皮膚科 独自HP

皮膚科とは

皮膚科は皮膚症状を手掛かりとして全身をみる診療科です。日常的皮膚疾患から,水疱症,膠原病,皮膚がん,先天性皮膚疾患まで他科との連携をとりながら,診断と治療に当たります。皮膚リンパ腫,メラノーマの集学的治療を担当しています。

医師のご紹介

森実 真 教授
皮膚科長
森実 真 教授
[炎症性皮膚疾患]

スタッフ

山崎  修 准教授 [皮膚感染症,皮膚悪性腫瘍]
川上 佳夫 助教 [皮膚感染症]
加持 達弥 助教 [皮膚悪性腫瘍]
平井 陽至 助教 [皮膚ウイルス感染症]
三宅 智子 助教 [ウイルス誘発腫瘍]
高橋 正幸 助教 [皮膚アレルギー]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 助教,他 教授,他 助教,他 助教,他 教授,他
曜日別
診療領域
午前 一般外来 一般外来
皮膚外科
メラノーマ,等
一般外来
皮膚外科
一般外来
皮膚外科
メラノーマ,等
一般外来
午後   皮膚外科      

ページトップへ

診療体制

外来は月〜金曜日の毎日,皮膚科専門医を中心に診療しています。予約優先ですが,紹介なしでも受診可能です。入院は主治医グループと病棟医長を中心に,回診やカンファレンスにて,病状や問題点を全員で討議し,治療方針を決定します。

治療方針

視診・触診で診断を絞り込み,確定診断や病勢把握に必要な血液検査,ダーモスコピー,皮膚エコー検査,皮膚生検,アレルギー検査,遺伝子診断や画像検査など施行します。最終診断と治療指針はカンファレンスで協議・再評価。外用や内服のほか,疾患によって全身療法,光線療法,手術療法を実施します。入院治療の積極的受け入れを行います。地域の病院・診療所と連携した皮膚科医療体制をとっています。

得意分野

アトピー性皮膚炎,乾癬,皮膚腫瘍(悪性含む),皮膚感染症,脱毛症,白斑などの日常的皮膚疾患。皮膚悪性リンパ腫,メラノーマ,ヘルペスウイルス感染症,EBウイルス関連皮膚疾患の他,天疱瘡や先天性皮膚疾患など稀少皮膚疾患についても積極的に取り組んでいます。センチネルリンパ節生検にも対応できます。

対象疾患

上記に加えて,皮膚や粘膜に症状のあらわれる疾患はすべて対象です。湿疹・皮膚炎群,角化症,水疱症,皮膚腫瘍(皮膚リンパ腫,メラノーマを含む)の他,皮膚感染症やアレルギー性疾患,自己免疫性疾患,膠原病など皮膚だけではなく全身性の疾患にまで幅広く対応します。重症の熱傷についても高度救命救急センターと連携しながら診療します。

診療内容

皮膚科は皮膚症状を手掛かりとして全身を診る診療科です。もちろん他科との連携も積極的に行います。外来では,皮膚疾患一般を診察する外来と,皮膚外科・皮膚腫瘍外来があります。一般皮膚科外来では,日常的皮膚疾患から,水疱症,膠原病,全身病まで皮膚に症状のある患者さん全般の診断,治療にあたります。膠原病,代謝病をはじめさまざまの全身性疾患で特徴的皮膚症状を呈しますので,それを最初の手掛かりとして全身的診断・治療を行っています。皮膚・皮下組織の重症感染症は顕著な全身症状を伴うものもありますが,このような場合も我々は積極的な治療を行っていて,我々の守備範囲です。皮膚外科外来では,しみ,あざなど美容上の問題も含め,手術治療を行っており,腋臭症などの治療もこの外来の担当です。また,皮膚・粘膜に生じた種々の良性,悪性腫瘍の手術的治療,熱傷,術後の経過観察も皮膚外科班が積極的に担当しています。必要に応じ,形成外科と積極的に連携します。  どの外来を受診したらよいか不明の時は,皮膚科外来の医師にお気軽にご相談ください。

ページトップへ

外来受診のご注意

再来の方

  1. 予約について:当科では再来の方は全て予約診察です。ただし,緊急の場合,急に都合の悪くなった方はその限りではありません。
  2. パッチテストを受けられた方へ:診察までにパッチ絆をはがしますので受け付け時にお申し出ください。
  3. 薬のみ希望の受診:原則認めておりません。必ず受診してください。
  4. 皮膚科以外の科を同じ日に受診される方は受付でお申し出ください。

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
治験として実施している技術
臨床研究として実施している技術

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・医療設備

皮膚難病への取り組み
写真

先天性皮膚疾患,自己免疫性水疱症,膿疱性乾癬などの皮膚の難病に対しては, 当院皮膚科を拠点にして,山陽・北四国地区をカバーする医療支援ネットワークを構築して診療に取り組んでいます。
厚生労働省難治性疾患克服研究事業:稀少難治性皮膚疾患(天疱瘡,表皮水疱症,膿疱性乾癬,先天性魚鱗癬様紅皮症)調査研究班
EBウイルス関連T/NK細胞増殖症(慢性活動性EBウイルス感染症,種痘様水疱症,蚊刺過敏症など)の診断と治療

皮膚アレルギー検査

接触皮膚炎原因検索のためのパッチテスト,及び 1型アレルギー検査として皮膚テスト(皮内テスト)を行っています。

イムノブロットと遺伝子診断

自己免疫性水疱症(天疱瘡,類天疱瘡など)の自己抗体を検出するため, 血清を用いた蛍光抗体法及びイムノブロットを行っています。また,先天性角化異常症や水疱症の遺伝子診断のため, 末梢血DNAを用いた,PCRシークエンスを行っています。

光線療法

難治性皮膚疾患に紫外線療法を行います。広範囲の病変にも一度に照射可能で,UVA,UVB両波長とも症状,疾患にあわせて使い分けます。 また,円形脱毛症に対して,偏光型近赤外線照射装置を用いての治療を試みています。

熱傷治療室

当院ではHCU (high care unit)の稼働に伴い,重症熱傷の患者さんが積極的に受け入れられるように なってきました。皮膚科ではHCUと連携し,熱傷の患者さんの外科的治療を担当しています。また,熱傷治癒後に残った瘢痕 の治療も行っています。

皮膚外科・皮膚腫瘍外来

ホクロ,あざ,良性腫瘍,ケロイド等の整容的・外科的治療,悪性腫瘍に対する切除, 再建,化学療法などを皮膚外科的手技を習得した医師が中心に行っています。また悪性黒色腫(メラノーマ)の組織学的評価とセンチネルリンパ節生検によるリンパ節転移の評価に基づいて 治療デザイン,手術療法,化学療法を行い,予後の改善を計っています。また,重症感染症である壊死性筋膜炎の外科療法 にも積極的に取り組んでいます。

超音波検査法

皮下腫瘍を安全に確実に摘出するために,術前に超音波検査を施行しています。超音波検査はとても安全な検査で,重要な神経,血管,筋肉,骨と皮下腫瘍との位置関係を正確に把握できるだけでなく,良性と悪性の区別もある程度つけることができます。またリンパ節が腫れた原因をある程度絞り込むのにも用いています。  下肢の血行状態を評価するのにも有用で,下肢静脈瘤や深部静脈血栓症の診断も行っています。

細菌性皮膚病診断

各種細菌別の選択培地を用いた培地検査を行い,発育した菌の性状,薬剤耐性を検査し,治療します。

ウイルス性皮膚病の診断と治療

ウイルス感染に伴う皮膚病を最新の診断技術(PCR法や in situハイブリダイゼーションなど)を用いて 診断し,治療します。急性ウイルス感染症のほか,ウイルス関連リンパ腫や血液疾患の診断・治療を実施しています。

電子顕微鏡を用いた検査

診断が困難な先天性代謝異常症・水疱症等の皮膚疾患の検査に電子顕微鏡を用いています。

ページトップへ