学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 農芸化学コース > 食品生物化学

食品生物化学 (Food Biochemistry)

機能性食品成分のケミカルバイオロジー(化学に基づいた生物学的研究)

教員

Yoshimasa NAKAMURA教 授:中村 宜督  Prof. Dr. Yoshimasa NAKAMURA
E-mail: yossan@ (@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 食品生物化学(食品機能) 
食品に含まれる機能性成分のケミカルバイオロジー
Toshiyuki NAKAMURA助 教:中村 俊之  Assis. Prof. Dr. Toshiyuki NAKAMURA
E-mail: t-nakamura@ (@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:  

主な研究テーマ

 食品の機能性は,1) 栄養,2) 嗜好(安全性),3) 健康維持(疾病予防)の3つに定義されていますが,特に3番目の健康に関する機能性に注目しています。この健康機能を担う成分である,カテキンやフラボノイドなどのポリフェノール類や含硫化合物といった非栄養性特殊成分を研究材料として,その化学的(安定性,反応性),生物学的(抗酸化,抗アレルギー,抗がん作用などの生理活性)特性を解明すること,吸収,代謝といった体内動態,代謝産物の同定やそれらの生理活性の評価を行うことを目的に研究しています。

食品の機能性に関する研究

 がんや動脈硬化といった様々な疾病に, 活性酸素或いはフリーラジカルが密接に関与し, その一方で, 食品由来の抗酸化性成分の摂取が有望な疾病予防の手段になり得るとの実験及び疫学データが蓄積されつつありますが, その基礎的研究に関する歴史はまだ浅いといえます。食品の持つ機能性は, 多様な成分の個々の機能を明らかにした上で, 成分同士或いは生体成分との相互作用を含め, 総合的に評価する必要があり, 場合によっては, 食品生産, 加工及び調理方法にまで言及する必要もあります。以上の観点から, 1)食品に含まれる機能性成分の化学的(安定性, 反応性), 生物学的(生理活性)特性を解明すること, 2)吸収, 代謝といった体内動態, 代謝産物の同定やそれらの生理活性の評価を行うこと, 3)それらが摂取量によってどのように変化するかを明らかにすること, を目的として研究を行っています。

 食品機能成分による抗がん作用

食品機能成分による抗がん作用

研究業績リスト

・Nakamura, Y., Ishii T., Abe, N., Murata, Y.: Thiol modification by bioactivated polyphenols and its potential role in skin inflammation. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78, 1067-1070 (2014)
・Qi, H., Abe, N., Zhu, B., Murata, Y., Nakamura, Y.: (-)-Epigallocatechin-3-gallate ameliorates photodynamic therapy responses in an in vitro T lymphocyte model. Phytother. Res., 28, 1486-1491 (2014)
・Abe, N., Hou, D.X., Munemasa, S., Murata, Y., Nakamura, Y.: Nuclear factor-kappaB sensitizes to benzyl isothiocyanate-induced antiproliferation in p53-deficient colorectal cancer cells. Cell Death Dis., 5, e1534 (2014)
・Tang, Y., Abe, N., Yoshimoto, M., Zhu, B., Murata, Y., Nakamura, Y.: Benzyl isothiocyanate inhibits IL-13 expression in human basophilic KU812 cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., in press (2014)
・Nakamura, Y.: Plant polyphenols as a double-edged sword in health promotion: Lessons from the experimental models using simple phenolic acids. Agri-Biosci. Monogr., in press (2015)

卒業生・修了生進路

・大学院進学(岡山大学)
・大学教員(中国,大連工業大学),公務員(岡山県等)
・製薬・化学メーカー(岡山大鵬薬品,協和発酵キリン,BIKEN,奥野製薬工業等),食品メーカー(神戸屋,サンラヴィアン,UCC等),その他(財団法人毛製品検査協会,JR西日本等)

収穫祭ポスター