国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

教育学部 カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 農学部 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

教育学部 カリキュラム・ポリシー

 岡山大学ディプロマ・ポリシーに掲げる学士力を備えた人材育成のために,以下のカリキュラム・ポリシーに基づきカリキュラムを策定しています。
 なお,成果については,教職実践演習と教職実践インターンシップを核として,シラバス等に明記された到達目標に応じて,試験,レポート,審査,口頭試問,研究発表などを通して評価します。

人間性に富む豊かな教養【教養】

 教養教育課程では知的理解,言語,実践知・感性,汎用的技能と健康に係る科目を設定し,人文・自然・社会にかかわる多様な課題に対して関心をもち,主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を養うことを目的としています。さらに,高年次教養科目では専門性と繋がりを持った教養の涵養に努めています。
 専門教育課程においては,教育者としての自覚を促すこと,人間関係を構築する力の育成,教育システムの理解等を目指す科目を設定しています。

目的につながる専門性【専門性】

 教育に関する諸科学の知識と技能を幅広く身につけ,理論と実践を往還しつつ,反省的・創造的な教育実践を開発する力を習得します。
 専門科目は,教育実践力を身につけるために必要な学部科目・コース科目・専修科目で構成されています。学部科目は,教職教養の科目群すなわち,教育の基礎的理解に関する科目,道徳,総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導,教育相談等に関する科目から成り立っています。課程・コース科目・専修科目では,教育実践に関する諸科学の知識と技能を習得するための科目を,1年次から3年次まで系統的に学びます。
 上記の全科目を貫く核が「教員養成コア・カリキュラム」です。これは,附属学校園での1年次から3年次までの教育実習系科目と,4年次「教職実践演習」及び「教職実践インターンシップ」からなります。

効果的に活用できる情報力【情報力】

 教育実践における情報収集力,情報共有・説明力,最先端技術の活用力としての情報力を育成します。とりわけ,グループで課題に取り組み情報を共有したり成果を発信する力や,情報モラルに基づいたICT機器を用いた教育実践の技能を習得します。
 そのために,教養教育課程の情報処理入門,学部科目では教育方法関連科目,コース科目では各教科の指導法科目,さらに専修科目を経て卒業研究に至る科目群を用意しています。また,「教員養成コア・カリキュラム」では実地に即した観察参加実習に取り組むことを通して,子供と学校を理解するのに必要な情報を収集・分析する能力を育成します。

時代と社会をリードする行動力【行動力】

 グローバルマインドとリサーチマインドを持ち,品位と思いやりを備えた教育者として活躍できる行動力を育成します。そのために教養教育課程では,言語と異文化理解に関する科目を設定しています。
 専門教育課程では,教職論や教育実習系の科目を通して教育者としての態度を培います。また,専門科目では,学生の主体的な学びを通して,各自が専攻する校種や教科等に対応した提案的な教育活動を構想・実践する力を養います。この他,グローバル特別実習など豊かな国際感覚や言語力を養う科目を設定しています。地域教育プログラムでは,岡山県北地域におけるフィールドワークを展開しています。

生涯にわたる自己実現力【自己実現力】

 教職を担う高度職業人への成長を追求する自己実現力を育成します。4年間の学びを通して,教師に求められる強い使命感や高い倫理,豊かなコミュニケーション能力やチームワーク,子供理解,学習指導力という視点から自己を省察し学び続ける基盤を育みます。
 そのために,4年間の教育課程の折々に自己課題の発見と解決を促す「教職実践ポートフォリオ」を準備し,客観的に自己評価する視点と方法を習得します。