大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > 医学部カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー,CP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 医学科 》 《 保健学科 》

医学部カリキュラムポリシー

医学部では、本学部ディプロマポリシーに掲げる学士力(人間性に富む豊かな教養、目的につながる専門性、効果的に活用できる情報力、時代と社会をリードする行動力、生涯に亘る自己実現力)を備えた医療人を育成するため、教養教育科目と専門教育科目で構成される体系的なカリキュラムを提供しています。 1年次には、外国語、リベラル・アーツ、スポーツなどの全学規模で実施される教養教育に加え、専門教育の基本となる知識や技術について学びます。2年次以降、各学科においてより専門性の高い専門科目を履修するとともに医療機関等における実習が始まり、大学教育としてのカリキュラムの成果は、国家試験の受験に十分耐え得るものとなっています。

医学部医学科カリキュラムポリシー

 医師・医学研究者の育成には、科学知識と技術の修得とともに豊かな人間性の獲得が求められます。本学科では、医の倫理に徹し、科学的思考法と高度な医学的知識・技術を体得し、社会的信頼を得る医師並びに医学研究者を養成することを教育理念とします。この理念を達成するために、卒業までに身につけるべき事項についてディプロマポリシーを定め、医学教育モデル・コア・カリキュラムに提示されている教育内容を包含した6年一貫教育カリキュラムを構築しています。

人間性に富む豊かな教養【教養】

 教養教育と専門教育を通して、高い倫理観と幅広い国際的な教養、豊かな人間性を身につけます。専門教育では、1年次の「医学概論」、「臨床医学入門」で医学の根本を学び、「プロフェッショナリズム」で、医師としての素養を身に付けます。2年次の「医学史」では医学を築いてきた先人に学びます。さらに、4年次での「生命倫理学」、「医事法」では、倫理的・法的観点から医師に求められる素養を獲得します。

目的につながる専門【専門性】

 専門基礎科目と専門科目の螺旋型カリキュラムにより、国際的に活躍できる医療人に必要な専門的知識と実践的能力を養います。1年次に生命科学の基礎を修得し、2~3年次に正常な人体の構造と機能、病原体や様々な病因によって引き起こされる病態、薬物反応、を学びます。4年次では、臨床医学と社会医学を学修します。4年次後半~6年次では、診療チームの一員として臨床実習を行い、医師の職業的な知識・思考法・技能・態度の基本を身につけます。

効果的に活用できる情報力【情報力】

 医学的情報を収集・分析し的確に判断できる能力を養い、効果的にグローバルな情報発信ができる能力を身につけるための科目を設定しています。1年次に情報リテラシーの基礎を学修し、2年次では情報の数理解析方法を学びます。実践的な演習科目として、3年次初期に「基礎病態演習」を、4年次後期に「臨床病態演習」を設定し、課題解決型能力を養います。

時代と社会をリードする行動力【行動力】

 高い協調性のもとに世界に通用する専門職業人としての指導力を発揮し、医療チームの一員として責任をもった行動ができる能力を養成します。1年次では、チュートリアル方式の授業を行い、自ら問題点を見つけて学習する習慣を身につけます。1・2年次に外国語科目を履修し、外国語によるコミュニケーション力を獲得します。1−3年次に行う地域医療体験実習では、地域の医療現場を理解するとともに、地域住民や医療従事者とのコミュニケーションを通して医療人としての社会性を育てます。

生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

 医学・医療の進歩、グローバルな社会のニーズに対応して絶えず医療の質の向上に努め、生涯にわたり自己の成長を追求できる医療人を育成します。1年次早期に医療・福祉の現場を自ら体験し、患者の傍らにいること、共感的態度を学びます。3年次には、医学研究インターンシップを行い、海外を含む学内外の研究室での実体験を通して研究マインドを涵養します。6年次では、6年間の医学教育の仕上げとして選択制臨床実習による総合的な自己研鑽を行います。

↑ページトップへ

医学部保健学科カリキュラムポリシー

 医学部保健学科は、看護学、放射線技術科学、検査技術科学の3つの専攻があり、授業科目は大きく教養教育科目と専門教育科目に分かれています。
 1年次には、外国語、リベラル・アーツ、スポーツなどの教養教育科目に加え、医療の基本となる各専攻に共通する知識や技術について学びます。また、これに加えてそれぞれ専門のイントロダクションを学びます。また、医療従事者として最も重要な「チーム医療」の理念と実際を体得するための演習も必修科目となっています。
 2年次からは、教養教育科目を学びながら、一方で「講義」や「演習」・「実験」などの専門教育科目をより多く履修し、各専攻の専門領域の基礎知識を学びます。また、看護学専攻では医療機関・老人保健施設等における実習が始まります。
 3年次からは、より専門性の高い専門教育科目を履修するとともに、多くの専攻で、本格的に附属病院等で臨地実習が開始されます。
 4年次には、実習と平行して、指導教員毎に研究室に配属され、ゼミナール形式で、研究の基礎を学ぶとともに、教員の指導の下に卒業論文を完成させます。
 さらに、開講される医療系学部共通科目においては、臨地実習とは視点の異なる医療の最前線や実際を学ぶ機会を提供し、専門性を高めます。
 4年生の後期には、それぞれの専攻が目指す国家資格(看護師、保健師、診療放射線技師、臨床検査技師等)の国家試験が行われ、基本的には全員が目指す職種の試験を受験することになります。大学教育としてのカリキュラムの成果は、国家試験の受験に十分に耐え得るものになっています。

「人間性に富む医療のための豊かな教養」を涵養するために【教養】
  • 自然や社会の多様な問題に対して関心を持つ態度を育成するために、自然科学のみならず、豊富な社会科学・人文科学系の教養教育科目の中から多様な科目が受講できます。
  • 論理的思考力・判断力・創造力を身につけるため、リベラル・アーツを重視するとともに、情報処理科目も全員が履修できますし、受講が奨励されています。
  • 人間性や倫理観に裏打ちされた豊かな教養を身につけるために、Humanities(人文科学)を重んじるとともに、専門課程において、医療者として相応しい人間性や倫理観を養うことができるような実習を行っています。
「あらゆる人々の健康推進のための専門性」を習得するために【専門性】
  • 患者に限らず、あらゆる人々の健康的な生活を実現するための専門的学識を身につけるために、医学・保健学に共通する専門科目を、主として1・2年次に配当しています。
  • 科学の進歩を健康に関わる技術開発や問題解決に活用し、社会に貢献できるようになるために、各専攻の学問分野(看護学、放射線医学、臨床検査医学)の最新成果を学べる専門科目を3・4年次に配当するとともに、卒業研究を行う中で、自らがこうした技術開発につながるような専門分野をさらに深めることができるカリキュラムとなっています。
「健康ニーズに応え、発信する情報力」を培うために【情報力】
  • 住民や患者の健康ニーズに応えるとともに、自然や社会の情報を多角的に収集・分析する能力を身につけるために、1年次に保健科学入門と情報処理科目が準備されています。また保健統計について学ぶ機会も設けられています。
  • 分析した成果を地域や世界に向かって情報発信する能力を培うために、その基礎となる外国語科目を学ぶとともに、IT技術、コンピューター・リテラシーが身につく教養教育科目が準備されています。
「医療・保健に関するリーダーとしての行動力」を身につけるために【行動力】
  • 医療チームの一員として必要なコミュニケーション能力を身につけるために、ガイダンス科目「チーム医療演習」が1年次に配当されており、座学では得られないコミュニケーションの力を涵養します。
  • 看護学専攻においては専門科目として「看護人間関係論(必修)」を開講し、看護の対象となる人々とのコミュニケーションの力を育み、ひいては医療チームの一員として必要なコミュニケーション能力を育もうとしています。
  • 世界に貢献できる国際感覚や言語力を身につけるために、ネイティブに学べる外国語科目を1年次に履修します。また地域住民とのコミュニケーションを図る能力を養える実習科目も一部専攻では準備されています。
  • 個人として、また、チームとして時代と社会をリードする行動力を身につけるために、卒業研究に代表される多くの演習科目の中で、スモールグループのリーダーや各種役割を担う機会が設けられています。
「健康的な生活を追い続ける自己実現力」を育成するために【自己実現力】
  • 患者や住民から信頼を寄せられるような豊かな感性と文化やスポーツを享受する姿勢を持った医療人として、生涯に亘って学び、楽しみ、自己実現をはかるために、スポーツ実習が1・2年次に行われます。
  • 参加型の実習により、学生が目指す専門職(看護職、臨床検査技師、診療放射線技師等)に身近に接することで、そうした専門職業人が享受している文化やスポーツの一端をロールモデルとして体感でき、自らの生き方の指針とできます。