分子毒性薬科学 有元研究室

岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 臨床応用薬学講座 医薬品安全性学分野

岡山大学 応用薬学基幹研究分野 環境因子応用解析学

                                       English version here


准教授 有元 佐賀惠 (小林 佐賀惠) 
 (Dr. Sakae Arimoto - Kobayashi)

1. 研究テーマ 研究内容

発がん予防とその機構研究

発癌性物質と太陽光による遺伝子傷害の機構を明らかにする

光反応により放出される活性酸素やNOラジカル・アルキルラジカルによる遺伝子損傷・シグナル伝達異常研究

DNA損傷をLCMSMS高感度に検出し、変異や発がんにつながる機構を明らかにする

 

2. 研究チーム 

20180323卒業式

 

3. トピックス

1回全国さるなしサミット (2017730日福島県) 基調講演に招かれました

55回 日本薬学会中国四国支部学術大会 高校生オープン学会(2016116日) 世話人です。 

 

研究成果がテレビで紹介されました 

平成28年 (2016) 99 OHK pm 6:296:34「みんなのニュース」

研究成果が新聞に記事掲載されました

平成29年(2017)7月31日福島民友 「サルナシの魅力発信」

平成29年(2017) 8月21日 山陽新聞 「サルナシ茶に前癌病変予防効果 産地の新庄村「特産化に弾み」

平成28(2016) 822日 山陽新聞「サルナシに放射線障害抑制効果 岡山大大学院・有元准教授が確認」

平成27年(2015426日 サンケイ新聞「ピロリ菌、遺伝子変異誘発 岡山大発表、薬剤開発に期待」

 

 

4. 国際活動

1. 第12回国際環境変異原学会 (2017年11月12-16日、韓国 仁川市)(The 12th International Conference and 5th Asian congress on Environmental Mutagens)にて、研究発表
    演題:Mutation Spectrum Resulting In M13mp2 Phage DNA Exposed To N-Nitrosoproline With UVA Irradiation

2. 第9回国際NO学会・第16回日本NO学会学術集会 (2016年5月20-22日、日本 仙台 (The 9th International Conference on the biology, chemistry, an therapeutic applications of nitric oxide)にて、研究発表
   演題:UVA irradiated N-nitrosoproline released nitric oxide and produced photo-genotoxic effects and disturbance of cGMP concentration in human keratinocyte cells

3. 第7回アジア・オセアニ光生物学会(2015年11月15−18日、台湾 台北市)(The 7th Asia and Oceania Conference on Photobiology)にて、研究発表
   演題: DNA adducts formation with UVA-activated N-nitrosoproline with aerobic and anaerobic conditions