国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

薬学部 カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 農学部 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 薬学部薬学科 》 《 薬学部創薬科学科 》

薬学部 カリキュラム・ポリシー

 薬学部では,本学部ディプロマ・ポリシーに掲げる5つの学士力(人間性・倫理観に富む教養,目的につながる専門性,情報を的確に収集・活用できる情報力,時代と社会をリードする行動力,生涯に亘る自己実現力)を備え世界の多様な課題に取り組み,人類社会の持続的・恒久的な発展に貢献できる人材を育成するため,教養教育科目と専門教育科目で構成される体系的なカリキュラムを提供しています。
 1・2年次には,外国語,リベラル・アーツ,スポーツなどの全学規模で開講される教養教育科目に加え,各学科で開講する専門基礎科目やガイダンス科目および専門科目を通じ,専門教育の基本となる知識や技術について学びます。3年次以降,各学科でより専門性の高い専門教育科目を履修するとともに,それまでの専門教育科目で修得した知識を,自ら実践・確認しより深く理解するため,実習科目が設定されています。さらに,卒業研究として各研究分野の最先端の研究テーマに取り組むことにより,それまで学習した理論,技術,知識を実践的問題に応用して,専門知識の修得のみならず課題探求能力,行動力等も身につけさせる教育を行っています。学習成果は,授業の特性に合わせ,試験・レポート・授業での課題等により,実験や実習では,授業での課題の実施状況やレポート等で総合的に評価します。課題研究では,課題への取り組み状況や成果等の発表の状況により評価を行います。また,学期ごとに各学生の学習状況を確認し,必要に応じて個人指導を行っており,一定の単位修得条件を満たした学生が,進級および学位を認定されます。

薬学部薬学科 カリキュラム・ポリシー

(1) 教育課程の編成:

 薬学全般に関わる専門教育科目のカリキュラムを策定しています。また,薬学のみならず,世界の多様な課題に取り組むための社会科学や地球規模の諸問題も理解し,人類社会の持続的・恒久的な発展に貢献できるよう,多彩な教養教育科目と薬学部共通の専門基礎科目を学びます。
 1年次には,教養教育科目,ガイダンス科目,専門基礎科目,および物理化学,分析化学,有機化学,生物化学などの専門科目を学びます。2年次以降では,それらと有機的に関連付けた,衛生系,薬理・薬剤系の応用科目が設定されています。3年次以降は,臨床に関わる専門教育科目と,3年次実験の基礎を修得するための実験科目が設定されています。また,3年次・4年次では,卒業研究を希望する研究室に配属し,課題研究のための準備教育を,5年次・6年次では,配属された研究室での課題研究を中心とした密度の濃い専門教育を提供しています。最先端の科学を自ら実施することで,社会の要請に応える専門知識と実践的技術を獲得できる内容になっています。

(2) 教育・学修方法:

 少人数授業,能動型形態の授業,ゼミナール,実験科目を多数提供しています。講義科目と実験科目の連携により,観察-仮説-実証-報告という薬学に共通する方法論を身につけるための授業が提供されています。また,これらの授業の中には,発表や議論する機会が設けられているものも多数あり,情報処理能力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力,共感力,国際性などが身につきます。

(3) 学修成果の評価:

 講義内容に関する理解度は,筆記試験によって評価します。実験科目と一部の講義では,レポート課題によって理解度,論理的思考力,表現力を評価します。能動型形態の授業においては,主にプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を評価します。3〜5年次進級のための修得単位要件を設定しています。

「人間性・倫理観に富む豊かな教養」を涵養するために,教養教育科目やガイダンス・入門・倫理科目を提供します。
「汎用的な知識と技能に基づく基礎的専門性」を修得するために,物理・化学・生物系の基礎科目と実習関連科目を提供します。
「ヒトの健康と医薬品に関わる知識と技能に基づく応用的専門性」を培うために,基礎科目に関連付けた衛生系,薬理・薬剤系の応用科目と実習関連科目を提供します。
「臨床・研究に関わる専門性と倫理観」を培うために,応用科目に関連付けた臨床系科目と実務実習・卒業研究を提供します。
「情報を的確に収集・活用できる情報力」を獲得するために,合目的に広範な情報を収集し,的確に分析・精選した情報を活用できる演習・実習関連科目を提供します。
「時代と社会をリードする行動力」を身につけるため,日本語でのコミュニケーション能力を培う科目,外国語教養教育科目,実践能力を培う実務実習や卒業研究を提供します。
「生涯に亘る自己実現力」を育成するために,共感的態度やコミュニケーション能力を培う教養教育科目と早期体験科目,及びこれらを礎に他者との関わり方を学ぶ実習関連科目を提供します。

↑ページトップへ

薬学部創薬科学科 カリキュラム・ポリシー

(1) 教育課程の編成:

 薬学全般に関わる専門教育科目のカリキュラムを策定しています。また,薬学のみならず, 世界の多様な課題に取り組むための社会科学や地球規模の諸問題も理解し,人類社会の持続的・恒久的な発展に貢献できるよう,多彩な教養教育科目と薬学部共通の専門基礎科目を学びます。
 1年次には,教養教育科目,ガイダンス科目,専門基礎科目,および物理化学,分析化学,有機化学,生物化学などの専門科目を学びます。2年次以降では,それらと有機的に関連付けた,衛生系,薬理・薬剤系の応用科目が設定されています。3年次には,実験の基礎を修得するための実験科目が設定されています。3年次後半には,4年次で行う卒業研究を希望する研究室に配属し,課題研究のための準備教育を,4年次では,配属された研究室での課題研究を中心とした密度の濃い専門教育を提供しています。最先端の科学を自ら実施することで,社会の要請に応える専門知識と実践的技術が獲得できる内容になっています。

(2) 教育・学修方法:

 少人数授業,能動型形態の授業,ゼミナール,実験科目を多数提供しています。講義科目と実験科目の連携により,観察-仮説-実証-報告という薬学に共通する方法論を身につけるための授業が提供されています。また,これらの授業の中には,発表や議論する機会が設けられているものも多数あり,情報処理能力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力,共感力,国際性などが身につきます。

(3) 学修成果の評価:

 講義内容に関する理解度は筆記試験によって評価します。実験科目と一部の講義においては,レポート課題によって理解度,論理的思考力,表現力を評価します。能動型形態の授業においては,主にプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を評価します。3〜4年次進級のための修得単位要件を設定しています。

「人間性・倫理観に富む豊かな教養」を涵養するために,教養教育科目や倫理教育を含むガイダンス科目を提供します。
「目的につながる専門性」を修得するために,物理化学・分析化学,有機・無機化学,生命科学系の基礎科目を提供するとともに,それらと有機的に関連付けた薬理・薬剤系の応用科目を提供します。
「情報を的確に収集・活用できる情報力」を獲得するために,合目的に広範な情報を収集し,的確に分析・精選した情報を活用できる演習・実習科目を提供します。
「時代と社会をリードする行動力」を身につけるため,研究能力を培う薬学系実習や卒業研究実習を提供します。
「生涯に亘る自己実現力」を育成するために,コミュニケーション能力と共感的態度を培う教養教育科目を提供します。