貢献する態度 ④日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力,及び情報活用能力 ⑤豊かな人間性 のある課題探求型人材の育成を目標としています。教養教育科目及び専門教育科目において基礎基本知識,理論展開,実験実習による技術の習得を丹念に行えるカリキュラムの編成を行っています。

求める人材

 電気通信系学科では,工学部と同様に,人間,社会,自然,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために,次のような人が入学することを期待します。

  1. 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
  2. 人間,社会,環境等と科学技術との関連について関心がある人
  3. 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人

 工学部共通の上記の項目に加え,電気通信系学科では,環境と人間が調和した低炭素社会の構築に不可欠な分野である電気電子工学や通信ネットワーク工学に興味を持ち,数学と物理の基礎的な学力を有し,修得した技術で社会に貢献する意欲を持った人を期待します。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
 3教科4科目の個別学力試験では,数学,物理,外国語を必須,化学,生物の内1科目を選択とし,電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,面接(口述試験を含む)を課し,電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上で特に重要な,論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター試験を課さないもの)

 調査書・推薦書・志望理由書の審査及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上での適性を重視します。

・帰国子女入試

 書類審査,小論文及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲や電気通信系学科への適性,国際コミュニケーション能力,国際問題への関心を総合的に評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。また数学,理科の学力検査により,電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。これらにより総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力を評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。数学及び理科の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また小論文及び面接(口述試験を含む)を課し,多面的な質問を行い,学習意欲や電気通信系学科への適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

・その他(第3年次編入学試験)

 一般入試及び推薦入試では,書類審査と面接(英語,数学及び物理学に関する口述試験を含む)を課します。面接では,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上での適性を重視します。
 社会人特別入試では,書類審査と面接(専門分野の口述試験を含むことがある)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など電気電子工学・通信ネットワーク工学を学ぶ上での適性を重視します。

情報系学科

教育内容・特色

 情報系学科では,工学部の方針に準じ,人間,社会,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために,基礎研究と応用研究に邁進し,先端的研究を志向し,その成果を基に国内外及び地域に貢献するために,学部・博士前期課程・博士後期課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者,若手研究者の育成を行います。
 特に,①専門分野の基本的知識の修得と活用能力,自主的な学習能力,探求能力 ②幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力 ③倫理観,社会貢献する態度 ④日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力,及び情報活用能力 ⑤豊かな人間性 のある課題探求型人材の育成を目標としています。教養教育科目及び専門教育科目において基礎基本知識,理論展開,実験実習による技術の習得を丹念に行えるカリキュラムの編成を行っています。

求める人材

 情報系学科では,工学部と同様に,人間,社会,自然,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために,次のような人が入学することを期待します。

  1. 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
  2. 人間,社会,環境等と科学技術との関連について関心がある人
  3. 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人

 工学部共通の上記の項目に加え,情報系学科では,コンピュータと知能に関する科学・工学に立脚して国際的に活躍することを鑑みて,産業や社会の基盤となる情報システムの構築に関心が高く,数学・英語に関する基礎的な能力と科学的な考え方や知能の本質に興味と好奇心を持つ人を期待します。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
 3教科の個別学力試験では,数学,理科,外国語を課し,情報工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,面接を課し,情報工学を学ぶ上で特に重要な,自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲などを評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター試験を課さないもの)

 調査書・推薦書・志望理由書の審査及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など情報工学を学ぶ上での適性を重視します。

・帰国子女入試

 書類審査,小論文及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲や情報系学科への適性,国際コミュニケーション能力,国際問題への関心を総合的に評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。また数学,理科の学力検査により,情報工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。これらにより総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力を評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。数学及び理科の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また小論文及び面接(口述試験を含む)を課し,多面的な質問を行い,学習意欲や情報系学科への適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

・その他(第3年次編入学試験)

 一般入試及び推薦入試では,書類審査,筆記試験(英語,数学及び情報基礎)及び面接(口述試験を含む)を課します。筆記試験では,情報工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。面接では,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など情報工学を学ぶ上での適性を重視します。
 社会人特別入試では,書類審査と面接(専門分野の口述試験を含むことがある)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など情報工学を学ぶ上での適性を重視します。

化学生命系学科

教育内容・特色

 化学生命系学科では,工学部の方針に準じ,人間,社会,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために,基礎研究と応用研究に邁進し,先端的研究を志向し,その成果を基に国内外及び地域に貢献するために,学部・博士前期課程・博士後期課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者,若手研究者の育成を行います。
 特に,①専門分野の基本的知識の修得と活用能力,自主的な学習能力,探求能力 ②幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力 ③倫理観,社会貢献する態度 ④日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力,及び情報活用能力 ⑤豊かな人間性 のある課題探求型人材の育成を目標としています。教養教育科目及び専門教育科目において基礎基本知識,理論展開,実験実習による技術の習得を丹念に行えるカリキュラムの編成を行っています。

求める人材

 化学生命系学科では,工学部と同様に,人間,社会,自然,環境等の何れにも配慮し,人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために,次のような人が入学することを期待します。

  1. 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
  2. 人間,社会,環境等と科学技術との関連について関心がある人
  3. 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人

 工学部共通の上記の項目に加え,化学生命系学科では,高等学校等において数学や理科を中心とする全ての学問に興味を持って勉強し,それらの基礎をしっかりと理解しており,それらを駆使して論理的な思考ができ,ものごとに対して常に「なぜそうなるのか」を考える姿勢と学習習慣を持つ人を期待します。

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
 3教科の個別学力試験では,数学,理科,外国語を課し,応用化学と生命工学を学ぶための基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,面接(口述試験を含む)を課し,応用化学と生命工学を学ぶ上で重要な,論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。

・推薦入試Ⅰ(大学入試センター試験を課さないもの)

 調査書・推薦書・志望理由書の審査及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など応用化学と生命工学を学ぶ上で必要な適性を重視します。

・帰国子女入試

 書類審査,小論文及び面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲や化学生命系学科への適性,国際コミュニケーション能力,国際問題への関心を総合的に評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。また数学,理科の学力検査により,応用化学と生命工学を学ぶ上で必要な基礎知識,応用力,理解度を評価します。これらにより総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力を評価します。TOEFL又はTOEICの成績の提出を課し,英語能力を評価します。数学及び理科の学力検査により,基礎的知識,応用力,理解度を評価します。また小論文及び面接(口述試験を含む)を課し,多面的な質問を行い,学習意欲や化学生命系学科への適性を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

・その他(第3年次編入学試験)

 一般入試及び推薦入試では,書類審査と面接(英語及び化学に関する口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など応用化学と生命工学を学ぶ上で必要な適性を重視します。
 社会人特別入試では,書類審査と面接(専門分野の口述試験を含むことがある)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など応用化学と生命工学を学ぶ上で必要な適性を重視します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197