縄文土器 深鉢形土器

津島岡大遺跡出土
(縄文時代後期前葉)



 低い波状口縁をもつ深鉢形土器である。縄文時代も後期になると全体的に器壁は薄くなり、外面の文様も簡素なものとなっている。内外面には炭化物が厚く付着しており、ドングリ等を大量に調理消費するために使われたと考えられている。

  



  1. 名称       縄文土器 深鉢形土器
  2. 調査地点     津島岡大遺跡第5次
  3. 調査年度     1988
  4. 帰属年代     縄文時代後期前葉
  5. 出土状況     貯蔵穴(SP1)出土
  6. 型式 後期第4群
  7. 計測値      口径32.7cm 器高 cm 底径4.8cm       
  8. 材質       土器
  9. 特徴       頸部ミガキ、胴上半部縄文LR
  10. 掲載文献     津島岡大4
  11. 収蔵・展示情報  展示中
  12. 特記事項     
  13. 画像出典     センター蔵資料
  14. 作成者      小林青樹

[画像データベースのページへ]  [埋文センターのホームページへ]

Last update/1996.08.24