大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > 農学部カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》

農学部カリキュラムポリシー

 農学部では,1学科体制を導入し,教育コースとして農芸化学,応用植物科学,応用動物科学,環境生態学の4コースを設定しています。1年次には,教養教育科目の履修と並行して専門基礎科目を履修し,農学の幅広い基礎知識を習得します。そして,自らの興味・適性を見極めた上で2年次前半から各コースへ分属します。2年次後半から順次,研究ユニットに所属し,専門教育を受けつつ卒業論文研究の準備に入ります。4年次では,実験や調査を通して実践的研究を経験し,卒業論文を完成させます。
 このように,幅広い基礎知識の上に,それぞれの専門分野の知識を積み上げることにより,多様化する社会のニーズに柔軟に対応し,幅広い領域で応用力を発揮できる人材を養成できるカリキュラムを編成しています。

人間性に富む豊かな教養【教養】
  • 持続的な生物生産,環境保全などの人類の生存に関わる多様な問題に対して関心を持つ姿勢を育成します。
  • 主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力ならびに人間性や倫理観に裏打ちされた豊かな教養を身につける能力を育成します。
  • 教養教育科目では,知的理解,言語,実践知・感性,汎用的技能と健康,導入教育,高年次教養を設定します。
  • 導入教育として「総合農業科学入門」を設定し,生命現象・環境・人間生活を幅広く学習・見学・体験することによって,農学に対する知的好奇心を向上させるとともに,農学の全容を理解させます。
目的につながる専門性【専門性】
  • 農芸化学コース,応用植物科学コース,応用動物科学コース,環境生態学コースの4つの教育コースを設定します。
  • 全コースの概要を理解するために,1年次後半に入門的な講義形式のコース概論(農芸化学コース概論,応用植物科学コース概論,応用動物科学コース概論,環境生態学コース概論)を提供します。
  • 専門知識の理解のみならず,課題の探求と解決ならびに実践する能力を習得するため,講義と並行して実験・実習・演習を提供します。
  • 最新の食料・農業・農村政策に関する講義を提供し,「食料問題」,「環境問題」といった喫緊の課題に対応するための幅広い知見や実践的知識の習得を目指します。
  • 農学の専門的な学識と技術を適切に応用する力を身につけるため,体系的に編成されたカリキュラムを提供します。各コースおよび研究ユニットで,学習目標を明示した履修モデルを作成してコアとなる授業科目を明確にします。
  • すべての学生に卒業論文の作成およびプレゼンテーションを課します。
効果的に活用できる情報力【情報力】
  • 人を含む多様な生物の生存と福祉に有益な活動を発想できると共に,効果的な情報発信が行える能力を習得する講義および演習科目を設定します。
  • 研究や調査から得られた結果を計画かつ客観的に表現できる能力を習得するために,情報の分析や処理に関する科目を提供します。
時代と社会をリードする行動力【行動力】
  • 国際社会にも通じるコミュニケーション能力を獲得するため,少人数クラスの英語教育を提供します。
  • 政府各省庁・自治体・NPO法人などの幅広い分野と連携し,ディスカッションを重ねながら,コミュニケーション能力の養成およびキャリアアップ養成につなげる科目を提供します。
生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
  • 農学部で習得した知識と経験をもとに,その後の実社会で農業の進歩と農学の発展に寄与できるよう,実践を含めた実験・実習・演習科目を提供します。
  • 生涯に亘って自己の成長を追求できる学士力を育成するため,スポーツや文化活動を含む教養教育科目を提供します。
その他
  • 成績評価は,期末テストに偏重することなく,課題レポート,中間テスト,小テスト,出席状況などを評価の方法に含みます。
  • 教員の教授能力向上および授業改善を目的として,前年度の学生による授業評価アンケート結果で総合評点の高い授業を対象に,ピアレビューを実施しています。実施後に意見交換を行い,その結果は授業担当教員に伝えられるとともに,FDの参考となる内容が部局教員へも伝えられます。