国際交流

ホーム > 国際交流 > 研究科・学部別国際交流 > 歯学部

歯学部

歯学国際交流演習(ODAPUS)

ODAPUSプログラム(Okayama Dental Stay-Abroad Program for Undergraduate Students)とは、広く歯学を理解できる国際人として視野を広げ、異種文化を理解できるよう必要とされる知識、技能、態度を身につけることを学習目標に、3年生が、3ヶ月程度、海外の大学に聴講生として参加できる短期留学制度です。岡山大学に特有の制度で、派遣大学の世話教授等から受講証明書を取得することで単位として認定される選択科目です。平成13年度より実施されています。

岡山大学歯学部-ソウル大学歯学部との国際交流

歯学部とソウル大学歯学部の国際交流は、平成15年に岡山大学歯学部とソウル大学歯学部の間に締結された交流協定です。この交流は、夏休みなどを利用してソウル大学の歯学生受入、次の年は歯学部からソウル大学への派遣を交互に行い、セミナーや対話を通じて歯科医療人としての将来の夢や相互理解を深めるものです。一時中断の期間もありましたが、平成21年度からリニューアルして新たな交流を行う予定です。