学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 学部長からのメッセージ

農学部長からのメッセージ

人類の未来を支える農学

 農学の役割は,自然環境を保全しながら,人類が持続的な発展を維持するための食料を安定供給することです。現在人類は,食料,環境,人口,エネルギーなど,農学と深く関わる問題を抱えています。これらの問題を解決するためには,広範囲の基礎知識をベースとした多様かつ高度な専門的知識が要求されます。


 岡山大学農学部では,多様化する社会のニーズに対応し,幅広い領域で応用力を発揮できる人材を育成するために,1年次では農学の基礎知識を広く修得し,2年次から順次,それぞれの専門分野に進む1学科体制を導入しています。農芸化学,応用植物科学,応用動物科学ならびに環境生態学の4つのコースは,農学に関連する多様な研究分野を網羅しており,各コースにおいても遺伝子レベルからフィールドにいたる様々な研究が行われています。学びの場は,講義室や実験室だけでなく,農学部に隣接した附属山陽圏フィールド科学センター,津高牧場,キャンパスの背景となっている半田山など,充実した環境で実験や実習,調査を行っています。秋には学部祭である収穫祭と我々の教育・研究を紹介する農学部フェアを開催して地域社会との交流を深めています。


 岡山県は白桃が開発された地として有名ですが,黒毛和牛のルーツとなる系統牛や国産初の耕うん機などの発祥の地でもあり,日本農業の発展に多大な貢献をしてきました。このような歴史と温暖な気候,豊かな山,海,里,さらには交通アクセスに恵まれた岡山大学農学部で,私たちと一緒に未来の農学を切り拓いてみませんか。


岡山大学農学部長  門田 充司
 

農学部長

岡山大学農学部長
門田 充司