エラスターゼ1, EL-1 ( elastase-1 )
平成19年12月17日より院内実施
外注会社 : SRL(平成19年12月14日まで)


測定方法 : ラテックス凝集法(平成16年4月1日より)
        
RIA・2抗体法(平成16年3月31日まで)

測定機器:日本電子BM2250(平成19年12月17日より)

測定試薬:イアトロIR-E1 U (株)三菱化学ヤトロ

基準範囲 : 300 ng/dl 以下
院内実施に伴う基準値の変更はありません。(平成19年12月17日)

        
81〜296 ng/dl(平成16年3月31日まで)
         400 ng/dl 以下(OML:平成12年3月31日まで)

臨床的意義

 エラスターゼはエラスターゼ1と2があり,前者は血中でα1アンチトリプシンと90%が結合した遊離型と結合型を測定している。エラスターゼは白血球・血小板・脾などにも存在し,急性炎症などの情報となる顆粒球エラスターゼとは,免疫学的に区別される。エラスターゼは血中では結合組織の弾性線維エラスチンを,特異的に加水分解する膵外分泌酵素で,膵の腺房細胞にプロエラスターゼとして局在し,腸に分泌されてトリプシンより活性化される。意義としては,膵癌(特に膵頭部)に伴う膵炎を反映して,比較的早期から高頻度に異常高値を示すことから、膵疾患の診断の指標あるいは経過観察に有用である。

異常値を示す疾患 
高値疾患: 急性膵炎 ・ 膵癌 ・ 慢性膵炎(再燃期)

採取容器:茶)生化学一般用分離剤入り試験管

関連項目

AMY 
LP 
トリプシン 
CA19−9
DUPAN-2 

先頭に戻る    前ページに戻る