大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > 教育学部カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

教育学部カリキュラムポリシー

 教育学部は,教育に関する理論と実践を教授・研究し,広く教育現場で活躍できる創造性豊かな人材を養成することを目的としてカリキュラムを構成しています。教養教育では,幅広い内容の科目を履修する一方で,専門教育においては,教員として求められる専門的知識や技能に加えて,豊かな人間性や職業観を身につけるために多様な科目を履修します。
教育学部では,教育実践力を身につけた教員を養成するために,教育実習や体験的授業科目を軸(コア)にした独自の「教員養成コア・カリキュラム」により,大学で学んだ教育の理論を教育現場で活かしたり,実践をふまえて理論を見直したりすることができるように学びを積み上げていきます。カリキュラムの中核に,教育現場での体験・実習活動を1年次から4年次にわたり継続的に取り入れることにより,大学の授業と教育現場での実践との効果的な往還が可能となり,教育現場の求める実践的指導力を備えた教員の養成を目指しています。例えば,教育現場や他の機関(博物館,福祉施設等)との連携による教育実践力の育成を意図した「フィールド・チャレンジ」を設定し,具体的な教育プログラムの企画・立案から実施,評価までを体験できるようにしています。また,学校で実践的経験を積む「教職実践インターンシップ」も導入しています。そして,身につけた教員としての資質や能力を「教職実践演習」で最終的に確認しています。
以上のように,教育実践力をバランスよく身につけた,反省的で創造的な教員を育成することを目指してカリキュラムを作っています。

人間性に富む豊かな教養【教養】
  • 自然・社会・人間にかかわる多様な課題に対して関心をもち,主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力・行動力を育成できるように,教養教育では知的理解,言語,実践知・感性,汎用的技能と健康,高年次教養教育に係る科目を設定しています。
  • 先人の足跡に学び,教員として必要な人間性や倫理観に裏打ちされた豊かな教養を身につけるために,教養教育科目に加えて,1年次から学校教育や教職に関する基礎的な専門教育科目を設定しています。
教師としての専門性【専門性】
  • 「教員養成コア・カリキュラム」では,各課程・コースで養成すべき教育実践力を,「4つの力」に分けて設定しています。学校教育教員養成課程の小学校教育コース・中学校教育コース・特別支援教育コースでは「学習指導力,生徒指導力,コーディネート力,マネジメント力」を,幼児教育コースでは「子ども理解力,保育実践力,コーディネート力,マネジメント力」を,養護教諭養成課程では「保健管理力,健康教育力,コーディネート力,マネジメント力」を設定しています。
  • 教育科学や専門諸科学についての知識と技能を幅広く習得し,反省的・創造的に教育活動に取り組むための基盤を形成するために,課程・コース・専修ごとに1年次から系統的に専門教育科目を設定しています。
  • 教員としての実践的な指導力を育成するために,1年次から3年次の間に教育実習や体験的な授業科目である「フィールド・チャレンジ」などを履修します。学年ごとの教育実習の前後には,4つの教育実践力をバランスよく身につけるために,準備状況と達成状況を「教職実践ポートフォリオ」で確認します。4年次では,「教職実践演習」や「教職実践インターンシップ」で,これまで習得した知識や技能を振り返るとともに,教育現場で直面する課題に対処し解決する力を育成します。
  • 現代の教員に欠かせないコーディネート力,マネジメント力などを身につけるために,教育学や教育心理学などの科目を1年次から3年次まで系統的に設定しています。
  • 卒業研究では,学んできた知識や技能を活用して,自らの関心や課題にそったテーマについて指導教員のもとで探究していきます。
効果的に活用できる情報力【情報力】
  • 子どもと学校およびそれらを取り巻く環境に関する情報を必要に応じて自ら収集・分析し,正しく活用できる能力を育成するために,教養教育では情報処理の入門科目を,専門教育では情報活用の能力を育成する科目を設定しています。
  • 専門教育では,現代の教員に必要とされる効果的な情報発信力だけではなく,情報モラルの指導ができる知識や技能も習得できるようにしています。
時代と社会をリードする行動力【行動力】
  • グローバル化に対応した国際感覚や言語力とともに,社会人そして教員として必要とされるコミュニケーション能力を育成するために,教養教育と専門教育において言語に関する科目を系統的に設定しています。また,それ以外の科目の授業においても,コミュニケーション能力の育成に重点をおいた指導をしています。
  • 地球規模から地域社会にいたる共生のために的確に行動できる力の基盤を育成することをめざし,教育実習などの学校と連携して進められる教育活動では幅広い視野と課題発見の能力,適切な判断力,他者や社会と積極的に関わろうとする意欲の育成を重視しています。
生涯にわたる成長と自己実現力【自己実現力】
  • 子どもたちとのふれあいやスポーツ・文化活動など多様な経験を通して,自立した個人として日々を享受できるようにスポーツや文化・芸術活動を含む科目を設定しています。
  • 主体的に学び続け,生涯にわたって自己の成長を追求できる教員を育成することを目標とした授業を展開しています。
その他
  • ESD(持続発展教育)の理念の共有と実践力の向上に積極的に取り組んでいます。
  • 各授業科目においては,知識・理解のみではなく,教員として求められる態度や技能など多様な到達目標を設定するようにしています。
  • 授業は,課程・コース・専修により多少異なりますが,講義・演習・実験・実習など,多様な方法により展開されます。
  • 成績評価は,受講態度,報告・発表,レポート課題,試験など多様な方法を組み合わせて総合的に行い,それぞれが成績にどのように反映されるか,評価の配分割合をシラバスに明記しています。
  • より良い授業づくりのために教員同士で互いの授業を参観し,その後,授業の良い点や改善すべき点を話し合いによって明らかにして,教育改善に主体的に取り組んでいます(授業公開とピアレビュー)。
  • 授業改善のヒントを得たり,指導技術を向上させるために研修会を開催し,より良い授業を目指して努力しています。