試験管:LSI(25

項目:NTx(T型コラーゲン架橋N-テロペプチド), デオキシピリジノリン(Dpyr)尿中L型脂肪酸結合蛋白

容器形態

採取量

検体取り扱い方法

 

尿

1.5ml

検体は凍結保存してください。

「腫瘍マーカー」として測定した場合は、「悪性腫瘍特異物質治療管理料」としてのみ保険請求が認められます。

先頭のページに戻る     前ページに戻る