学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境生態学コース > 昆虫生態学

昆虫生態学 Insect Ecology

昆虫生態学HP

教員

Kazuo_TAKAHASHI准教授:高橋 一男 Assoc. Prof. Dr. Kazuo TAKAHASHI
E-mail: kaz_tak@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 進化生物学

主な研究テーマ

ショウジョウバエは主に遺伝学や発生学の分野において、約100年に渡ってモデル生物として研究が行われてきた昆虫です。現在では、多分野における研究成果の蓄積と多様な組み換え系統の存在により、生態学や進化生物学の分野においても非常に有用な研究材料となり得ます。本研究室では、主にショウジョウバエを研究材料として用い、昆虫生態学的課題に取り組んでいます。

ショウジョウバエを研究材料にした生態遺伝学的研究

ゲノムが解読され、様々な突然変異系統が利用可能なショウジョウバエは、生態学的現象の遺伝基盤の解明に適した生物です。本研究室ではRNA干渉法や突然変異系統を用いて、ショウジョウバエの歩行活動、飛翔行動、寿命、発育期間、性的二型、剛毛数、翅形態など、行動・生活史・形態形質の遺伝的制御機構の解明に取り組んでいます。

nougaku0405_img01
進化的キャパシターの探索とその機能の解明

遺伝的変異は、変動する環境における生物の適応に不可欠であると考えられています。生物の自然集団における遺伝変異の維持機構は長年研究されて来ましたが、近年、進化的キャパシターの果たす役割が注目されています。進化的キャパシターは、遺伝的・環境的撹乱を緩衝し、突然変異を隠蔽変異として集団中に蓄積する機能を持つ機構と考えられています。現在のところ、進化的キャパシターの候補遺伝子と考えられているのは、分子シャペロンの一つであるHsp90のみです。本研究室では、新規の進化的キャパシター候補遺伝子の探索と、その機能の解明を目指して研究を行っています

nougaku0405_img02
寄生蜂と宿主との相互作用

昆虫の中には、捕食寄生者と呼ばれるグループの昆虫が存在しており、その種数は地球上の全生物種の10%以上を占めると言われています。捕食寄生者は、宿主を死に至らしめるため、害虫管理における天敵防除にも有効な生物と考えられています。本研究室では、ショウジョウバエと、その捕食寄生者である寄生蜂の関係に着目し、ショウジョウバエの寄生抵抗性、寄生蜂の寄主選択や産卵行動などについて、生態学的な意義の評価や、遺伝基盤の解明を目指して研究を行っています。

最近の主な業績

  • Kazuo H. Takahashi*. Novel genetic capacitors and potentiators for the natural genetic variation of sensory bristles and their trait-specificity in Drosophila melanogaster. Molecular Ecology, 24: 5561-5572. 2015
  • Baku Takahara and Kazuo H. Takahashi*. Genome-wide association study on male genital shape and size in Drosophila melanogaster. PLoS ONE, 10: e0132846. 2015
  • Kazuo H. Takahashi* and Wolf U. Blanckenhorn. Effect of genomic deficiencies on sexual size dimorphism through modification of developmental time in Drosophila melanogaster. Heredity, 115: 140-145. 2015
  • Yasukazu Okada, Kohei Teramura and Kazuo H. Takahashi*. Heat shock proteins mediate trade-offs between early-life reproduction and late survival in Drosophila melanogaster. Physiological Entomology, 39: 304-312. 2014
  • Masahiro Tsujino and Kazuo H. Takahashi*. Lack of response to artificial selection on developmental stability of partial wing shape components in Drosophila melanogaster. Genetica, 142: 177-184. 2014
  • Kazuo H. Takahashi, Kouhei Teramura, Shinya Muraoka, Yasukazu Okada, Takahisa Miyatake*. Genetic correlation between the pre-adult developmental period and locomotor activity rhythm in Drosophila melanogaster. Heredity, 110: 321-320. 2013
  • Kazuo H. Takahashi*. Multiple capacitors for natural genetic variation in Drosophila melanogaster. Molecular Ecology. 22: 1356-1365. 2013
  • Kazuo H. Takahashi*, Yasukazu Okada, Kouhei Teramura. Deficiency screening for genomic regions with effects on environmental sensitivity of the sensory bristles of Drosophila melanogaster. Evolution, 66, 2878-2890. 2012
  • Masahiro Tsujino and Kazuo H. Takahashi*. Natural genetic variation in fluctuating asymmetry of wing shape in Drosophila melanogaster. Ecological Research, 27: 133-143. 2012
  • Kazuo H. Takahashi*, Yasukazu Okada, Kouhei Teramura and Masahiro Tsujino. Deficiency mapping of the genomic regions associated with effects on developmental stability in Drosophila melanogaster. Evolution, 65: 3565-3577. 2011

収穫祭ポスター