大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > グローバル・ディスカバリー・プログラムカリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

グローバル・ディスカバリー・プログラムカリキュラムポリシー

 グローバル・ディスカバリー・プログラムでは、先進科学分野、国際連携分野等において、グローバル社会の持続的発展に貢献できる人材を育成します。
 世界各地から集まった留学生・帰国生、日本国内の高校出身者など、多様な背景と経験を持つ学生たちの協働と学び合いを基礎としつつ、インターンシップやフィールドワークなど実践的な学びを重視します。学部や学科の枠にとらわれず、将来の目標に適した科目履修を通じて専門知を修得し、取り組むべき課題や進むべき道筋を自ら発見し、文化や専門分野の異なる他者と協力しながら、課題解決に向けて的確に行動できるグローバル実践知を身につけるための科目を提供します。
 教育課程は大きく教養教育科目、専門教育科目に分けられます。さらに専門教育科目は専門基礎科目と、基本科目・課題科目・実践科目・卒業研究から成る専門科目により編成されます。
 1年次は教養教育科目のほかに、専門基礎科目を開講し、英語と日本語を用いて履修者相互の学び合いや多文化間の相互理解を促す少人数クラスの授業や、グローバルに活躍するために必要な基礎的素養を高める科目群を英語により提供します。

 その後、アカデミック・アドバイザー等の助言を得ながら、学生各自が組み立てた履修プログラムを通じて、専門的な知識や技能の修得を促します。卒業研究では、教員の指導の下に、「ディスカバリー専修トラック」もしくは「学部・学科横断型マッチング・トラック」に分かれて実践知を培います。
 「ディスカバリー専修トラック」では、テーマ別に複数の授業を組み合わせた科目群(モジュール)を英語により提供します。主として2年次に履修する基本科目では、より専門性の高い課題科目を履修するために必要な基礎知識や方法論に関する授業を提供します。主として3年次・4年次に履修する課題科目は、卒業研究に必要な専門知識を修得することを目的とします。
 「学部・学科横断型マッチング・トラック」では、自分の選んだテーマや関心に応じて、各学部が主に日本語で開講する科目を組み合わせて履修し、必要な専門知識や技能を修得することが可能です。ディスカバリー専任教員が提供する科目を合わせて履修することもできます。卒業研究は、マッチング・アドバイザー及び助言教員と相談の上でふさわしい卒業研究指導教員を決定し、その教員が所属する学部において行います。
 また、グローバル・ディスカバリー・プログラムでは、学生の意欲とニーズに応じた実践的な学びの機会として、フィールドワークやインターンシップ、海外留学、実験等の実践科目をカリキュラムに組み込んでいます。これら実践科目の効果的な履修や、多文化環境での相互理解、及び卒業後の進路選択に必要なレベルの日本語と英語の運用能力を身につけ、高める授業を教養教育科目と専門教育科目の両方で用意しています。

 なお、ディプロマポリシーに掲げた内容を実現するため、以下の点を重視して教育課程の編成・実施を行います。

課題発見のための幅広く豊かな教養【教養】
  • 教養教育科目では、導入教育、知的理解、言語、実践知・感性、汎用的技能と健康、高年次教養に関する科目群を開講し、多面的で幅広い教養を身につけます。
  • 専門基礎科目では、多様な課題を発見し解決策を考えるための論理的・批判的な思考力をはじめとする学修スキルを高めるために、グループディスカッションやピア・ラーニングを中心とする授業を開講します。
グローバル社会の持続的発展につながる専門性【専門性】
  • 基本科目では、課題の発見、理解、解決策の立案、実施に向けて必要となる、専門分野の基礎的知識を身につけるための科目を開講します。
  • 課題科目では、さまざまな分野の課題について、発見から解決に至る事例の紹介や解決までの各段階において必要となる高度な専門知識や技能を修得するための科目を開講します。
  • 実践科目では、「フィールドワーク」、「インターンシップ」、「海外留学」及び「実験」等を通じて、専門知識や技能を実践レベルに高めます。
効果的に活用・発信できる情報力【情報力】
  • 教養教育科目及び専門基礎科目では、情報リテラシーとICT活用法を身につけるための科目を開講します。
  • 専門科目では、具体的な情報収集・整理・分析の手法を学ぶための科目を開講します。
  • 実践科目では、積極的な情報収集や多角的・創造的な分析、効果的な発信に関する手法を実践的に修得します。
  • 卒業研究では、プログラム全体の発表会を実施し、異なる分野を専門とする学生が各自の課題発見・解決の道筋を発信し、全員で共有します。
グローバル社会のイノベーションに寄与する行動力【行動力】
  • 教養教育科目では、知識の修得や情報発信、多文化環境でのコミュニケーションなどに必要とされる英語能力向上のためのアカデミック英語や、レベル別の日本語科目を集中開講し、多文化環境に適応できる語学力を養います。
  • 専門基礎科目では、異なる背景・経験を持つ学生同士がディスカッションする機会を多く設け、多文化・多様な価値観に対する感性を磨く少人数の授業を開講します。
  • 専門科目では、人文社会科学や環境科学分野でのイノベーションを実現する力を身につけるための科目を開講します。
  • 異なる学部・学科の教員や学生たちと共に学ぶことで、開かれた視野を持ちつつ、異分野間の相互理解・協働を促進する理解力とコミュニケーション力を培います。
  • 実践科目では、「フィールドワーク」、「インターンシップ」、「海外留学」及び「実験」等を選択必修とし、学内外での学修を通して自ら進んで行動する力を醸成します。
生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
  • 専門教育科目では、特に実践科目、課題科目、卒業研究を通して、常に新たな課題を発見し、自ら進んで学修するなど、自己啓発を継続する力の獲得を目指します。
  • プログラム全体を通じて、多様な背景・価値観を持つ学内外の他者との交流を深める機会を多く提供し、自立した個人としての倫理観と責任感にもとづいて、生涯に亘っての自己の成長を追求する力を培います。