学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 応用植物科学コース > 農産物生理学

農産物生理学 (Postharvest Physiology)

農産食品の成熟・老化機構に関する生理学的および分子生物学的解析

教員

Yasutaka KUBO教授: 久保 康隆 Prof. Dr. Yasutaka KUBO
E-mail: ykubo@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:園芸利用学,植物生理学
農産食品の成熟・追熟機構に関する生理学的及び分子生物学的解析とその応用の研究
Koichiro USHIJIMA准教授: 牛島 幸一郎 Assoc. Prof. Dr. Koichiro USHIJIMA
E-mail: ushijima@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:植物遺伝学,植物育種学

主な研究テーマ

 農産物の流通・貯蔵中の量的および質的損失は膨大な量に上っている。この問題を解決する基礎として, 農産物生理学ユニットでは, 果実や野菜の成熟・老化機構と種々の流通・貯蔵環境に対する生理的反応について, 関連する因子を網羅的に解析するプロテオーム解析やDNAアレイ技術, 変異体解析や遺伝子組換え技術などを駆使して研究を進めている。果実研究を目的とした国際トマトゲノム計画に関連して国内外の研究室と積極的に共同研究を行っている。

エチレン生成と果実成熟機構との関係

 果実成熟メカニズムを解明するために, 果実成熟の支配的要因であるエチレンに注目し,エチレンの作用をとめるように遺伝子組換えしたトマトを作成し, その生合成や情報伝達系に関与する遺伝子のクローニングや発現解析を行い,流通特性が改善された遺伝子組み換え作物作成に向けて研究を進めている。

画像1

遺伝子組み換えトマト(花弁が落ちない)

画像2

研究業績リスト

・Harima, S., R.Nakano, S. Yamauchi, Y. Kitano, Y. Yamamoto, A. Inaba, and Y.Kubo. (2003) Extending shelf-life of astringent persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit by 1-MCP. Postharvest Biol. Technol., 29, 318-323
・Hiwasa, K. R. Nakano, A. Inaba and Y. Kubo. (2003) Ethylene is required for both theinitiation and progression of softening in pear (Pyrus communis L.) fruit. J. Exp. Bot., 54, 771-779
・Nakano, R., E. Ogura, Y. Kubo and A. Inaba. (2003) Ethylene biosynthesis in detached young persimmon fruit is initiated in calyx and modulated by water loss from the fruit. Plant Physiol., 131, 276-286
・Hiwasa, K, J. K.C. Rose, R. Nakano, A. Inaba and Y. Kubo. ( 2003) Differential expression of seven expansin genes during growth and ripening of pear fruit. Physiol. Plant., 117, 564-572
・Ushijima, K., H. Sassa, A. M. Dandekar, T. M. Gradziel, R. Tao, and H. Hirano (2003) Structural and Transcriptional Analysis of the Self-Incompatibility Locus of Almond: Identification of a Pollen-Expressed F-Box Gene with Haplotype-Specific Polymorphism. Plant Cell, 15, 771-781

卒業生・修了生進路

・大学院進学(岡山大学)
・食品メーカー
・公務員(岡山県), 高校教員

収穫祭ポスター