大学紹介

ホーム > 大学紹介 > 岡山大学の学士課程教育(または学部教育)における方針 > 環境理工学部ディプロマポリシー

学位授与の方針(ディプロマポリシー,DP)

《 岡山大学 》 《 文学部 》 《 教育学部 》 《 法学部 》 《 経済学部 》 《 理学部 》 《 医学部 》 《 歯学部 》 《 薬学部 》 《 工学部 》 《 環境理工学部 》 《 農学部 》 《 マッチングプログラムコース 》 《 グローバル・ディスカバリー・プログラム 》

《 環境数理学科 》 《 環境デザイン工学科 》 《 環境管理工学科 》 《 環境物質工学科 》

環境理工学部ディプロマポリシー

 環境理工学部は、地球規模で拡大する環境問題に対処し、持続可能な社会を構築するため、学際的な幅広い知識を身につけ、自然と人間が調和した豊かで快適な環境を創造する能力を持つ人材の養成を行っている。
 この理念に基づく環境理工学部ディプロマポリシーは、学生が本学部を卒業するにあたって以下の学士力を習得したことを保証するものである。

人間性と洞察力に富む幅広い教養【教養】

 人間社会と自然界の調和などの多様な問題に対して関心を持ち、問題解決に向けての論理的思考力・判断力、今までの考え方・手法にとらわれない創造力を有し、人間性や倫理観に裏打ちされた学際的な教養を身につけている。

幅広い知識に支えられた深い専門性 【専門性】

 専門分野の知識・技術などを身につけ、さらに専門の枠を越えた広範な科目を修得し、それによって多面的な観点から環境問題に取り組むことができる。

問題解決のための情報収集・発信能力【情報力】

 環境問題を広く、そして深く考える視点に立ち、必要に応じて自ら情報を収集・分析し、それを問題解決に活かす能力を有するとともに、効果的に情報発信することができる。

コミュニケーション能力とそれを活かした行動力【行動力とコミュニケーション能力】

国際感覚や外国語能力と共に、様々な専門分野との学際的協力が行えるコミュニケーション能力を有し、地球規模から地域社会に至る環境問題などの解決のために的確に行動できる。

生涯に亘って学習し向上する能力【生涯学習能力と自己実現力】

 自立した個人として日々を享受する姿勢を一層高め、生涯に亘って自主的、継続的に学習を続け、持続可能な社会の実現への取り組みを通して自己の成長を追求できる。

環境数理学科ディプロマポリシー

 人間が自然と調和し、豊かな環境を作るためには、環境に関わるさまざまな現象の解析が不可欠である。そのためには対象そのものに対する理解だけでなく、解析のための理論と技術を身につける必要がある。環境数理学科では、現象解析に必要な数学、統計学、計算科学のしっかりした基礎と幅広い応用能力を身につけた研究者、技術者などの人材を養成している。
 この理念に基づく環境数理学科ディプロマポリシーは、学生が本学科を卒業するにあたって以下の学士力を習得したことを保証するものである。

幅広い教養と社会との関わり【教養】

 自然科学、社会科学および人文科学に関する知識を幅広く習得し、多面的に考える能力と人間性に裏打ちされた豊かな教養を身につけている。また、科学・技術が社会や自然に及ぼす影響を考える能力を習得している。

専門における基礎と知識    【専門性1】

 専門分野のための数理科学、自然科学、環境科学などのしっかりした基礎と幅広い知識を習得している。

数理科学の理論(数学)    【専門性2】

 偏微分方程式、力学系等の解析学、組み合わせ確率を始めとする確率論、群論や環論等の代数学、距離空間や複体等の幾何学などの数学の理論を習得している。

数理科学の理論(計算科学)    【専門性3】

 コンピュータを効率よく、また効果的に用いるために必要なプログラミング、数値解析、コンピュータシミュレーション、ビジュアリゼーションなどに関する理論と手法を習得している。

数理科学の理論(統計学)    【専門性4】

数理統計学、計算機統計学、多変量解析学などの統計学の理論を習得している。

数理科学の応用    【専門性5】

 数理科学の理論を環境問題などのさまざまな課題に適用するための方法を習得している。

問題解決力とそのための情報力【問題解決力と情報力】

 専門に関する知識に基づいて課題を発見および設定し、数理的手法を用いて問題を解析し、得られたことを論文にまとめる能力を習得している。また問題解決のための情報収集・分析能力および的確に情報発信する能力を習得している。

コミュニケーション力とそれを活かした行動力【コミュニケーション力と行動力】

 自らの考えを論理的に正しく構成し、それを正確に表現し、伝達する能力、および国際的コミュニケーションの基礎能力を習得し、それらを生かして社会の発展のために的確に行動できる。

継続的に学習し生涯に亘って自己実現する能力【自己実現力と継続的学習力】

 卒業論文などにおける学習、分析、解析、実地調査、論文作成等を通じて、自主的及び継続的に学習し、生涯に亘って自己実現できる能力を習得している。

↑ページトップへ

環境デザイン工学科ディプロマポリシー

 環境デザイン工学科は、安心して生活を営むことができる安全で持続可能な社会の構築を使命とする。これからの社会基盤や都市整備にあたっては常に環境との整合・共生が重要であるとの発想のもとに、土木工学と環境工学とを融合させた教育を行い、環境に理解のある土木技術者、もしくは土木分野の素養のある環境技術者の養成を行う。
 この理念に基づく環境デザイン工学科ディプロマポリシーは、学生が本学科を卒業するにあたって以下の学士力を習得したことを保証するものである。

技術者倫理と教養【教養1】

 人間社会と自然界の調和などの多様な問題に対して関心を持つとともに、豊かな人間性や責任感、教養を有し、技術者としての倫理観を身につけている。

数学・自然科学の基礎力【教養2】

 自然科学の知識とそれらを応用できる能力を獲得し、論理的思考力・判断力を身につけている。

環境工学及び土木工学分野の基礎力【専門性1】

 環境および土木工学分野に関する広範な専門知識・技術などを身につけ、それによって多面的な観点から人間社会の発展に取り組むことができる。

問題を発見し、課題を設定する能力【専門性2】

 幅広い視点から持続可能な社会の形成における問題を客観的に発見し、その解決のための課題を的確に設定できる。

検討・分析し結論を導く能力【情報力】

 設定した課題に対して、適切な情報を収集し、それを用いて検討・分析するとともに、的確な結論を導くことができる判断能力を身につけている。

コミュニケーション・説明能力【行動力1】

 自らの考えを他者に対して適切に伝えることができるとともに、他者の意見を真摯に聞くことにより積極的な関係を構築できる。

計画性・実行能力【行動力2】

 主体的・計画的に責任を持ってプロジェクトを遂行できるとともに、グループにおいて、リーダーシップを発揮して全体を統率できる。

知的好奇心・向上心に基づく継続的学習能力【自己実現力】

 知的好奇心・向上心をはぐくみ、それに基づき、生涯にわたって自主的・継続的に新たな知識・能力の獲得にとりくみ、自己の成長を追求できる。

↑ページトップへ

環境管理工学科ディプロマポリシー

 環境管理工学科では、自然科学的視点および社会科学的視点から、自然環境の適切な管理と資源の持続的な利用に関する幅広い教育を行う。このことにより、人間活動と豊かな自然環境の調和した地域空間を創出・管理する理論と技術に関する広範囲な知識や能力をもつ人材を育成する。
 この理念に基づく環境管理工学科ディプロマポリシーは、学生が本学科を卒業するにあたって以下の学士力を習得することを保証するための目標である。

人間性と洞察力に富む幅広い教養【教養】

 文化、社会とそれに関わる秩序、および地球上の人々と自然との相互依存関係について、また、地域および地球レベルの種々の環境問題について、理解、説明でき、かつ倫理観に裏打ちされた学際的教養を身につけている。

自然科学と社会科学に基づいた広範な知識に支えられた深い専門性【専門性】

 水・土・生物・農村社会に関わる自然科学や社会科学の広範な知識・技術を身につけ、さらに専門性の深化を図ることによって、多面的な観点から環境問題に取り組むことができる。

問題解決のための情報収集・発信能力【情報力】

 環境や地域社会の問題を広く、そして深く考える視点に立ち、必要に応じて自ら情報を収集・分析し、それを問題解決に活かす能力を有するとともに、効果的に情報発信することができる。

コミュニケーション能力とそれを活かした行動力【コミュニケーション能力と行動力】

 国際的に活動するための言語力や、様々な専門分野との学際的協力が行えるコミュニケーション能力を有し、地球規模から地域社会に至る環境問題などの解決のために的確に行動できる。

生涯に亘って学習し向上する能力【生涯学習能力と自己実現力】

生涯に亘って自主的、継続的に学習を続け、社会のニーズを考慮して自ら問題設定し、自己の内面的欲求を社会生活において実現できる。

↑ページトップへ

環境物質工学科ディプロマポリシー

 環境物質工学科では、物質変換やエネルギー変化についての理解を深め、優れた機能を持つ材料の創製や資源・エネルギーの有効利用のための新たな化学プロセスを創出し、住み易い環境造りに貢献できる人材の養成を行っている。  この理念に基づく環境物質工学科ディプロマポリシーは、学生が本学科を卒業するにあたって以下の学士力を習得したことを保証するものである。
自然との共生に関する理解力【教養1】

 広い視野と社会的な良識を持ち、環境とエネルギーの諸問題を自然と人間社会との共生の課題として考える能力を有する。

化学技術者としての倫理観と責任感【教養2】

 社会や市民生活、ならびに自然と深く関わる化学技術者として責任を理解し、物質やエネルギーの変換が環境に関わる重要性とその倫理的責任を自覚できる能力を有する。

問題解決のための基礎学力と応用能力【専門性】

 環境物質工学の基礎となる数学と物理、専門的基礎知識となる化学、材料化学、化学工学を習得し、物質やエネルギーに関わる環境問題を解決するために、学んだ知識を応用する能力を有する。

問題解決のための情報収集・発信力【情報力】

 問題解決に必要な情報を収集・分析するとともに、持続可能な社会の構築に貢献するために、得られた知見を効果的に発信する能力を有する。

相互理解のためのコミュニケーション能力【行動力】

 他の人と共同で課題を解決するために、自分の考えを論理的に相手に伝えたり、相手の考えを正確に理解し客観的に評価する能力を有する。

自ら課題を設定し解決する能力と自己啓発力【自己実現力】

 実験を計画・実行し、結果をまとめて論理的に考察できる能力を有するとともに、技術者として自分で課題を設定し、解決するためのデザイン能力を有する。また、社会へ出た後も継続的に学習を続け、常に自己啓発に努める能力を有する。