岡山大学埋蔵文化財調査研究センター

〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1 Phone/Fax 086-251-7290



岡山大学構内遺跡について

 岡山大学の構内遺跡は、津島、鹿田の両キャンパスにおいて、それぞれ津島岡大遺跡鹿田遺跡として知られています。埋蔵文化財調査研究センターでは、これまでに建物の新築や改築に先立って津島で34次、鹿田で23次に及ぶ発掘調査を行ってきました。
 当センターにおいては、大学構内における掘削を伴う工事に際して、事務局施設部企画課を通じて事務手続きを行った上で、発掘調査・試掘調査・立会調査にわけて調査を実施しています。これまでのところ、その調査の対象は津島地区と鹿田地区とが中心です。とくに鹿田地区は周知の遺跡(鹿田遺跡)として、掘削を行う工事に際し、届け出を提出した上で対応を行っています。また、津島地区においても、新たな遺跡の確認が進んでいることから、遺跡の名称を「津島岡大遺跡」と総称し、届け出の有無にかかわらず、少なくとも立会調査を実施しています。


鹿田遺跡        津島岡大遺跡


















[埋文センターのホームページへ]


Last update/2014.2.27