学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 応用植物科学コース > 農産物利用学

農産物利用学 (Postharvest Agriculture)

農産物の収穫後生理と流通・貯蔵技術の開発

教員

Ryohei NAKANO准教授: 中野 龍平 Assoc. Prof. Dr. Ryohei NAKANO
E-mail: rnakano@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
園芸利用学,植物生理学
農産物の成熟・老化機構の分子生物学的解析

主な研究テーマ

 農産物の収穫後の成熟・老化機構及び貯蔵中の代謝生理の解明とその制御による鮮度保持技術の開発を目標にした研究を行っている。研究には植物生理学的基礎に基づき,主として生理化学的手法,及び分子生物学的手法を用いている。ここ数年はトマト,バナナ,セイヨウナシ,アボカドなどの果実を用いて,成熟・老化の支配的要因となっている植物ホルモンであるエチレンの生合成及び作用メカニズムの内的調節について関連酵素の活性及び遺伝子発現の面から検討を進めている。また,カキ果実の成熟・軟化機構の研究を発展させ,有孔ポリ袋を用いたカキ果実の流通中の軟化防止技術(特許出願中)を確立している。

カキ果実の軟化現象の原因解明とその抑制法の開発

 収穫後のカキ果実の早期軟化は, 水ストレスにより誘導されるエチレンに起因することを見いだし, 有孔ポリ袋を用いたカキ果実の流通中の軟化防止技術(特許出願中)を確立し, 簡単・安全・安価な品質保持技術を開発した。

画像1

改良段ボール箱  慣行段ボール箱
(収穫後14日目)

研究業績リスト

・Owino, W. O., R. Nakano, Y. Kubo and A. Inaba. (2002) Differential regulation of genes encoding ethylene biosynthesis enzymes and ethylene response sensor ortholog during ripening and inresponse to wounding in avocados. J. Amer. Soc. Hort. Sci., 127, 520-527
・Kubo, Y., Y. Xue, A. Nakatsuka, F. M. Mathooko, A. Inaba and R. Nakamura (2000) Expression of a water stress-induced polygalacturonase gene in harvested cucumber fruit. Japan. Soc. for Hort. Sci. 69: 273-279
・Liu, X., S. Shiomi, A. Nakatsuka, Y. Kubo, R. Nakamura and A. Inaba (1999) Characterization of ethylene biosynthesis associated with ripening in banana fruit. Plant Physiol. 121: 1257-1265
・Shiomi, S., M. Yamamoto, R. Nakamura and A. Inaba (1999) Expression of ACC synthase and ACC oxidase genes in melons harvested at different stages of maturity. Japan. Soc. Hort. Sci. 68: 10-17
・Mathooko, F. M., M. W. Mwaniki, A. Nakatsuka, S. Shiomi, Y. Kubo, A. Inaba and R. Nakamura (1999) Expression characterization of CS-ACS1 , CS-ACS2 and CS-ACS3 , three members of the 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase gene family in cucumber (Cucumis sativus L.) fruit under carbon dioxide stress. Plant and Cell Physiology 40: 164-172

卒業生・修了生進路

・大学院進学(岡山大学)
・食品メーカー
・公務員(岡山県), 高校教員

収穫祭ポスター