泌尿器科 独自HP

泌尿器科とは

腎,尿管,膀胱といった尿路系の疾患,前立腺,生殖器などの疾患を総合的に診療している診療科です。

医師のご紹介

医師
泌尿器科長
那須 保友 教授
[尿路性器がん]

スタッフ

渡辺 豊彦 准教授 [泌尿器科学]
渡部 昌実 教授(新医療研究開発センター) [尿路性器がん]
江原  伸 講師 [尿路性器がん]
荒木 元朗 講師 [腎移植]
石井亜矢乃 准教授(総合患者支援センター) [尿路感染症,女性泌尿器科]
小林 泰之 講師(低浸襲治療センター) [腹腔鏡手術]
佐々木克己 助教 [神経泌尿器科学,遺伝子治療]
高本  篤 助教 [尿路性器がん]
杉本 盛人 助教 [男性性機能]
和田耕一郎 助教 [尿路性器感染症]
堀川 雄平 助教 [尿路性器がん]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前1診 森医師   渡辺准教授
(初診)
腫瘍外来(再来)
(月1回)
(江原講師)
小林講師
午前2診 佐々木講師
担当医 和田医師 担当医 和田医師
午前3診 小林講師
(再診)
  江原講師 女性泌尿器外来
(石井医師)
江原講師
午前4診 尿失禁外来
神経因性膀胱外来
(渡辺准教授)
  杉本医師   杉本医師
午前5診 密封小線源外来
(高本医師)
  荒木講師
(泌尿器一般、
腎移植外来)
  腫瘍外来
(高本医師)
午前6診 西村医師   西村医師   腎移植、
泌尿器一般外来
荒木講師
午後1診     男性性機能外来
男性更年期外来
ジェンダークリニック
男性不妊・内分泌外来
(杉本医師)
  那須教授
午後2診 慢性前立腺炎外来
尿路感染症外来
尿路結石外来
第1、3週
(和田医師)
      腎移植、
泌尿器一般
外来
荒木講師
午後3診 密封小線源外来
(高本医師)
    女性泌尿器外来
(石井医師)
 
午後4診 腎移植外来
第1、3週
(和田医師)
  泌尿器一般、
腎移植外来
荒木講師
   

ページトップへ

診療体制

月曜・水曜・木曜・金曜午前:一般外来,専門外来
火曜午前:一般外来
月曜・水曜・木曜・金曜午後:専門外来

治療方針

人に優しい総合診療科として,侵襲の少なく効率的検査,メスを振るう外科的治療,薬剤を用いた内科的治療,精神心理的なサポートを行っていく全人的診療を組み合わせて多岐にわたる泌尿器科疾患の診療に取り組んでいます。

得意分野

尿路性器腫瘍,尿路感染症,尿路結石,排尿障害,男性性機能障害,女性泌尿器疾患,性同一性障害,泌尿器内視鏡手術,腹腔鏡手術など,泌尿器科の全領域において,日本のトップレベルの専門医が診療に携わっています。

対象疾患

診療内容

岡山大学病院泌尿器科は,泌尿器科領域におけるあらゆる分野に先進的に取り組み,「進歩・対話・優しさ」をキーワードとして,患者さんの立場に立つ最適な治療を目指しています。尿路結石,腫瘍,感染症,尿路通過障害などの一般外来の他に,女性泌尿器外来,神経因性膀胱外来,尿失禁外来,不妊・内分泌外来,性機能外来,前立腺外来,感染症外来,腫瘍外来,ウロストーマ外来など専門外来を設けています。

ページトップへ

専門外来について

女性泌尿器科外来
写真

女性医師による女性のための外来です。「困っているけど泌尿器科はチョット」といわれる女性を対象としています。尿が近い,尿がもれる,下腹がもやもやするなど症状がある方,潜血が陽性でよく調べなさいといわれた方,膀胱炎を繰り返す方もご受診ください。
医師・看護師全員が女性ですので,リラックスしてお越しください。ゆっくりお話を伺うことから始めて,必要な検査を設定・施行し,診断の上,治療法の選択肢を示します。最適の治療を御一緒に選びましょう。

木曜日 午前・午後3診
担当:石井亜矢乃

ジェンダークリニック

性同一性障害患者に対する治療を精神科神経科,産婦人科,形成外科そして泌尿器科の4科で包括的治療を行っていきます。性別適合手術(性転換手術)も10例を超え,また,ホルモン治療患者も急増しています。

水曜日 午後1診
担当:杉本

男性性機能外来

ED(勃起障害)を主体とする男性性機能外来を設けています。前立腺がん,膀胱がん,大腸がんなど骨盤内手術後などの器質性EDに対する治療のみならず,心因性EDの治療,カウンセリングも積極的に行っています。

水曜日 午後1診
担当:杉本

男性不妊・内分泌外来

生殖医療技術の進歩により,男性不妊症に対する治療は大きな変貌を遂げています。しかし,精液所見を改善させることがより生殖医療技術による妊娠率の向上に必要であることも判明しています。男性不妊の約50%に認められる精索静脈瘤の発見に努め,局部麻酔で行う低侵襲の顕微鏡手術を多数行っています。その他,精路閉塞症などにおいても顕微鏡下手術を行い,妊娠率の向上に寄与しています。

水曜日 午後1診
担当:杉本

尿失禁外来

尿失禁は,成人女性の約28%が経験し,その約15%が治療の対象となるとされています。その中でも特に頻度の高い腹圧性尿失禁は内服薬のみで症状が消失することは少ないのが現状です。
当科では失禁のタイプ別診断を行い,適切な治療により患者のQOLの向上を目指しています。また,非侵襲的な外科的アプローチ(内視鏡による尿失禁手術,膀胱頚部吊り上げ術等)を積極的に行い,良好な成績を挙げています。

月曜日 午前4診
担当:渡辺

神経因性膀胱外来

脳出血,脳梗塞などの脳血管疾患,脊椎損傷をはじめとした脊椎患者,直腸がん,子宮がんなどの骨盤手術後には,ほとんどの患者が尿失禁や,排泄困難といった排尿に関する訴えをもたれます。当科ではこういった神経学的な異常に起因する排尿障害に対して,下部尿路機能検査を行い,その原因を解明し個々の患者に見合った治療を行うことで,患者のQOLの向上に寄与することを目指しています。

月曜日 午前4診
担当:渡辺

腫瘍外来

悪性腫瘍症例は増加傾向にありますが,岡山大学病院泌尿器科においても前立腺がん,膀胱がん,腎細胞がんの手術症例数が増加しています。腫瘍外来では根治的手術後の経過観察を定期定期に行うことにより,再発を早期に発見することを目指しています。外来的切除や局所放射線治療あるいは化学療法などを早期に開始することにより,生存期間の延長が得られると考えています。

木曜日(月1回) 午前1診(再来),金曜日 午前5診
担当:江原,高本

密封小線源外来

密封小線源治療で用いられるヨウ素125は,チタン製カプセルに被われた放射線物質です。このカプセルを前立腺内に50〜100個ほど挿入します。挿入されたカプセルは約1年間,放射線を放出し,前立腺内にあるがん病巣を照射します。密封小線源治療は,前立腺内部から放射線を照射し,がん病巣を攻撃する治療法ですので,がん病巣が前立腺被膜内にとどまっている段階(Stage A又はB)が基本的な適応となります。岡山大学病院泌尿器科は日本で3番目にBrachytherapyを開始し,2008年7月現在までに400名の患者さんに治療を行っています。

月曜日 午前5診・午後3診
担当:高本

慢性前立腺炎外来

慢性前立腺炎は頻尿・残尿感,排尿時痛(不快感),鼠径・会陰・尿道部痛(不快感)など多彩な症状を呈します。膀胱がんや前立腺がんなど重篤な疾患が潜んでいることがあり,尿路・性器のスクリーニング検査も必要です。また病態については不明な部分が少なくなく,難治性,再発性であり,患者のQOLを著しく低下させることから問題の多い疾患をいえます。当科では前立腺炎症候群の診断(前立腺液中細菌特異抗体価,サイトカインの検討),病態解明(病原微生物の解明,微生物以外の関与),及び温熱治療法などの新しい方法も採用して治療成績向上を目指しています。

月曜日 午後2診(第1、3週)
担当:和田

尿路感染症・尿路結石外来

尿路結石の成因については80〜90%が不明とされていますが,尿路疾患(尿路通過障害)が潜んでいたり,代謝性疾患(カルシウム,尿酸,アミノ酸代謝異常)が発見されることも稀ではありません。尿路結石では結石の成因となる基礎疾患のスクリーニングに努めています。 治療については尿路内視鏡の進歩及びESWL(経尿道的結石摘除術),の開発により革命的な変貌を遂げました。当科でも1993年よりESWLを導入し,年間100症例以上の治療を主に外来レベルで行っています。またESWL単独では,治療困難な症例に対しても積極的にTUL(経尿道的結石摘除術),PNL(経皮的腎切石術)など内視鏡的治療を併用することにより結石の完全除去に努めています。

月曜日 午後2診(第1、3週)
担当:和田

腎移植外来

慢性腎不全の治療として,血液透析,腹膜透析(CAPD),腎移植の3つの方法があります。 我が国の腎移植には,30年余の歴史がありますが,免疫抑制薬の進歩により移植腎の1年生着率は90%を超えるようになりました。腎移植により,生活の質(QOL)の向上,生存予後の延長が図れます。

月曜日 午後4診(第1、3週)
担当:和田

金曜日 午前6診・午後2診
担当:荒木

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
先進医療(高度医療)として届出を行っている技術
臨床研究として実施している技術
自由診療として実施している技術

主な検査と説明

ページトップへ

総合患者支援センター(地域医療連携室)

岡山大学病院は,治療以外の病院サービスを分担した総合患者支援センター(地域医療連携室)を開設しています。
当院への紹介方法などはこちらをご覧ください。

総合患者支援センター(地域医療連携室)では,患者さんの医療・介護・福祉相談,在宅療法・転院に関するご相談,経済的・心理的問題に対するご相談などを受け付けています。
その際,患者さんが地域で適切な医療を受けられるように,さまざまな医療機関との連携を行っていきます。

受診の流れ

図

外来受診 お問い合わせ先

写真

初診の場合は総合患者支援センター(地域医療連携室)へご連絡ください。
総合患者支援センター(地域医療連携室) 086-235-7205  (FAX086-235-6761)

電話受付時間8:30〜17:15 土日祝,12/29〜1/3を除く (FAX随時受け付け)

再診の場合は泌尿器科外来へご連絡ください。

泌尿器科外来直通086-235-7945

ページトップへ