国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

医学部 ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー,DP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 農学部 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 医学部医学科 》 《 医学部保健学科 》

医学部 ディプロマ・ポリシー

 岡山大学医学部は,所定の期間在学し,所属学科の定める授業科目を履修して,所定の単位を取得し,以下の学士力を基本的に修得した学生に学位を授与する。

人間性に富む豊かな教養【教養】

 医療人,医学・保健学研究者として世界の多様な問題に対して関心を持ち,人間性や倫理観に裏打ちされた豊かで国際的な教養を身につけ,病める人や立場・職種の異なった人の話を傾聴,共感できる。

目的につながる専門性【専門性】

 時代に応じた健康・医療に関する専門的学識と時代を担う技術を身につけ,獲得した知識と能力を活かしてグローバルに活躍できる。

効果的に活用できる情報力【情報力】

 自ら健康,医療,医学・保健学に関する情報を収集・分析し,効果的に活用し,グローバル社会に向けて情報発信,情報共有ができる。

時代と社会をリードする行動力【行動力】

 医療人,医学・保健学研究者としてのコミュニケーション能力を有し,グローバルマインドを持って,多職種医療チームの一員として責任を持った行動と状況に応じた柔軟な対応ができる。

生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

 世界に通用する医療人,医学・保健学研究者として,絶えず医療の質の向上に努め,自立して生涯に亘り自己の成長を追求できる。

医学部医学科 ディプロマ・ポリシー

 所定の期間在学し,学科の定める授業科目を履修して所定の単位を取得し,全国共用試験および卒業試験の基準点を満たし,以下の学士力を基本的に修得した学生に学位を授与する。

人間性に富む豊かな教養【教養】

 医療人・医学研究者としての高い倫理観と幅広い国際的な教養,豊かな人間性を身につけ,病める人や立場・職種の異なった人の話を傾聴し共感できる。

目的につながる専門性【専門性】

 医療人・医学研究者として必要な専門的知識と実践的能力を身につけ,獲得した知識と能力を活かしてグローバルに活躍できる。

効果的に活用できる情報力【情報力】

 医学的情報を収集・分析し,的確な判断のもと課題解決にむけて正しく活用できるとともに,グローバル社会に向けて適正かつ効果的に情報発信できる。

時代と社会をリードする行動力【行動力】

 高い協調性のもとに世界に通用する専門職業人としての指導力を発揮し,多職種医療チームの一員として責任をもった行動と状況に応じた柔軟な対応ができる。

生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

 絶えず医療の質の向上に努め,生涯にわたり自己の成長を追求できるとともに、グローバルな社会のニーズに対応した持続可能な医療を実現できる。

医学部保健学科 ディプロマ・ポリシー

 岡山大学医学部保健学科は,高い倫理観と豊かな人間性を備え,人々の健康増進のための高度な専門的知識・技能を取得した医療人を輩出します。また,旺盛な情報力と行動力を身につけ,医療人として医療の質の向上に努め,自己成長の図れる人材育成を目的とします。この目的を達成し,教育課程の定める基準となる単位数を修得した学生に,看護学専攻では学士(看護学),放射線技術科学専攻および検査技術科学専攻では学士(保健学)を授与します。

人間性に富む医療のための豊かな教養【教養】

 世界で起こっている自然や社会の多様な問題に対して関心を持ち,信頼される医療人として課題解決に向けた論理的思考力・判断力・創造力,および,人間性や倫理観に裏打ちされた豊かな教養を身につけている。

あらゆる人々の健康推進のための専門性【専門性】

 あらゆる人々の健康的な生活を実現するための専門的学識を身につけるとともに,健康に関わる技術開発や問題解決に科学の進歩を活用し,持続可能な社会の実現に貢献できる。

健康ニーズに応え,発信する情報力【情報力】

 住民や患者の健康ニーズに応えるために,自然や社会の情報を多角的に収集・分析するとともに,その成果を地域や世界に向かって情報発信できる。

医療・保健に関するリーダーとしての行動力【行動力】

 医療チームの一員として必要なコミュニケーション能力,および,多様性や包摂性のある地域社会や世界に貢献できる国際感覚や言語力を有し,個人として,また,チームとして時代と持続可能な社会をリードする行動ができる。

生涯にわたる健康的な生活を追い続ける自己実現力【自己実現力】

 患者や住民から信頼を寄せられるような豊かな感性と,文化やスポーツを享受する姿勢を持った医療人として,生涯に亘って学びつつ,社会の中で調和を保ち,医療の発展に貢献できる。