nano LC-MS/MSによる受託プロテオーム解析

In gel digestion法、In Solution digestion法を用いて、ペプチドに断片化した目的タンパクを、MS/MS解析(検出されたピークを自動的にMS/MS)後、Agilent Spectrum Mill検索ソフトによるタンパク質同定を行います。
 この解析システムでは、複数ペプチドの MS/MSデータを自動検索するため、タンパク質同定の信頼性は極めて高くなります。なお、データベース(最新のNCBInr, SwissProt )に登録されていない配列は、タンパク質同定ができません。また、調製済みのサンプル持込となっていますので、あらかじめご了承下さい。

予約方法       :担当者に予約状況を確認して予約してください。依頼書の提出が必要。
                田丸聖治
           内線:7472
           E-Mail:ktamaru@md.okayama-u.ac.jp

           依頼書1(pdf)
 --------------------------------------------------------------------------------------------
 使用料金       :サンプル    15,000円/1サンプル
               検索        200円/1時間
               サンプル容器   100円/1本
--------------------------------------------------------------------------------------------
 
使用分析装置   :Agilent 1100LC/MSD Trap XCT Ultra (HPLC-Chip-MS)
                      カラム=Zorbox 300SB-C18(43mm×75μm,5μm)
                      エンリッチメントカラム= Zorbox 300SB-C18(40nL,5μm)
 サンプル     :溶液(トリプシン等でペプチドに断片化した物)※1
 必要サンプル量 10fmol以上(液量で、最低10μL 以上、また注入量の3倍以上必要、5μL注入の場合
             20μL程度)※2


          ※1 サンプルの調製方法はこちら(Agilentのキットを用いた場合)
                ◆英語(Agilent Protein In-Gel Tryptic)キット添付説明書(pdf)
                ◆日本語(ゲル内消化、液中消化)(pdf)
          ※2 注入量の3倍以上ないサンプルは、原則として受け付けません。

         ★分析例(BSA10fmol)


Agilent 1100LC/MSD Trap XCT Ultra (HPLC-Chi--MS)