癌関連ガラクトース転移酵素, GAT(galactosyltransferase associated with tumor)


測定方法 : EIA法

外注会社 : SRL

基準範囲 : 13.6 U/ml未満

臨床的意義
 卵巣癌患者腹水中から発見された分子量約50000の癌関連イソ酵素です。血清中GAT濃度は、卵巣癌において上昇することが認められています。GATは、卵巣癌と内膜症性嚢胞との鑑別において診断効率が高く、また、病勢を反映して変動することが報告されていることから、本検査は、卵巣癌特に内膜症性嚢胞と診断された症例の中に潜在する卵巣癌の診断補助および治療効果判定の指標として有用と考えられます。

採取容器:茶)生化学一般用分離剤入り試験管

先頭に戻る    前ページに戻る