Department of Pathology & Experimental Medicine

Graduate School of Medicine, Dentistry and

Pharmaceutical Sciences

Okayama University

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

病理学(免疫病理/第一病理)

ホームHOME.htmlHOME.htmlshapeimage_2_link_0
EnglishTOP.htmlTOP.htmlshapeimage_4_link_0
交通アクセスAccess.htmlAccess.htmlshapeimage_5_link_0
 

私たちの周りには無数の病原微生物がいます。微生物が生体に侵入すると、炎症反応が発動されて異物の除去が行われます。炎症反応は私たちが生きていく上で必須の生体防御反応です。異物排除に働くエフェクター細胞は白血球であり、その局所への浸潤は様々な炎症メディエーターや関連分子の動的な協調下に行われます。局所に浸潤した白血球は種々の酵素や活性酸素・フリーラジカルで異物を貪食・消化します。しかし、炎症反応は自己の組織・細胞に対しても有害で、その過剰なあるいは不適切な発現は難治性の慢性炎症疾患、動脈硬化、糖尿病、発がんなどに関与します。私たちの教室では、様々な疾患や病態モデルの解析を通して炎症の分子基盤と炎症メディエーターによる組織・細胞傷害機構を明らかにし、EBM (evidence based medicine)に基づく新規治療法開発を目指しています。

研究内容

Copyright © 2009  Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences Okayama University. All rights reserved

研究概要

研究テーマResearch_2.htmlResearch_2.htmlshapeimage_10_link_0
研究手法Research_3.htmlResearch_3.htmlshapeimage_11_link_0

研究内容

スタッフStaff.htmlStaff.htmlshapeimage_12_link_0
業績Paper_2017.htmlPaper_2017.htmlshapeimage_13_link_0
病理と病理医Pathology.htmlPathology.htmlshapeimage_14_link_0

Department of Pathology & Experimental Medicine, Okayama University

トピック

トピック

フォトアルバムAlbum-2017/Album-2017.htmlAlbum-2017/Album-2017.htmlshapeimage_17_link_0
病理と女性医師Female_Doctor_1.htmlFemale_Doctor_1.htmlshapeimage_18_link_0
教室への質問Inquiry_1.htmlInquiry_1.htmlshapeimage_19_link_0
インターンシップEducation_2.htmlEducation_2.htmlshapeimage_20_link_0
学生教育Education_1.htmlEducation_1.htmlshapeimage_21_link_0
バーチャルスライドEducation_3.htmlEducation_3.htmlshapeimage_22_link_0
からだを守る炎症反応Inflammation_1.htmlInflammation_1.htmlshapeimage_23_link_0
ごあいさつMessage.htmlMessage.htmlshapeimage_24_link_0
リンクLink.htmlLink.htmlshapeimage_25_link_0
臨床研究Research_4.html