大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > 工学部カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 機械システム系学科 》 《 電気通信系学科 》 《 情報系学科 》 《 化学生命系学科 》

工学部カリキュラムポリシー

 工学部では,本学部ディプロマポリシーに掲げる学士力(多面的に考える素養と能力,技術者倫理,論理的基礎知識と応用能力,技術的専門知識と問題解決能力,社会の要求に応えるデザイン能力,コミュニケーション能力,プロジェクトの立案・遂行・総括能力,自主的・継続的な学習能力)を備えた人材を育成するために,教養教育科目と専門教育科目で構成される体系的なカリキュラムを提供しています。教養教育科目は,全学部の学生が共通に受ける授業科目として位置付けられており,学問の基礎となる知識や技能を獲得するための科目と人間や社会に対する洞察を深めて幅広い視野から物事を捉え判断する力を養うための科目とを設定しています。また,専門教育科目は,専門基礎科目,学科専門科目,コース専門科目に分けられています。専門基礎科目は,工学部の学生が共通に受ける授業科目,すなわち工学部共通コア科目として位置付けられており,工学の学問・研究に必要な基礎学力を幅広く養うための科目を設定しております。学科専門科目は,学科の専門領域について知識と技術を習得し,専門技術者としての素養を身に付けるための科目を設定しております。コース専門科目は,コースの専門領域についてより深い知識と技術を身に付けるための科目を設定しています。

↑ページトップへ

工学部機械システム系学科カリキュラムポリシー

 機械システム系学科では,環境や人間に優しく安全な機械を実現するための技術開発を行ったり,機械システムを設計,管理,運用したり,また,機械やシステムを用いたサービスの創成と発展を行ったりできるような,課題探求能力およびデザイン能力に優れ,高い倫理観を持って国際的に活躍できる技術者の育成を目的としています。このため,機械工学やシステム工学の基礎的な知識や技術に加えて,高度で先進的な研究活動に基づいた広範な視野,良識と倫理観,機械の原理とシステム化の原則,機械要素,機械装置,ロボット,システムや,それらを使ったモノやサービスを創りだすプロセスを学ぶことができる専門教育科目のカリキュラムを策定しています。
 機械システム系学科では,1年次には,教養教育科目,専門基礎科目の習得を通じて,数学,物理学,情報処理等に関する基礎学力を高めていきます。2年次には,教養教育科目,専門基礎科目に加えて,機械工学とシステム工学の基礎の確実な習得とコース専門科目を学ぶために必要不可欠な基礎のさらなる充実を目指します。広範囲な分野の専門的技術を学生の興味に応じて系統的に習得できるように,機械工学コース,システム工学コースを設定し,2年次後半でコース振り分けを実施します。3年次には,これまでに習得した基礎科目を応用する能力を,機械工学コースでは,材料工学,設計工学,精密加工学,伝熱工学などに関する科目により,システム工学コースでは,生産システム工学,管理工学,安全工学,ロボット工学,制御工学などに関する専門科目により,養成します。4年次には,コース毎に学生を研究室に配属し,機械工学,システム工学分野の最新のテーマに取り組むことによって,これまでに習得した知識を実践的問題に応用して,実験等を計画し,結果を解析し,それを工学的に考察する能力を養成します。すなわち,問題解決・デザイン能力を育成し,技術者として必要不可欠になる基礎を身につけます。

多面的に考える素養と能力【教養1】

 自然科学だけでなく人文科学や生命科学に関する幅広い教養教育科目により,多面的な視点と社会的な良識を持って考える能力を育成します。

技術者倫理【教養2】

 「工学倫理」,「工学安全教育」や実習科目により,技術が社会や自然に及ぼす影響や効果ならびに技術者が社会に対して負っている責任を理解し,技術者倫理について考える能力を育成するとともに,安全に関する意識を高めます。

論理的基礎知識と応用能力【専門性1】

 数学,物理,情報処理,および自然科学一般に関する科目によって,工学の基礎や自然界の法則を理解し,機械工学・システム工学の基礎となる知識を身につけ,工学上の問題解決に活用する基礎能力を養成します。

機械システムを創る基礎知識と応用能力【専門性2-1】

 機械工学,システム工学の基礎となる材料力学,熱力学,流体力学や,制御,機械工作についての基礎知識を身につけ,機械の設計・開発・製造に関する基礎的能力を育成します。

機械システムを総合的に開発する専門知識と応用能力【専門性2-2】

 製品を設計,開発,製造するために必要な,材料,設計,加工,伝熱,計測,ロボット,電子回路の知識を身につけ,製図,CADを用いて設計し実現する能力を養成します。

機械システムを維持・発展させる専門知識と応用能力【専門性2-3】

 製品,システムを安全に維持,管理するために必要な,機械設計,内燃機関,生産システム,信頼性の知識や,機械システムやロボットをさらに発展させて,人間との融合を図るために必要な知識を身につけ,それらの知識を応用する能力を養成します。

社会の要求に応えるデザイン能力【情報力】

 創成科目,「特別研究」や専門選択科目により,実験等を計画し,結果を解析し,それを工学的に考察する能力を養うとともに,技術者として自分で課題を発見し,解決するエンジニアリングデザイン能力を養成します。

コミュニケーション能力【行動力1】

 技術文書や学術論文の執筆能力や日本語でのコミュニケーション能力を高め,英語の技術文献や学術論文を読んだり,英語でプレゼンテーションを行ったりするための基礎的能力を育成します。

仕事の立案遂行および総括能力【行動力2】

 講義,実験,演習,特別研究を通じて,工学の基礎,機械工学・システム工学の基礎となる知識を身に付けた上で,工学上の問題解決のため,それらを活用する企画能力と実行力を養成し,結果をまとめ上げる能力を養成します。

自主的,継続的な学習能力【自己実現力】

 体系的なカリキュラムにより4年間で系統的に習得した,機械システム工学に関する広範囲な分野の専門的技術を基礎として,常に進展する先端的な技術を自主的・継続的に学習して,自分の仕事に生かすことができる能力を育成します。

その他

 機械システム系学科では,広範囲な分野の専門的技術を学生の興味に応じて系統的に習得できるように,「機械工学コース」と「システム工学コース」の2コースを設定しています。各コースでは,上記の学科教育目標に加えて,それぞれ以下のような教育目標に従った教育を実践します。

機械工学コース

 材料工学,材料力学,設計工学,精密加工学に関する専門科目により,機械の設計・開発・製造に関する基礎的能力を育成します。
 流体力学,熱力学,伝熱工学や計測工学に関する専門科目により,エネルギーの効率的な利用や環境適合化に関する基礎的能力を育成します。
 「創成プロジェクト」,「特別研究」や専門選択科目により,モノづくりの革新を目指して,機械を開発し発展させる能力を育成します。

システム工学コース

 生産システム工学,管理工学,安全工学に関する専門科目により,システムの運用・管理や知的システムの開発・運用に関する基礎的能力を育成します。
 ロボット工学,制御工学や電子工学に関する専門科目により,ロボットやメカトロニクスシステムの設計,制御に関する基礎的能力を育成します。
 「システム工学総合」,「特別研究」や専門選択科目により,人と機械の調和について考え,システムを総合的に開発する能力を育成します。

↑ページトップへ

工学部電気通信系学科カリキュラムポリシー

 電気通信系学科が対象とする電気工学,電子工学,通信工学,ネットワーク工学は,家電製品,コンピュータ,インターネット,通信・放送,自動車,エネルギー,医療など様々な産業分野で利用され,現在の高度情報化社会を支える基盤技術として密接に絡み合いながら発展してきています。このため,本学科では,電気工学,電子工学,通信工学,ネットワーク工学の全般に関する基礎的な知識と各コース分野におけるより専門的な知識を有するとともに,国際的な視野に立って電気,電子,通信,ネットワーク関連の諸問題を的確かつ迅速に整理・把握し,独創的な手法により解決することのできる能力と社会人としての豊かな人間性と時代に即した感性とを備えた人材の育成を行っていきます。
 1年次には,教養教育科目に加え,工学を学んでいく上で必要となる工学全般の基礎的内容,およびコンピュータやネットワークのリテラシに関する科目について学ばせることで,電気通信系工学の学習の動機付けを行います。2年次の前半では,専門基礎科目を通して基礎知識を修得させます。2年次の後半では,各コースに分かれて専門知識を学ばせ,4年次の前半までに各コースで必要な専門知識を深めさせていきます。電気電子工学コースでは,電気電子工学の基礎となる必須科目に加え,それぞれの興味と将来の進路希望に対応して,詳細な技術や知識を選択科目として修得できるように配置しています。通信ネットワークコースでは,コースの基礎となる数学,通信工学,計算機工学,ネットワーク工学に関する科目を設定して,各技術を学べるようにしています。4年次では,希望に応じて配属される教育研究分野において「特別研究」を課し,独創性の涵養,問題解決型思考の習慣付けなどに配慮しつつ,電気通信系の研究者・技術者として活躍するための訓練を行わせます。これらの年次進行で提供される授業科目は,電気通信系学科の各ディプロマポリシー(DP)に対して,以下のカリキュラムポリシーに基づいて策定されています。

多面的に考える素養と能力【教養1】

 地球的視野から多面的に物事を考える能力とその素養を身につける科目を提供します。教養教育
科目では,知的理解科目,言語科目,実践知・感性科目,汎用的技能と健康科目及び導入教育科目があります。これらの科目では,環境・エネルギーなど自然と人類の共生の課題を,主として文化,経済,政治など文化科学の側面から多角的かつ有機的にとらえ考えられる科目を提供します。また,ガイダンス科目では工学全般にわたる最先端のトピックスを紹介することにより,工学に対する広い視野を持つことができるように豊富な内容が用意されています。

技術者倫理【教養2】

 技術者として,人間の健康と環境への配慮,地球資源の有効利用などについて倫理的責任があることを自覚し考えられる能力,さらには,電気電子・通信ネットワーク技術者としての使命が人類の生活と社会福祉の向上への貢献にあることを自覚し考えられる能力を育成します。特に「工学倫理」での授業では,多くの事故・事件の実例を取り上げ,その背景や問題点の抽出,考えうる回避方法などを考える能力を育成します。

論理的基礎知識と応用能力【専門性1】

 数学,自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力を育成します。このため,「微分積分」「フーリエ・ラプラス変換」「線形代数」などの高等数学の基礎を学ばせます。

電気通信系工学の専門基礎【専門性2-1】

 電気電子工学と通信ネットワーク工学に関する基礎的な知識と,それらを多方面の問題解決に応用できる能力を育成します。このために,「論理回路」,「電気回路」などの専門基礎学力を身につけさせます。

電気通信系工学の高度専門知識と応用展開【専門性2-2】

 電気電子工学と通信ネットワーク工学に関する中核的な知識と,それらを電気・通信関連のシステムの設計・構築に応用・展開できる能力を育成します。高度な専門知識を身につけさせるため,各コースで必要な必修専門科目を用意するとともに,数多くの選択科目を用意しています。

社会の要求に応えるデザイン能力【情報力】

 種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を身につけさせます。特に,「特別研究」では,指導教員の下で研究課題の調査・設定から実験の計画・遂行を行わせます。そして,結果の意義や課題などを考えさせたのち,特別研究報告書にまとめ上げる素養を育成します。

コミュニケーション能力【行動力1】

 日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用する英語コミュニケーション基礎能力を身につけさせます。前者は「技術表現法」で提供します。一方,後者はネイティブ教員により,国際的活動に必要なリスニング・スピーキング能力を育成します。

仕事の立案遂行および総括能力【行動力2】

 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力を身につけさせていきます。「工学基礎実験」や各コースでの実験科目では,与えられた時間と実験装置の中で計画的に実験の遂行・データ採取を行いレポート作成と内容を説明できる能力を育成します。

自主的,継続的な学習能力【自己実現力】

 自主的,継続的に学習できる能力を身につけさせていきます。授業において各科目の内容や年次配置はその相互の関連性を念頭に置きながら継続的に受講できるようにしています。また,各学生には,アドバイザの教員を配置して科目履修の相談などきめ細かいサポートを行うようにして,自主性を育成します。

その他

上記の他に,コース毎に,以下のような独自の教育も行っています。

電気電子工学コース

 専門教育科目などを通じて,電気・電子工学の基礎となる数学,自然科学,および,情報技術やコンピューターサイエンスに関する知識と手法,ならびに「電磁気学」,「電気回路学」,「電子回路学」など専門的基礎学力を修得させます。さらに,電力・制御系,電子・回路系,材料・物性系の講義と演習を通じて応用能力を養わせ,第一線で活躍できる電気・電子工学の研究能力と問題解決能力を育成します。

通信ネットワークコース

 通信ネットワーク工学の基礎となる数学的知識や工学的知識を修得させた上で,電気,電子,通信,ネットワークに関する全般的な知識を修得させます。また,有線や無線を用いた情報通信技術,コンピュータネットワークの設計・構築・運用技術,情報処理技術,セキュリティ技術などの情報システム技術について,専門的な深い知識を修得させます。さらに,これらの知識を総合的に活用して,通信ネットワーク工学に関連する諸問題を解決することにできる能力を育成します。

↑ページトップへ

工学部情報系学科カリキュラムポリシー

 高度情報化社会といわれて久しい現代において,情報系学科はその社会基盤を支えるのに必要不可欠な技術者および研究者を養成します。そのために,コンピュータのソフトウェアとハードウェア,人間の知能を代行する人工知能,情報と計算の科学,ならびにそれらを知能システムや社会情報システムに応用する技術など,情報工学に関わる様々な知識を,理論と実習のバランスをとりながら系統的に教育します。情報工学に基づく技術は,コンピュータシステムやソフトウェアシステムの設計・運用,高度情報処理のみならず,社会の隅々に浸透したあらゆる情報サービスの基盤技術として不可欠であり,これからの産業と社会の持続的発展のためにも欠かすことはできません。情報系学科では,このような学術と社会からの要請に応えるために,コンピュータと知能に関する科学・工学の教育を通して,情報処理の専門技術者,情報システム技術者と情報工学の研究者を養成します。
 情報系学科では,「計算機工学コース」と「知能ソフトウェアコース」を設定しており,学生の興味に応じて2年次後半でコース振り分けを実施します。両コースには共通する授業,実習が多いことから,学科内では柔軟なコース選択が可能です。両コースとも1年次には,教養教育科目および専門基礎科目の習得によって,専門分野にとらわれない幅広い教養と工学全般の基礎的学力を高めます。2年次には,プログラミング言語,情報処理システム,情報処理基盤に関する基礎的内容の科目によって情報工学の基礎知識を修得します。さらに演習科目では,構造的なプログラミング能力の習熟を図ります。3年次には,学科専門科目により応用力を養成するとともに,実験科目において課題への主体的取り組みや協調作業,レポート作成など技術者としての基礎力を養成します。4年次では,各学生は研究室に配属されます。配属先の研究室が,2年次後半から振り分けられたコースによって制限されることはありません。特別研究として各研究分野の最先端の研究テーマに取り組むことにより,これまでに習得した知識を具体的な問題解決に応用する能力を鍛え,情報処理の専門家として活躍するための素地を作り上げます。

多面的に考える素養と能力【教養1】

 教養教育科目として導入教育科目の他に,知的理解科目,言語科目,実践知・感性科目,汎用的技能と健康科目を配し,専門分野にとらわれない幅広い教養とコンピュータリテラシを含む工学全般の基礎的内容について習得します。

技術者倫理【教養2】

 一般教養科目,高年次教養科目である工学倫理,ならびに情報と職業に関する科目などを通じて,自然科学と社会,技術者倫理,情報化社会の福祉について考える力を養成するとともに,各種の専門教育科目によって社会情報システムに関する基礎教育を行います。

論理的基礎知識と応用能力【専門性1】

 1年次には,主として専門基礎科目を配し,工学全般の基礎となる能力を養成します。

プログラミング言語に関する専門性【専門性2-1】

 講義科目や演習・実験科目については,科目相互の関連を配慮して配置年次等が決定されており,プログラミング等の実学とその背後にある数学等の理論を関連付けて教育します。

情報処理システムに関する専門性【専門性2-2】

 コンピュータシステムとソフトウェアに関する講義または実験科目を体系立てて配置し,情報処理システムに関する専門技術を教育します。

情報処理基盤に関する専門性【専門性2-3】

 情報処理の基盤となる数学や論理に関する科目を体系立てて配置し,論理的な思考・記述力の養成をはかるとともに情報技術に対する応用力を育成します。

社会の要求に応えるデザイン能力【情報力】

 コンピュータの基礎理論,プログラミング演習や各種の実験科目を通じて,アルゴリズム設計からコンピュータシステムや情報システムに関する設計能力までを養成します。

コミュニケーション能力【行動力1】

 演習,実験科目や特別研究における協調作業や報告,指導の過程を通じて,技術者としてのコミュニケーション能力を身につけさせます。

仕事の立案遂行および総括能力【行動力2】

 多くの講義,実験,演習科目と特別研究において,課題解決のための企画力や,計画的に仕事を進め,結果をまとめる能力を養成します。

自主的,継続的な学習能力【自己実現力】

 多くの講義,実験,演習科目と特別研究において,情報に関わる科学と工学の両面を考慮した応用能力や,時代変化に対応する自己学習能力を養成します。

その他

 情報系学科では,広範囲な分野の専門的技術を学生の興味に応じて系統的に習得できるように,「計算機工学コース」と「知能ソフトウェアコース」の2コースを設定しています。各コースでは,上記の学科教育目標に加えて,それぞれ以下のような教育目標に従った教育を実践します。

計算機工学コース

 コンピュータの仕組みや動作の基本原理を理解してその応用力を養います。そのために,コンピュータアーキテクチャやコンパイラに関する科目を必修とし,コンピュータのハードウェアとソフトウェアについて基礎教育を行います。これらの技術を磨くためには,コンピュータの応用技術の知識も重要であることから,興味ある科目の選択を可能としています。

知能ソフトウェアコース

 コンピュータを利用した高度情報処理システムの専門家の養成をめざします。具体的には,知識工学や画像処理に関する科目を必修とし,言語,知識,音声,画像処理に関連した基礎教育を行います。これらの技術を磨くためには,コンピュータのハードウェアやソフトウェアの知識も重要であることから,興味ある科目の選択を可能としています。

↑ページトップへ

工学部化学生命系学科カリキュラムポリシー

 化学は,分子の合成・創製,機能材料や物質の創造,生産を通して,医薬・農薬,精密機械,自動車,電子・情報など広範な産業に深く貢献し,現在の工業社会を基盤から支えている学問です。また,遺伝子,タンパク質,細胞の研究や, それらをさらに発展させた人工的な新機能生体素材の開発,人口の急激な増加による食糧問題,健康と医療(バイオ), 資源の枯渇化対策としてのエネルギー問題,地球環境問題などの大きな問題の解決に重要な役割を果たす領域として化学と生命科学を融合した教育が重要になってきました。
 化学生命系学科は,時代の変化と要求に柔軟に対応し,多種多様な諸問題を解決するために,最前線で活躍できるチャレンジ精神の旺盛な技術者・研究者を,化学,生命科学,工学が調和した教育プログラムと最先端の研究を通した教育活動により育成することを目指しています。

多面的に考える素養と能力【教養1】

 地球的視野から多面的に物事を考える能力を育み,知的好奇心を養うため,教養教育科目として知的理解科目,言語科目,実践知・感性科目,汎用的技能と健康科目に分類される幅広い学問分野から自由に授業を選択し,履修します。また,工学全体にわたる知識を涵養するため,導入教育科目となる工学部ガイダンスにおいて所属学科に囚われず,全学科の教育・研究についてその特徴的な部分を俯瞰的に学びます。

技術者倫理【教養2】

 無機,有機化合物や遺伝子,微生物を扱うためには,その安全性,社会や自然に及ぼす影響や効果を理解することが必要です。学部必修科目である技術者倫理だけでなく,無機化学,有機化学,生化学などの基礎科目に授業のなかでも取りあげ,学んでいきます。

論理的基礎知識と応用能力【専門性1】

 工学部必修科目である数学,物理学とそれに関係する論理学などの教養教育科目を履修することにより,自然科学を学ぶために必要な基礎知識と論理的な思考による問題解決の能力を養います。

専門知識と応用能力【専門性2-1】

 化学生命系分野を支える基礎科目として物理化学,無機化学,有機化学,生化学の確実な修得と専門各論を学ぶための基礎形成,応用能力の涵養を目指し,少人数クラスでの講義と演習を導入します。

技術創出と装置・物質の創造・設計力【専門性2-2】

 化学技術やバイオテクノロジー技術を創出する能力を育成するため,反応工学や有機工業化学,遺伝子工学等の多彩な専門科目群を履修させるとともに,化学装置設計製図や立体化学,分子生物学等の専門科目群を通して装置・物質の設計能力を高めます。

実験の計画,実行,データ解析力【専門性2-3】

 化学やバイオテクノロジーの基礎となる学問領域の本質を理解・体験するとともに,技術的能力を修得するために実験を各年次で行い,実験の計画の立案,実行,データ整理,考察,成果を発表する能力を育成します。

社会の要求に応えるデザイン能力【情報力】

 広範な領域を網羅する専門各論を系統的に習得するとともに,情報処理に関する演習科目を通じて,社会的要求に応えるデザイン能力を育成します。

コミュニケーション能力【行動力1】

 各年次に配置された実験および演習科目や外国語科目において,日本語および外国語による論理的記述能力,プレゼンテーション能力,討議等におけるコミュニケーション能力を養成します。

仕事の立案遂行および総括能力【行動力2】

 実験や演習などの授業を通じて,与えられた課題に関する関連情報の検索・収集から,実験を含む課題検討の計画立案・実行,および検討結果の整理・取りまとめまで,解決に至る一連の過程を数多く体験させ各作業を実行および総括する能力を養成します。

自主的,継続的な学習能力【自己実現力】

 化学生命系分野の基礎となる関連科学体系の理論的・実験的本質を,自主的かつ継続的な学習と実験的探究を通じて学び取り,研究者・技術者として必須の基本的能力を習得します。

その他

 化学生命系学科では,広範囲な分野の専門的技術を学生の興味に応じて系統的に習得できるように,以下のような,「材料・プロセスコース」,「合成化学コース」,「生命工学コース」という3つの教育カリキュラムを設定しています。4年次の特別研究では,3年次までに習得した基礎知識をさらに深化させるとともに,幅広い知識を有する多様な人材の育成を目指しています。各コースでは,上記の学科教育目標に加えて,それぞれ以下のような教育目標に従った教育を実践します。

材料・プロセスコース

 化学結合や物質の構造,物性などの本質と,基本原理を理解する能力を身に付け,新しい化学技術や物質を創造できる能力を養成します。さらに,反応の化学工学的側面からの理解とアプローチができる能力を育て,実際の産業に不可欠な装置設計など実務能力を育成します。

合成化学コース

 化学結合,化学反応などの本質と,基本原理を理解する能力を身に付け,新しい分子や物質を創造する能力を養成します。さらに,量子化学的な考え方や機器分析による物質の構造解析の力を育て,分子の性質の予測や化学反応を駆使して機能性物質を設計することができる能力を育成します。

生命工学コース

 本コースの中心となる科目群では,生物が保有するさまざまな物質や,生物が巧みに利用している生化学反応を,その分子や反応原理に立ち返って理解することをめざしています。さらに,これらの基礎知識を発展させて,バイオテクノロジー分野をはじめとするあらゆる関連領域へ柔軟に応用していく能力や新しい有用な物質および技術を創出していく能力を育成します。