津島岡大遺跡(学寮)
(縄文後期〜晩期)



石製指輪。石材は不明。丁寧に磨いて作られる。指にはめて使用する装身具であるが、この指輪は直径が小さく,成人女性の小指にも入らない。

  



  1. 名称       石製指輪
  2. 調査地点     
  3. 調査年度     1986
  4. 帰属年代     縄文時代後期〜晩期
  5. 出土状況     15〜13層(縄文。河道埋土内)
  6. 型式
  7. 計測値      最大長 1.8cm,最大幅 1.8cm,最大厚 5.0mm
  8. 材質       石材は不明
  9. 特徴       
  10. 掲載文献     津島岡大遺跡3
  11. 収蔵・展示情報  展示中
  12. 特記事項     
  13. 画像出典     センター蔵資料
  14. 作成者      小林青樹・野崎貴博

[画像データベースのページへ] [埋文センターのホームページへ]

Last update/1997.02.19