縄文土器 深鉢形土器

津島岡大遺跡出土
(縄文時代後期前葉)



 三単位波状口縁の深鉢で、胴部が朝顔型に開く。胴部には沈線文を有する。文様の構成や器形は東日本の加曽利B1式土器に類似するが、おそらく東海または北陸系の土器であろう。

  



  1. 名称       縄文土器 深鉢形土器
  2. 調査地点     津島岡大遺跡第5次
  3. 調査年度     1988
  4. 帰属年代     縄文時代後期前葉
  5. 出土状況     包含層(25a層)出土
  6. 型式
  7. 計測値      口径21.9cm       
  8. 材質       土器
  9. 特徴       三単位波状口縁、胴部には沈線文
  10. 掲載文献     津島岡大4
  11. 収蔵・展示情報  展示中
  12. 特記事項     
  13. 画像出典     センター蔵資料
  14. 作成者      小林青樹


[画像データベースのページへ]  [埋文センターのホームページへ]

Last update/1996.08.24