国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

経済学部 カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 農学部 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

経済学部 カリキュラム・ポリシー

(1)教育課程の編成:

 経済学部は,本学部のディプロマ・ポリシーに掲げる学士力(人間性に富む幅広い教養,専門性を支える深い教養,経済・経営・会計に関する専門的な分析力と応用力,情報を収集し効果的に活用できる能力,時代と社会をリードする行動力,自己実現に向けて専門的知識を生かし目標を追求する力)を養成するために,教養教育科目と専門教育科目で構成される体系的なカリキュラムを提供します。
 本学部では,入学から卒業まで一貫した少人数教育と主体的学修重視の方針のもと,学生それぞれの関心や目的に応じて的確に科目履修できるようにカリキュラムを編成しています。

(2)教育・学修方法:

 1年次には教養教育科目と専門基礎科目,2年次からは専門教育科目,3年次には専門教育科目に加えて高年次教養科目を履修します。専門教育科目は複数の科目群を構成し,それらを選択して履修することで,目的に応じた専門知識や考え方が修得できます。さらに,基礎研究や卒業研究などの演習科目も1年次から4年次にわたって提供され,講義で修得した知識を演習で実践することによって,より深い理解に繋げることができます。

(3)学習成果の評価の方針:

 講義科目の学習成果は,科目の特徴に合わせて,試験・レポート・授業での課題等により評価します。基礎研究や卒業研究は,課題への取り組み状況や成果の発表状況等により総合的に評価します。キャリア教育科目は,レポート・授業での課題等により評価します。

人間性を育む幅広い教養〔教養1〕

 人間と社会,自然と生命の諸課題に積極的・意欲的に関わっていくことのできる豊かな教養を涵養するために,教養教育科目の卒業要件単位数を適切に定めています。「知的理解」の科目区分に関しては,人文社会・自然科学・生命科学の各科目群から,幅広く履修するように選択必修(クロス履修)を課しています。全学ガイダンスと学部ガイダンス科目「修学の方法」,英語科目を必修とし,他の外国語科目も広く履修できるようにしています。

専門性を支える深い教養〔教養2〕

 経済・経営・会計の専門性を支える基盤を作るため,1年次に専門基礎科目を提供します。経済学部の教育・研究がカバーする領域は広く,1年次は,各専門分野に共通する専門基礎科目群から幅広く履修することによって,経済・経営・会計全般に関する基礎知識を修得し,2年次からの本格的な専門教育に備えます。

経済・経営・会計に関する専門的な分析力と応用力〔専門性〕

(昼間コース)
 2年次以降の専門教育科目は,専門知識を体系的かつ多面的に修得できるように5つの専門科目群とアクティブ・ラーニング主体の実践型科目群,外部講師による社会連携型科目群等の合計8つの科目群(ユニット)から構成され,それらを大科目群(モジュール)に従って履修すると専門に応じた学修目標に到達します。同一モジュール内の科目を履修(系統履修)していくと領域内の専門性を高めることができ,複数のモジュールに跨って履修(横断履修)すると専門知識を体系的に広げることができます。具体的なモジュールとして,経済分析モジュール,政策モジュール,国際比較モジュール,組織経営モジュール,会計学モジュールがあります。1年次から履修する基礎研究や,3・4年次で履修する卒業研究などの少人数教育授業では,修得した専門知識に基づいて,多様な社会課題を発見・分析し,解決するための応用力を身につけます。

(夜間主コース)
 1年次の専門基礎科目によって経済学・経営学・会計学の基礎知識を体系的に学修した後,2年次以降の専門教育科目および3年次の演習科目を通して,専門性を高めていきます。意欲のある学生は1年次から専門教育を受けることができるように「テーマ学修」の制度を設けています。さらに2021年度からは法学部夜間主コースと共同で地域人材育成プログラムを立ち上げ,両学部の一定数の専門教育科目を共通専門科目と位置づけた教育プログラムを編成しています。
 夜間主コースは2コース制をとっており,総合学修コースは経済・経営・会計分野の幅広い知識と専門性の修得を目指し,実践力強化コースは経済・経営・会計分野の専門性と法学分野の専門性の修得によって実践力強化を目指せるように,卒業要件を設定しています。

情報を収集し効果的に活用できる能力〔情報力〕

 情報やデータを用いて経済・経営・会計の分析ができるように,教養教育科目「数理・データサイエンスの基礎」(夜間主コースは「情報処理入門」)を必修とし,関連する発展科目を2年次の専門教育で提供します。3年次からの演習科目や卒業論文では,収集・分析した情報を適切かつ効果的に活用するためのトレーニングを積むことができます。

時代と社会をリードする行動力〔行動力〕

 世界のさまざまな国や地域の経済・経営を取り上げる多くの専門教育科目が,国際感覚の育成に役立ちます。アクティブ・ラーニングをベースとした「実践コミュニケーション論」をはじめ,社会や組織の在り方を考える専門教育によって,コミュニケーションと共生に必要な能力の獲得をめざします。演習等の少人数・双方向型の科目は,実践教育の場を提供します。実践型英語科目としては「各国経済・ビジネス事情in English 1・2」等が専門教育科目として提供されます。海外の大学との間に各種交換留学制度もあり,留学先の修得単位を互換認定することができます。「海外特別演習」では,短期の語学研修や海外派遣のプログラムを複数提供しています。

自己実現に向けて専門的知識を生かし目標を追求する力〔自己実現力〕

 経済学部では,将来にわたって主体的・持続的に学ぶ姿勢を維持し,修得した専門知識を生かして,自己の目標実現に向けて歩み続けることができるように,複数のキャリア教育科目を提供しています。学部ガイダンス科目「修学の方法」では,卒業後の人生設計も考えます。「就業体験実習」(インターンシップ)も,経済学部が企業や官公庁と協力して提供するキャリア教育科目です。また,外部講師による複数の特殊講義科目は,社会で活躍するリーダーの気概と識見に直接触れることができ,仕事を通じた自己実現への意欲を高める機会となっています。

その他

 経済学部では,教員が各学年の学生を数名ずつ担当して勉学や学生生活の状況を把握し,履修や進路等の相談に応じる指導教員制を敷いており,キャリア教育委員会や学生支援委員会がこれをバックアップしています。