弥生土器 甕形土器

鹿田遺跡出土
(弥生時代後期)



 吉備甕・ボウフラと呼ばれる煮沸用の鍋。内面には指頭状の圧痕が残り、さらにケズリがなされる。器壁は約3mmから4mmと非常に薄い。口径等に規格性があることから、大量生産された土器ではないかという説もある。

  



  1. 名称       弥生土器 甕形土器
  2. 調査地点     鹿田遺跡第1次
  3. 調査年度     1988
  4. 帰属年代     弥生時代後期後半
  5. 出土状況     井戸10出土
  6. 型式
  7. 計測値      口径15.1cm・器高23.4cm・底径5.1cm       
  8. 材質       土器
  9. 特徴       外面ハケメの後ミガキ、内面は指頭状の圧痕後ケズリ
  10. 掲載文献     鹿田遺跡 I
  11. 収蔵・展示情報  展示中
  12. 特記事項     
  13. 画像出典     センター蔵資料
  14. 作成者      小林青樹

[画像データベースのページへ]  [埋文センターのホームページへ]

Last update/1996.08.24