岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経制御学講座 神経情報学

出来事 
EventsEvents.htmlEvents.htmlEvents.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1
業 績
PublicationsPublications.htmlPublications.htmlPublications.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1
教 育
EducationsEducation.htmlEducation.htmlEducation.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1
HOMEBrainsciHP.htmlBrainsciHP.htmlshapeimage_4_link_0
What’s NEWshapeimage_5_link_0
STAFFSTAFF.htmlSTAFF.htmlshapeimage_6_link_0
研究テーマResearchResearch.htmlResearch.htmlResearch.htmlshapeimage_7_link_0shapeimage_7_link_1
 

What's NEW 2015

◆3月25日付 笠原恭輔 :学位が授与されました


お祝い会 「アペティート」



◆2015年3月23日 中野君送別会 「 梅蘭」










◆2015年2月25日(水) 18:00 -  管理棟8階第11カンファレンスルーム にて  岡山脳研究セミナー実行委員会開催


◆2015年2月 ワインパーティー

          




◆特別講義を開催しました   

    2015年2月20日(火)17:00 - 19:00  特別講義 を開催

「タンパク質酸化修飾とパーキンソン病 〜酸化修飾誘発因子と抑制因子〜」

 中曽 一裕先生 (鳥取大学医学部病態解析医学講座統合分子医化学分野・准教授)

     
パーキンソン病をはじめとしていくつかの神経変性疾患において病因・病態と異常タンパク質の凝集および分解異常の関連が議論されています.中曽一裕先生は,パーキンソン病におけるドパミン神経細胞死のメカニズムについて,特にα-synuclein,抗酸化因子と神経細胞死の関係を中心に,基礎・臨床の両面から研究されている神経分子生物学者であり神経内科医です.本講義では,タンパク質の酸化修飾とパーキンソン病との関連,特に酸化修飾因子と抑制因子について,中曽先生の最近のご研究成果を中心に講義していただきました.