学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 学部長からのメッセージ

農学部長からのメッセージ

人類の持続可能な発展を根幹から支える農学

 農学は,生物資源の多面的価値を理解するとともに,それらを食料生産や自然環境の保全に応用し,人類の持続可能な発展を根幹から支える学問です。現在,人類は人口増加と人間活動が惹起する食料,環境,エネルギー問題に直面していますが,これらの問題は農学と深く関わっています。このため,人類の恒久的発展の鍵を農学が握っているともいえます。

 岡山大学農学部は,持続可能な開発目標 (SDGs) を見据え,幅広い領域で活躍できる人材育成を目指した教育・研究体制を創り上げています。1年次では1学科体制のメリットを生かして農学全般の基礎知識を習得し,2年次からは4つのコース(農芸化学,応用植物科学,応用動物科学,環境生態学)のいずれかに進み,専門知識の習得と応用力を養います。それぞれのコースは,特徴的な専門性を活かしつつ,分子・遺伝子レベルのミクロサイエンスからフィールドレベルのマクロサイエンスに至る多様な研究分野で構成されています。教育・研究の場も講義室や実験室に留まらず,附属山陽圏フィールド科学センター,津高牧場,キャンパスの借景でもある半田山に展開されています。

岡山の地は,「豊かな水と緑」を育む中国山地と「穏やかな気候」を生み出す瀬戸内海に囲まれていることから,多様な農業を発展させてきた歴史があります。また,東国と西国の文化が往来することから学問研究への感性が磨かれてきた土地柄でもあります。美しい自然と多彩な歴史に育まれた岡山大学農学部で,「人類の持続的発展を担う農学」を一緒に切り拓いて行きましょう。


岡山大学農学部長  木村 吉伸
 

農学部長

岡山大学農学部長
木村 吉伸