試験管:BML(U1

項目:メタネフリン分画, NTx (骨粗鬆症), 尿中コルチゾール, δ−アミノレブリン酸, 尿中クレアチン, 尿中アルドステロン

容器形態

項目 

採取量

検体取り扱い方法

 メタネフリン分画・尿中カテコールアミン3分画

5mL  

6N塩酸20mLを入れた容器に蓄尿(24H)蓄尿量記録、尿量の少ない場合100mlに対して6N塩酸を1.5mLの割合で入れる。pH3.0以下に保持。  

 NTx  早朝第2尿
3.0mL
凍結保存してください。
 尿中コルチゾール 蓄尿
1.0mL
24時間尿量を明記して提出してください。
凍結保存して下さい。
 δ-ALA

尿
2.0mL

冷蔵保存。ホルマリン添加不可
 尿中クレアチン 蓄尿
1.0mL
冷蔵保存。
 尿中アルドステロン 蓄尿
1.0mL
冷蔵保存。トルエン1〜2mLを加え蓄尿

先頭のページに戻る     前ページに戻る