赤漆塗り竪櫛

津島岡大遺跡出土
(縄文時代後期前葉)



 漆を塗った木製の竪櫛である。頭の一部と歯のほとんどを欠損しているが、板状の木材から歯を刻み出して形作り、漆を塗って仕上げている。

  



  1. 名称       赤漆塗り竪櫛
  2. 調査地点     津島岡大遺跡第5次
  3. 調査年度     1988
  4. 帰属年代     縄文時代後期前葉
  5. 出土状況     貯蔵穴(SP2)出土
  6. 型式
  7. 計測値      現存長1.9cm 幅3.5cm 厚さ0.7cm 重さ3.6g       
  8. 材質       木製
  9. 特徴       残存部で歯が14本、横位のヒゴが固定される結歯式。水銀朱塗布。
  10. 掲載文献     津島岡大4
  11. 収蔵・展示情報  収蔵・保管中
  12. 特記事項     
  13. 画像出典     センター蔵資料
  14. 作成者      小林青樹

[画像データベースのページへ]  [埋文センターのホームページへ]

Last update/1996.08.24