学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 農芸化学コース > 生物情報化学

生物情報化学 (Chemistry of Bio-signalling)

植物を探り、植物と人に役立てる

教員

Yoshiyuki MURATA教授 :村田 芳行 Prof. Dr. Yoshiyuki MURATA
E-mail: muta@ (@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 植物生理学, 細胞生物化学
植物ホルモンシグナリングの解明, 環境ストレス耐性機構の解明
Shintaro MUNEMASA助教 :宗正 晋太郎  Assist. Prof. Dr. Shintaro MUNEMASA
E-mail: smunemasa@ (@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 植物生理学
植物の環境ストレス耐性制御機構の解明

主な研究テーマ

 植物ホルモンシグナリングと植物の環境ストレス耐性機構について研究を行なっています。植物ホルモンシグナリングの研究では,アブシジン酸、ジャスモン酸、サリチル酸が誘導する気孔閉口におけるシグナル伝達の研究を行なっています。また,環境ストレス耐性機構の研究では,塩耐性機構と重金属耐性機構に関する研究を行ない、ストレス耐性植物の作出やストレスの軽減を目指しています。

植物ホルモンのシグナリングに関する研究

 植物体内で生産され、微量で重要な生理作用を有する生長調節物質である植物ホルモンの受容から反応に至るまでの一連の過程の解明を行っている。特に、植物の乾燥ストレス応答、傷害応答、感染応答などに深く関与するアブシジン酸、ジャスモン酸、サリチル酸が誘導する気孔閉口の機構の解明を中心に研究を行っている。

気孔閉口

植物の環境ストレス耐性に関する研究

 植物は、移動することが不可能なため、その生育環境の変化を受け入れ、応答し、生育している。しかし、これら生育環境の変化が極めて大きい場合、植物の生育を妨げるストレスとなる。このような環境ストレス、特に乾燥ストレス、塩ストレス、重金属ストレスに対する耐性の機構の解明を行ってい、耐性植物の作出やストレス軽減を目指している。また、植物による環境浄化に関する研究も行っている。

植物の環境ストレス耐性

 

研究業績リスト

・Islam, M. M., Munemasa, S., Hossain, M. A., Nakamura, Y., Mori, I. C., and Murata, Y. (2010) Roles of AtTPC1, Vacuolar Two Pore Channel 1, in Arabidopsis Stomatal Closure. Plant Cell Physiol. 51, 302-311.
・Jammes, F., Song, C., Shin, D., Munemasa, S., Takeda, K., Gu, D., Cho, D., Lee, S., Giordo, R., Sritubtim, S., Leonhardt, N., Ellis, B. E., Murata, Y., and Kwak, J. M. (2009) Two MAP kinases, MPK9 and MPK12, are preferentially expressed in guard cells and positively regulate ROS-mediated ABA signaling. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 106, 20520-20525.
・Islam, M. M., Tani, C., Watanabe-Sugimoto, M., Uraji, M., Jahan, M. S., Masuda, C., Nakamura, Y., Mori, I. C., and Murata, Y. (2009) Myrosinases, TGG1 and TGG2 redundantly function in ABA and MeJA signaling in Arabidopsis guard cells. Plant Cell Physiol., 50, 1171-1175.
・Saito, N., Munemasa, S., Nakamura, Y., Shimoishi, Y., Mori, I. C. and Murata, Y. (2008) Roles of RCN1, regulatory A subunit of protein phosphatase 2A, in methyl jasmonate signaling and signal crosstalk between methyl jasmonate and abscisic acid. Plant Cell Physiol., 49, 1396-1401.
・Munemasa, S., Oda, K., Watanabe-Sugimoto, M., Nakamura, Y., Shimoishi, Y. and Murata, Y. (2007) The coi1 Mutation Reveals the Hormonal Signaling Interaction Between ABA and MeJA in Arabidopsis Guard Cells: Specific Impairment of Ion Channel Activation and Second Messenger Production. Plant Physiol., 143, 1398-1407.

卒業生・修了生進路

・ 大学院進学
・ 食品メーカー, 化粧品メーカー, 医薬メーカー, 化学メーカー, 機械メーカー
・ 公務員
・ 研究員(海外)
・ 陶芸家
・ ベンチャー起業

外部リンク

研究室ホームページ

収穫祭ポスター