Department of Pathology & Experimental Medicine

Graduate School of Medicine, Dentistry and

Pharmaceutical Sciences

Okayama University

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

病理学(免疫病理/第一病理)

ホームHOME.htmlHOME.htmlshapeimage_2_link_0
EnglishTOP.htmlTOP.htmlshapeimage_4_link_0
交通アクセスAccess.htmlAccess.htmlshapeimage_5_link_0
 

病理学とは病気を知る学問で、病気の原因や成り立ちを科学的に解明しようとするものです。

 病気の本質を理解するためには、患者さんの検体を研究するだけでは不十分で、人体ではできない研究を動物実験などで行い因果関係を実証することが不可欠です。実験なしに病気の原因を突き止めることはできません。このため、病理には人体病理学と基礎病理学という2つの柱があります。この2つの研究が相まって、初めて病気の本態が理解できます。

トピック

Copyright © 2009  Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences Okayama University. All rights reserved

日本病理学会

「医者をやるなら病理を知らなくちゃ」Pathology_files/recruite0708_1.pdf

病理学とは

病理医とはPathologist.htmlPathologist.htmlshapeimage_12_link_0
病理診断Diagnosis.htmlDiagnosis.htmlshapeimage_13_link_0
病理専門医Specialist.htmlSpecialist.htmlshapeimage_14_link_0

病理学は、ヒポクラテスの体液病理学の提唱に始まり、臓器・組織の肉眼所見(人体解剖)、組織所見の形態的機能変化を通して、疾患の本体追究を行ってきました。その過程で、細菌学、ウイルス学、寄生虫学、法医学などが独立し、それぞれ独自の学問が発展しています。

 19世紀以降、近代科学・技術の飛躍的発展により、病理学に生化学的、分子生物学的手法が導入され、臨床医学からの情報とあわせて、疾患の原因が組織・細胞から蛋白質・遺伝子レベルで解析されるようなり、「形態の変化は分子レベルの異常による」ことがわかってきました。

 病理学は基礎と臨床にまたがった間口の広い学問といえます。

Pathology = pathos + logos

pathos:病気 logos:学問

医学の祖:ヒポクラテス

体液病理学を唱える

研究内容Research_1.htmlResearch_1.htmlshapeimage_16_link_0
スタッフStaff.htmlStaff.htmlshapeimage_17_link_0
業績Paper_2017.htmlPaper_2017.htmlshapeimage_18_link_0
病理と病理医shapeimage_19_link_0

Department of Pathology & Experimental Medicine, Okayama University

トピック

病理と病理医

フォトアルバムAlbum-2017/Album-2017.htmlAlbum-2017/Album-2017.htmlshapeimage_21_link_0
病理と女性医師Female_Doctor_1.htmlFemale_Doctor_1.htmlshapeimage_22_link_0
教室への質問Inquiry_1.htmlInquiry_1.htmlshapeimage_23_link_0
インターンシップEducation_2.htmlEducation_2.htmlshapeimage_24_link_0
学生教育Education_1.htmlEducation_1.htmlshapeimage_25_link_0
バーチャルスライドEducation_3.htmlEducation_3.htmlshapeimage_26_link_0
からだを守る炎症反応Inflammation_1.htmlInflammation_1.htmlshapeimage_27_link_0
リンクLink.htmlLink.htmlshapeimage_28_link_0
ごあいさつMessage.htmlMessage.htmlshapeimage_29_link_0