学生生活

ホーム > 学生生活 > 公益通報に関する通報・相談窓口

シラバス
システムの利用方法
履修・成績等
授業料・学費支援・保険
在学中の諸手続
大学におけるルール
学生生活
各種窓口案内
教育・研究プロジェクト

岡山大学における公益通報に関する通報・相談窓口

1 設置の目的

 岡山大学(以下本学という。)における不正行為の早期発見と是正を図るため、学内に公益通報・相談窓口(以下「窓口」という。)を設けています。

2 公益通報とは

 事業者(法人その他の団体及び事業を行う個人)について法令違反行為が生じ、又は生じようとしている旨を、その事業所で働く労働者(公務員を含む。)が不正の利益を得る等の不正の目的でなく、次のいずれかに通報することをいいます。(国の行政機関においては国民等からの通報も受け付けることができます。)

  1.  事業者内部(当該労務提供先又は労務提供先があらかじめ定めた者)
  2. 行政機関(当該法令違反行為について処分又は勧告等を行う権限のある行政機関)
  3. その他の事業者外部(その者に対し当該違反行為を通報することがその発生又はこれによる被害の拡大を防止するために必要であると認められる者)

* 注) 本学の場合は、学生(研究生等を含む。)の方も通報者等の対象に含めています。

3 窓口の設置場所

 通報及び相談の窓口は一元化して、「法人監査室(本部棟6F)」に設置しています。なお、学生(研究生等を含む。)の方については、「学生相談室(何でも相談窓口)(一般教育棟A棟2F)」を通じて法人監査室が受付を行います。

4 窓口の利用者

 本学の職員及びその退職者、本学に勤務する派遣労働者、本学の取引業者の労働者、本学の学生(研究生等を含む。)の方からの通報及び相談を受け付けます。

5 受付内容(通報又は相談)

 「本学における組織的又は個人的な法令違反行為の発生又は発生のおそれのあるもの」で、一定の事実を知らせる通報やその行為が、法令違反行為に該当するかを問合せる相談を受け付けます。

6 通報者等の保護等

 通報者等は通報等をしたことで、不利益な取扱いを受けることはありません。万一、不利益が発生した場合には、学長が回復措置を講じます。
 また、通報者が虚偽の通報や、他人を誹謗中傷する通報その他不正の目的の通報を行った場合には、就業規則又は学則によって処分されることがあります。

7 通報及び相談の方法

・電話、電子メール、FAX、書面又は面会で受付けています。
受付場所:法人監査室(本部棟6F)
受付時間:8:30~12:00 13:00~17:15
(※ 但し、土、日、祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は、業務を行っておりません。)
TEL:086-251-7138
FAX:086-251-7145
メール:aaa7137@adm.okayama-u.ac.jp

・書面送付先(郵送等)
〒700-8530 岡山市北区津島中一丁目1番1号
国立大学法人岡山大学 法人監査室(公益通報・相談窓口)

・通報者等からの情報を正確に把握し、迅速に対応するため、文書での通報等の際には以下の様式内容を参考にしてください。(この様式を郵送・メールで送って頂いても構いません。)

公益通報・相談受付シート
公益通報・相談受付シート
公益通報・相談受付シート

※注) 学生(研究生等を含む。)の方は、学生相談室(何でも相談窓口)が取次窓口になりますので、学生相談室(何でも相談窓口)へお問い合わせください。
* 参照: 学生相談室(何でも相談窓口)ホームページ

8 岡山大学における公益通報等のフロー図


参考:フロー図

9 学内諸規程・関係法令等