ICG, indocyanine green


臨床的意義

 インドシアニン・グリーン(ICG)試験は肝機能や肝予備能を知るための検査として広く行われている色素負荷試験である。循環血漿量に比例した一定量のICGを経静脈的に投与すると、ICGは血中のリポ蛋白に結合して肝に輸送され、類洞を通過する間に肝細胞に摂取され、抱合を受けることなく胆汁に排泄される。この過程で血中のICG濃度を経時的に測定し、肝臓の色素排泄機能を観察するのがICG試験の原理である。ICGの血中から胆汁への移行量は、主として肝有効血流量と、肝細胞の色素摂取量により決定される。このため肝有効血流量が減少した場合や肝細胞摂取能が低下した場合に、ICGの血中消失速度は遅延する。通常はICG静注後15分での血中濃度を測定し血中停滞率(R15)を算出する。さらに肝の最大色素排泄機能を知る目的でICG最大除去率(Rmax)の算出も行われるが、これには負荷量を変えて2回以上ICG試験を行う必要がある。Rmax(最大除去率)が低下する代表的疾患は、肝硬変である。肝癌などで肝切除に際しその範囲を決定する場合に、Rmaxは残存肝細胞機能を予測する指標となる。内科的には、不顕性肝硬変の診断や肝硬変の進行度、予後の推測に有用である。また、心疾患、浮腫などで肝有効血流量が低下している患者では異常値を示すことがある。

ICG試験は以下のように行われる。
〈検体採取方法〉
1. ICG試験薬25mgを無菌蒸留水5mlに溶解し、体重10kgにつき1mlの割合で正確に静脈 注射する。
2. 注射後5分に注射時と反対側から3ml採血する。
3. 注射後10分に注射時と反対側から3ml採血する。 
4. 注射後15分に注射時と反対側から3ml採血する。
5. 速やかに提出して下さい。(光に不安定なため)

停滞率(%)=100X採血時のICG濃度/投与時のICG濃度

測定方法: 比色法

基準範囲   15分値:10未満

異常を示す疾患
・15分値が高い順に、肝硬変、慢性活動性肝炎、慢性非活動性肝炎
・15分値が上昇し、K値(血漿消失率)が0.06以下を示す場合95%が肝硬変
・15分値が21%以上の場合、被検者の65%が肝硬変であり、K値が0.05以下、あるいは15分値が35%以上であれば、他の検査成績が肝硬変とするには不十分であっても肝硬変の可能性が高い

採取容器:
茶)生化学一般用分離剤入り試験管

関連項目

アンモニア
プロコラーゲンIIIペプチド

先頭に戻る     前ページに戻る