入試

ホーム > 入試 > アドミッションポリシー > グローバル・ディスカバリー・プログラム

アドミッションポリシー

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 MP 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

教育内容・特色

 グローバル・ディスカバリー・プログラムでは、世界各地から集まった留学生・帰国生、日本国内の高校出身者など、多様な背景と経験を持つ学生たちの協働と学び合いを基礎としつつ、インターンシップやフィールドワークなど実践的な学びを重視します。学部や学科の枠にとらわれず、将来の目標に適した科目履修を通じて専門知識を修得し、取り組むべき課題や進むべき道筋を自ら発見し、文化や専門分野の異なる他者と協力しながら、課題解決に向けて的確に行動できる能力を涵養します。
 学生各自が組み立てた履修プログラムを通じて、専門的な知識や技能の修得を促し、卒業研究では、教員の指導の下に自ら設定した課題に取り組むことで、収集した情報を多角的・創造的に分析する力と、社会に向けて的確な情報を効果的に発信する力を培います。これらの教育を通じて、地域レベルから地球レベルまでに至る社会のイノベーションのために自ら行動でき、グローバル社会の持続的発展に貢献できる人材を育成します。

求める人材
  1. 多様な文化や社会に目を向け、世界を舞台に活躍する意志を持つ人
  2. 幅広い分野での学修や言語の修得など、主体的な学びに積極的な人
  3. 他者と十分なコミュニケーションを図ることができ、互いに協力しながら課題に取り組む姿勢を持つ人

 入学後の学修のために、以下の3つのちからを身につけていることが望まれます。
 ・多文化を背景とする学生同士が協働して課題解決に取り組むための英語力
 ・自分の意見をまとめ、他者に明確に伝えるために必要なコミュニケーション力
 ・入学後、選択する分野での学修に必要とされる科目の基礎学力

選抜の基本方針
・アドミッション・オフィス入試(AO入試)
 ディスカバリー入試

 書類審査(自己推薦書、調査書等)により、英語力および本プログラムでの必要な基礎学力、学修に対する目的意識と意欲を判断します。講義を受講して作成するレポートおよび記述問題の解答により、英語を含めた基礎学力、課題に対する理解力、論理的思考力を判断します。発表および集団討論により、課題に対する理解力、論理的思考力、コミュニケーション力を判断します。面接により、学習に対する意欲、コミュニケーション力を判断します。以上の要素を総合して選抜します。

 ディスカバリー入試(実績評価型)

 書類審査(自己推薦書、調査書等)および面接により、本プログラムでの学修に対する目的意識と意欲、必要な基礎学力・英語力・コミュニケーション力に加え、活動実績等に基づく課題発見・理解力、リーダーシップや協働する力、論理的思考力、文化の多様性に対する理解力を重視して選抜します。

・国際入試(国内のインターナショナル校を含む)

 書類審査(成績評価証明書、自己推薦書、評価書、語学能力試験のスコア等)と面接(免除することがあります)により、本プログラムにおける勉学に必要な基礎学力に加え、学修目的、学修意欲、課題に対する理解力、論理的思考力、英語によるコミュニケーション力を重視して選抜します。また、日本語を積極的に修得する意欲を重視します。(日本語能力は必要ではありませんが判定に加味します。)

・国際バカロレア入試

 書類審査(成績評価証明書、自己推薦書、評価書)により、本プログラムにおける勉学に必要な基礎学力に加え、学修目的、学修意欲、英語によるコミュニケーション力を重視して選抜します。
(公式教授言語が英語以外であった場合は英語能力試験のスコアにより英語能力を判定します。)

【本件お問い合わせ先】 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
電話 (086)-251-7067,7192~7194,7295
FAX (086)-251-7197