プレスリリース

ホーム > プレスリリース

<<  <  1  >  >>

16.08.17
タンパク質合成を光で制御する新技術を開発 狙ったタイミングと場所に合成を誘導
16.07.22
キイロショウジョウバエの生物タイマー機構を分子レベルで解明 タンパク質分子を砂時計の砂のように用いて時間を正確に計測
16.07.22
光合成と植物成長を向上させる葉緑体タンパク質を発見
16.07.22
「混ぜると、溶けなくなる」不思議な現象を分子レベルで解明
16.07.22
定例記者発表(7月)開催
16.07.08
イネ種子への銅輸送体タンパク質を発見
16.06.30
腫瘍融解ウイルスが骨肉腫に対する抗がん剤治療効果を増強
16.06.30
卵管の組織再構築メカニズムを解明
16.06.17
敗血症の治療法開発へ新たな道筋 血漿タンパク質HRGがカギ
16.06.17
定例記者発表(6月)開催
16.06.06
心不全の進行を抑制する分子を特定
16.06.02
メスの目移りを防ぐオスメダカ 〜恋敵に奪われないための二重の戦略〜
16.05.27
新型の超伝導体「トポロジカル超伝導体」を実験的に証明-量子コンピューターへの応用が期待-
16.05.27
定例記者発表(5月)開催
16.05.18
オオムギの休眠を制御する新たな仕組みを発見 -降雨による収穫前の発芽防止が可能に-
16.05.16
グラフェンと有機合成を同時に行う新たな合成法を発見
16.05.13
細く、しなやかな人工筋肉の大学発ベンチャーを設立
16.05.12
温泉微生物の光受容体タンパク質の構造を決定-安定化原理の解明と光遺伝学への応用-
16.05.10
味覚受容の第1段階で起こる味覚受容体の構造変化を解明
16.04.21
新規スクリーニング法を用いて抗うつ薬に悪性脳腫瘍への治療効果を発見
16.04.21
アロマフットマッサージが血圧値改善、不安軽減に効果
16.04.21
「TAFRO症候群」がキャッスルマン病と異なる疾患であることを証明-新規診断基準の確立や有効な治療法開発の糸口に-
16.04.21
定例記者発表(4月)開催
16.04.20
グラフェンの先へ 新材料でトランジスタを開発
16.04.15
極めて高活性な有機分子触媒の開発に成功-触媒使用量が数十分の一に-
16.04.11
メタボと糖尿病の発症を予防する細胞接着分子を特定

<<  <  1  >  >>