弥生土器 長頸壷

津島岡大遺跡出土
(写真左端 弥生時代後期初頭)



 津島岡大遺跡第10次調査において土坑の中から完形の高坏・甕などとともに出土した弥生時代後期初頭に属する細頸壷形土器。へらで丁寧に磨かれた外面には淡く赤彩が残っており、特に弧状に描かれた5つの赤彩文様は当時の優美な姿を彷彿させる。同タイプの最古段階のものである。

  



  1. 名称       弥生土器 長頸壷
  2. 調査地点     津島岡大遺跡第10次
  3. 調査年度     1993
  4. 帰属年代     弥生時代後期初頭
  5. 出土状況     土坑17
  6. 型式
  7. 計測値      口径9.0cm 器高19.9cm 底径5.1cm       
  8. 材質       胎土 細砂少・概ね精良。
  9. 特徴       五脚文を朱彩。外面にミガキ。灰橙褐色。
  10. 掲載文献     年報11   津島岡大遺跡11
  11. 収蔵・展示情報  収蔵・整理中
  12. 特記事項     ミニチュア土器、分銅形土製品と共伴
  13. 画像出典     年報11 巻頭カラー
  14. 作成者      山本悦世

[画像データベースのページへ]  [埋文センターのホームページへ]

Last update/1996.08.24