入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > 環境理工学部

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《環境理工学部 》

環境数理学科
環境デザイン工学科
環境管理工学科
環境物質工学科

教育内容・特色

 本学部では,地球規模で拡大する環境問題に対処し,持続可能な社会の構築に貢献することのできる人材を育成しています。このために,1,2年次に履修する学部共通の専門基礎科目の中に環境科学系科目を設け,環境学の基礎を学びます。専門科目では,各学科の専門領域の根幹をなす理論と技術に重点を置き,1年次から年次が進むにしたがい専門性を高め,教育の質と幅を広げています。4年次の卒業研究では,ゼミナールを重要視し,新しい発想を生み出し,発展させるための素養を醸成するとともに,得られた成果を効果的に情報発信するための技術を学びます。これらの学習を通して修得した学際的な幅広い知識にもとづいて,自然と人間が調和した豊かで快適な環境を創造する能力の発展・向上を目指します。

求める人材
  1. 人間社会や自然界を取り巻く環境問題に対して強い関心があり,持続可能な社会の構築に貢献したいと考えている人
  2. 環境問題解決のために必要な専門知識や技術を修得し,問題解決に主体的に取り組む意欲をもっている人
  3. 他者と積極的にコミュニケーションを図ることができ,互いに協力しながら的確に行動できる人
  4. 国際水準の英語力を身につけ,グローバルに活躍したいと考えている人
  5. 高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力をもつとともに,環境理工学部における学習に関連する科目(数学,理科,英語)に関する理解力と論理的思考による応用力を備えている人
選抜の基本方針

 各学科のアドミッションポリシーを参照ください。

環境数理学科

教育内容・特色

 自然と人間が調和し,豊かな環境を創っていくためには,環境に関わる様々な現象の解析が不可欠です。そのためには対象そのものに対する理解だけでなく,解析のための理論と技術をしっかり身につける必要があります。環境数理学科では現象解析に必要な数理科学,統計科学,計算科学の基礎を身につけ,幅広い分野に応用する能力を発展・向上させることを目指します。
 専門科目では,代数学,幾何学,解析学,確率論などの数学,統計科学の理論と応用,プログラミング言語などの情報処理の基礎的技術,数値解析やシミュレーションを含むコンピュータの高度の利用技術,データの調査,分析評価の方法などについてバランスよく講義や演習等を配置して教育を行っています。基礎的な教育のあと,4年次には,個別のテーマを設定して卒業研究を行い,総合的な学力の養成を行います。

求める人材
  1. 高等学校卒業レベルの基礎学力と論理的思考力,とりわけ数学・英語に関する基礎学力を備えている人
  2. 数理科学の立場から,あるいはコンピュータを自在に活用して,困難な問題に取り組もうという意欲をもっている人
  3. 環境問題に対する理解・関心があり,根拠に基づいて客観的に議論を行う能力を身につけたいと考えている人

 入学後の学修のため,数学については以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
  【数学I,数学II,数学III,数学A,数学B】

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,数学・理科2科目・英語を課し,数理科学と環境科学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)

 第一次選抜では,小論文を課し,数理科学を学ぶ上で重要となる,数学の基礎学力と論理的思考力を評価します。また,書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)および面接(口述試験を含む)により,数理科学を学ぶ意欲と適性,および数学の理解度を総合的に評価します。最終選抜では,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。

・帰国子女入試

 学力検査では,数学・英語を課し,数理科学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査と面接(口述試験を含む)により,基礎学力,数理科学を学ぶ意欲と適性,および数学の理解度を総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 学力検査では,数学・英語を課し,数理科学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査(日本留学試験の成績等)と面接(口述試験を含む)により,数理科学を学ぶ意欲と適性,および数学の理解度を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査(成績評価証明書,自己推薦書,評価書)により,基礎学力,数理科学を学ぶ意欲と適性を評価します。

環境デザイン工学科

教育内容・特色

 環境デザイン工学科では,「環境共生型都市」や「循環型都市」など,環境に配慮した未来型都市の構築をめざしています。地球温暖化による自然災害に耐え,自然と調和した社会基盤の構築をめざす次世代の建設・防災技術の開発,都市活動の効率化による環境負荷低減をめざす交通・都市計画,モノの循環から生じる廃棄物や有害物質に対する安全性の評価や対策,都市を取り巻く広域的な水循環・大気循環の解明や水資源・水力等の再生可能資源の開発など,環境共生型都市・循環型都市の構築に不可欠なさまざまな分野において,次世代を担う環境スペシャリストを育成します.

そのために次の能力を養う教育を実施します.
 ・環境工学及び土木工学分野の基礎力
 ・問題を発見し、課題を設定する能力
 ・検討・分析し結論を導く能力
 ・コミュニケーション・説明能力
 ・計画性・実行能力
 ・知的好奇心・向上心に基づく継続的学習能力

 さらに4年次には大学で学んだことの総仕上げとしての卒業論文研究を行います.少人数体制で,研究を行うだけでなく,実社会の中で,自分で新たなことに取り組むための基礎的な素養を身につけます.

求める人材

 環境デザイン工学科では,人間の生活する都市基盤やその周辺の自然など,われわれを取り巻くすべてのものを「環境」として捉え,各種の社会基盤と,大地,水,空気,都市および多様な生態系と風土・文化などを対象とし,人類社会が今後持続的な発展を実現できるような「環境基盤」の構築に取り組む人を期待しています.具体的には,次のような人を求めます.

  1. 持続可能な都市を構築するために自然科学と社会科学の両面から環境問題を幅広く,そして,深く理解し,研究しようとする人
  2. 自然と人間の調和を考えた都市基盤づくりと,それを支える土木工学などの建設技術の探求に興味・関心がある人
  3. 環境デザイン工学を学ぶ際に必要となる基礎学力,特に,数学と物理・化学の基礎知識を有し,また,調査・研究の成果を正確に伝えるためのコミュニケーション能力を有する人

 入学後の学修のため,特に数学と理科については,以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
  【数学:数学I,数学II,数学III,数学A,数学B  理科:物理,化学】

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,数学・理科2科目・英語を課し,環境デザイン工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,口述試験を含む面接を課し,大学で学ぶ専門領域についての関心と理解など環境デザイン工学を学ぶ上での適正を重視し,学習意欲,表現能力を評価します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)

 第一次選抜では,小論文を課し,環境デザイン工学を学ぶ上で特に重要な,論理的思考力,読解能力,表現能力を評価します。面接では,書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)および面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など環境デザイン工学を学ぶ上での適性を重視して評価します。最終選抜では,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。

・帰国子女入試

 学力検査では,理科(物理・化学)・数学を課し,環境デザイン工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。また,書類審査と面接(口述試験を含む)により,大学で学ぶ専門領域についての関心,学習意欲や環境デザイン工学を学ぶ上での適性,国際コミュニケーション能力,国際問題への関心を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査(成績評価証明書,自己推薦書,評価書)により,環境デザイン工学を学ぶ上での基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

環境管理工学科

教育内容・特色

 環境管理工学科では,自然科学的視点および社会科学的視点から,自然環境の適切な管理と資源の持続的な利用に関する幅広い教育を行います。この教育の目的は,人間活動と豊かな自然環境の調和した地域空間を創出・管理する理論と技術に関する広範囲な知識や能力をもつ人材の育成です。そのため,本学科では,広い学際領域を包含することのできる教育プログラムを,1年次〜4年次をとおして学ぶことができるようにカリキュラムを設定しています。1・2年次には,教養教育,外国語教育,専門基礎教育を主に行っています。同時に,専門教育についても,基礎的な科目を中心に開講しています。3年次には,応用的な専門教育が中心となり,主な実験・演習もカリキュラムに取り入れられています。4年次は,卒業論文作成のための研究が中心になり,専門知識の修得のみならず,課題探求能力,行動力やデザイン能力も身につけることのできる教育を行っています。

求める人材

 環境管理工学科では,人間活動と豊かな自然環境の調和した地域空間の創出と維持管理を目指して,植物や土壌の諸機能,水や諸物質の循環,土地利用・公共政策・景観管理が理解できる人材育成を行っています。数学・物理・生物・化学など自然科学の基礎学力を有し,かつ人文社会科学系にも通じる幅広い視野と創造性の獲得にチャレンジしたい若者を求めています。

 入学後の学修のため,特に数学と理科については,以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
  【数学:数学I,数学II,数学III,数学A,数学B  理科:物理,化学,生物,地学から2科目】

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,数学・理科2科目・英語を課し,環境管理工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・一般入試(後期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,口述試験を含む面接を課し,環境管理工学を学ぶ上での基礎学力と学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)

 第一次選抜では,小論文を課し,環境管理工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。また,書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)および面接(口述試験を含む)により,環境管理工学を学ぶ上での基礎学力と学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。最終選抜では,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。

・帰国子女入試

 学力検査では,外国語(英語)・理科を課し,環境管理工学を学ぶ上での基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査と面接(口述試験を含む)により,環境管理工学を学ぶ上での基礎学力と学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 学力検査では,外国語(英語)・理科を課し,環境管理工学を学ぶ上での基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査(日本留学試験の成績等)と面接(口述試験を含む)により,環境管理工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査(成績評価証明書,自己推薦書,評価書)により,環境管理工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲を評価します。

環境物質工学科

教育内容・特色

 環境物質工学科では,物質変換やエネルギー変化についての理解を深め,優れた機能を持つ材料の創製や資源・エネルギーの有効利用のための新たな化学プロセスを創出し,住み易い環境造りに貢献できる人材を育成しています。このために,環境科学系専門基礎科目では,環境保全や環境負荷低減など,持続可能な社会を実現するために必要な基礎知識を学びます。また,専門科目では,1,2年次において物質やエネルギーが関わる化学・化学技術についての基礎知識を修得し,3,4年次において問題解決のための科学的な手法や柔軟な思考能力を身につけるための科目を学びます。さらに,1~3年次における実験科目と4年次の卒業研究は,再生可能な資源循環型社会の構築に貢献できる技術者に求められる実践的能力を養成することを目的としています。4年次のゼミナールでは,外国語文献の講読などにより情報収集・分析力を高め,ゼミナールの中で行う成果発表を通して情報の発信力を養成します。これらの学習を通して,化学をベースにグローバルに活躍するための様々な能力の発展・向上を目指します。

求める人材

 環境物質工学科では,化学と化学技術をベースに新たな環境調和型技術を創造するために必要な基礎知識,問題解決のための技術的手法並びに柔軟な思考能力をもった人材を育成します。意欲的に取り組むことのできる次のような人を期待します。

  1. 環境・エネルギー問題を化学的にとらえ,問題解決を図りたい人
  2. 環境保全に役立つ材料や環境負荷の低い化学プロセスの開発に携わりたい人
  3. 物質循環社会づくりに貢献したい人
  4. 高等学校卒業レベルの基礎学力を有し,化学が関与する諸現象に対する理解力と論理的思考力を備えている人

 入学後の学修のために,以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
   【数学:数Ⅰ,数Ⅱ,数Ⅲ,数A,数B  理科:物理,化学】

選抜の基本方針
・一般入試(前期日程)

 5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では,数学・理科2科目(物理,化学)・英語を課し,環境物質工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)

 第一次選抜では,主として記述式の問題(化学)からなる総合問題を課し,環境物質工学を学ぶ上での基礎知識,応用力,理解度を評価します。また,書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)および面接(口述試験を含む)により,環境物質工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。最終選抜では,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。

・帰国子女入試

 学力検査では,数学・理科(化学)を課し,環境物質工学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査(TOEFLまたはTOEICの成績を含む)と面接(口述試験を含む)により,環境物質工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。

・私費外国人留学生特別入試

 学力検査では,数学・理科(化学)を課し,環境物質工学を学ぶ上での基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また,書類審査(日本留学試験の成績等)と面接(口述試験を含む)により,環境物質工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲,課題に対する理解力,論理的思考力を総合的に評価します。

・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)

 書類審査(成績評価証明書,自己推薦書,評価書)により,環境物質工学を学ぶ上での基礎学力と適性,学習意欲を評価します。

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197