ごあいさつ
園の紹介
園の想い
園の1日
1年の行事
入園案内
青桐会活動
お知らせ
研究について
岡山大学教育学部の附属幼稚園として、教育学部と密接な協力の下に、幼児教育の理論及び指導方法の実験的研究を行います。
本学学生の教育実習の場としてその指導を行います。
県下幼稚園の研修の場としてその指導を行います。





地域の幼稚園のモデル園として教育の質の向上を先進的に研究・試行します。

岡山大学教育学部の学生を中心に、教育実習の場として、次代への夢を託す職員を養成します。

岡山大学教育学部の附属小学校・附属中学校の生徒と様々な行事などを通して交流を行います。



クラスの子どもたちと一緒に1日の生活をしていただく保育参加や、参観日・園外保育・カレーパーティ・絵本の読み聞かせなどのボランティア・親子の野菜作りや誕生会の参加など、子どもたちと関わる機会を多く設けています。また、園長・副園長の教育講演会では、子育てについての話を聞いていただいています。更に、幼稚園通信や懇談・降園時の話などを通して、園での子どもの様子をお伝えしたり、家庭での様子をお聞きしたりして保護者との連携を図っています。このようにして、子どもの発達や幼稚園教育の理解を深め、共に子どもを育てていこうという意識を高めていただき、子どもたちのより良い成長を目指していきたいと願っています。


子どもたちが自然体験のために園外保育に行く「幣立山」の整備をし、一緒に遊んでくださる門田文化町の方々、専門的な知識を生かして子どもたちに野菜の育て方や木工の仕方を教えてくださる野菜や木工の先生方、お月見会やお餅つきなどの伝統行事のお手伝いをして、一緒に楽しんでくださる地域の方々、子どもたちの安全を守るために、パトロールをしてくださっている三勲学区交通安全協議会・交通安全母の会の方々、登降園時に声を掛けてくださる近所の方々など、多くの方々に温かい支援をいただいています。子どもたちは地域の方々とのふれ合いを通して、心豊かに成長しています。