イベント(開催日順)

ホーム > イベント(開催日順) > 果物の東アジア、東南アジア輸出を促進させるための実証研究推進を目指して

果物の東アジア、東南アジア輸出を促進させるための実証研究推進を目指して

【日時】2017年6月30日(金)受付12:30~

【会場】JA岡山西本店別館会議室(倉敷市玉島八島1510-1 )

【概要】
 農林水産省が行う「革新的技術開発・緊急展開事業」地域戦略プロジェクトの実証研究型に採択されている、日本の果物を東アジア、東南アジアへ輸出するための生産技術・輸出技術研究プロジェクト(代表:岡山大学大学院環境生命科学研究科中野龍平准教授。共同実施者として5県、総研究機関数は新たに参加する機関を含め13機関)グループが岡山県の果樹研究会とともに、“果物王国・岡山”のモモとブドウの生産地において研究推進シンポジウムを行います。
 このプロジエクトは、5県や共同研究企業の先進技術を組み合わせ、生産現場における革新的技術体系の実証研究・普及を支援するとして実施しており、シンポジウムでは、農林水産省の研究の統括責任者である農林水産技術会議事務局の西郷局長の基調講演や、ブドウやモモ輸出の先進事例として、石川県、山梨県からの報告、モモの非破壊検査や高性能コンテナについての報告等が予定されています。

【対象】どなたでも参加できます。

【定員】100名

【受講料】無料

【申込方法】以下のPDFをご確認のうえお申し込みください。(締切 6月26日)

【申し込み先・問い合わせ先】
青果物輸出促進コンソーシアム事務局
〒700-8530 岡山市北区津島中1−1−1 岡山大学農学部 農産物利用学研究室内
TEL/ FAX: 086-251-8376
E-mail: chiikiH28_yusyutu@※
    ※ @の後に okayama-u.ac.jp を付加してください。

詳細はこちらをご覧ください

本件担当
本件担当
岡山大学東京オフィス SURA
TEL: 03-­6225­-2905