第40回全国大学メンタルへルス学会総会
期日:平成30年12月6日(木)〜12月7日(金)
会場:岡山大学創立五十周年記念館
(津島キャンパス)


平成309月10日

ご挨拶


40回全国大学メンタルヘルス学会総会

総会長 岡山大学保健管理センター

清水幸登

 

このたび、第40回全国大学メンタルヘルス学会総会を来る2018126日(木)、7日(金)の両日にわたり岡山大学にて開催させていただくことになりました。

中国四国地方では、本学会の前身である全国大学メンタルヘルス研究会が1999年に香川で開催されて以来、20年ぶりの開催となります。

 

最近の大学のメンタルヘルスに係る状況は、変化が激しく、経験の積み重ねをする間がなく次々と新たに対処すべきことが出てまいります。個々の努力では、到底追いきれません。そこで本大会が、皆様の臨床的工夫や最新の情報の交換の場になればと考えてプログラムを作成させていただきました。


特別講演1は、「ストレスチェックと職場のメンタルヘルス 〜ストレスチェックの本質とその活用方法〜」と題して(一社)日本精神科産業医協会共同代表の渡辺洋一郎先生にお話しをしていただきます。
 教職員の健康の維持増進を図るには、ストレスチェックを形骸化させることなく有効な活用をすることが重要と考えます。

 特別講演2は、岡山大学病院ジェンダーセンターの松本洋輔先生に「ジェンダークリニックから見えるセクシュアルマイノリティーの風景」と題して、臨床の最前線でのお話しを伺います。

 教育講演では、東京大学学生相談ネットワーク本部の渡邉慶一郎先生による「発達障がいを持つ学生への対応 ---- 最近の動向」と京都大学環境安全保健機構健康管理部門健康科学センターの阪上優先生による「多文化共生と主体価値変容 〜留学生の健康支援の立場から〜」という題でお話を伺います。

 また、本学会の研究班報告では、学部生・院生の休学・退学・留年学生に関する調査の報告があります。これは第39回目の報告であり、本学会のみならず日本における貴重なデータであります。


 一般研究発表も、例年、臨床に役立つ発表が多く、今年度も楽しみにしています。詳しくは、大会発表論文集を兼ねている学会誌「大学のメンタルヘルス」をご覧ください。


岡山大学は交通の便がよい場所にございます。ぜひ、お越しいただき、皆様にとって実りの多い総会になることを心より願っております。
 最後になりましたが、最近全国的に大雨、台風、地震が起きております。被害を受けられました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。一日も早い被災地の復興をお祈りいたします。