岡山大学病院

院内感染対策に関する基本的考え方・取り組み

院内感染対策に関する基本的考え方

 岡山大学病院は、特定機能病院として最新の高度医療を提供する施設です。

 このような医療環境の中では、院内感染は重要なリスク要因となるため、患者、職員、面会者に関する院内感染を制御することは、重要な責務です。院内感染の制御は、全ての部署、全ての職員が院内感染予防の重要性を認識して協働し、また、院内感染予防対策を遵守することが最も有効な手段であり、岡山大学病院に勤務する職員は、感染対策マニュアルに記載されている内容を理解し、遵守致します。

 感染制御部は、その為に感染症および微生物サーベイランスをおこない、感染症のアウトブレイクを防止するよう活動し、また院内ラウンドなどによる監視機能、コンサルテーション機能を持ち、院内で起こる重要な感染症に対して迅速に対応していきます。

 院内感染制御システムが有効に機能すると、院内感染の減少につながり、医療の質の向上と医療費削減が可能になります。そのことを理解し、全ての職員は日常的に院内感染予防の重要性を認識し実践していくよう心がけています。

  • 『岡山大学病院における感染対策に関する基本方針』全文はこちら
院内感染対策の取り組み

 当院では,医療関連感染の発生を予防するために,多職種の専門家からなる感染制御部を中心に,病院全体で組織的に取り組んでいます。

  1. 感染制御部の運営方針
    感染制御部は,この病院に係る全ての人(患者の皆さま,ご家族,全ての病院職員,学生,業務委託の職員,ボランティアさんなど)の医療関連感染を予防することを目的として活動します。また,地域の中核病院として,他施設の感染対策支援を行います。
  2. 活動内容
    ○医療行為に関連する感染症の発生状況,流行性の感染症や結核などの監視をし,早急に対応しています。
    ○院内を巡回し,感染対策の実施状況の確認・指導を行っています。また抗菌薬の使用状況を把握し,巡回して指導をしています。
    ○職員への手指衛生の遵守を中心に,院内感染防止技術,抗菌薬の使用,結核予防,環境整備など幅広く教育・啓発活動をしています。
    ○地域の中核病院として,地域の医療関連感染に関する情報を収集・相談活動を行い「地域ぐるみの感染対策」を目指し,活動しています。

岡山大学病院感染制御部

ページトップへ