国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

法学部 ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー,DP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 農学部 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

法学部 ディプロマ・ポリシー

 岡山大学法学部は,学部の教育目標に基づき,所定の期間在学し,かつ,学部の定める授業科目の履修を通じて所定の単位を取得し,以下のディプロマ・ポリシーに掲げる能力および資質等を修得していると確認された者に対して,学士の学位を授与する。

人間性に富む豊かな教養【教養】

 グローバル化が進む現代社会に対する深い理解とともに,国家,行政,企業,学校,家庭その他様々な社会集団,社会活動に起因する諸問題に対して,柔軟かつ適正な判断を行うための論理力,分析力,創造力を身につけ,多角的な視野から柔軟かつ適正な判断ができる。

リーガル・マインドの涵養【専門性】

 法や政治等に関する実践的課題に対応できる法的思考能力(リーガル・マインド)を身につけ,持続可能な社会の実現への貢献を目指して,具体的な問題に解決策を提示することができる。

情報を科学的に分析する能力【情報力】

 グローバル化が進む現代社会の諸問題について,歴史的および国際的な視野から多角的に捉えるとともに,法学および政治学等の知識を活用して科学的に分析,判断し,取り組むべき具体的な課題を明らかにすることができる。

コミュニケーション能力【行動力】

 多様性や包摂性といった共生・共創のための国際感覚とともに,グローバル化および情報化する社会で多様な人々と協働して活躍できるコミュニケーション能力を身につけ,持続可能な社会の実現に向けて,自らの意見を論理的に展開し,的確に行動することができる。

課題を発見し,自ら判断し解決しようとする意欲と能力【自己実現力】

 持続可能な社会の実現に向けて,現代社会に生起する諸事象から法学および政治学に関連する課題を発見し,生涯にわたって自己と他者または社会とのつながりの中で調和を保ちつつ,自ら判断し解決しようとする姿勢と解決のための基礎的な能力を身につけている。